府中牝馬S見解  競馬



明日の秋華賞の確認と検証はほぼ済みました

まあやはりというか納得というかアーモンドアイ三冠からは免れない作りとなってます

これまでベース設計とここでは表現してきましたがこれからは枠組みの基となる隠された新の枠順をフォーマットと言い換えていきたいと思います

秋華賞はそのフォーマットからみればアーモンドアイの勝利を示唆しています

今秋のGTで勝馬として個人的に既に狙っていたのが秋華賞のアーモンドアイ、菊花賞のエポカドーロ、チャンピオンズCのルヴァンスレーヴの単勝が個人的な勝負馬券になると思っていたのですが、とりあえず最初のアーモンドアイは単勝が1.5倍を切らなければ勝負したいと思います

2着には正逆13か3、次点で正逆1か9から相手が出るはずです


本日の府中牝馬Sは同フォーマットだった新潟記念・小倉記念・フローラS・大阪杯等から解読すると、


1人気1着⇒C
1枠か8枠⇒@IJ
デムーロ連対⇒I
クラブ馬⇒BEFI
正逆18⇒DF


そしてフォーマットとは別にこの枠組みからの連対指定番として正逆5か3、押さえで正逆2か1です

再現からは97年と01年が共に2着が6枠だったこれらをまとめると軸に1人気1着からCディアドラと8枠デムーロのIリスグラシューの2頭軸でいきます

相手筆頭には6枠で正逆5にあたるFメイズオブオナー、次点でEジュールポレールDキョウワゼノビアとします

クイーンマンボ1人気で敗退したばかりのルメールなので土日ルメールが重賞を連勝しても不思議はないですが正直配当面からつまらないので個人的にはデムーロが勝つ側をみせてほしい気持ちでいます

では重賞見解です


★府中牝馬S

単勝
Cディアドラ

馬連単
CI⇒FED(BH)


ではでは
タグ: 府中牝馬S




AutoPage最新お知らせ