東京大賞典見解  競馬



きのうのホープフルSは見解通りの有馬記念をトレースした枠4ー6の正逆5ー8決着でした

個人的には有馬記念に続き単複で大勝したので東京大賞典もその勢いで参加することにしました

地方重賞はJRA重賞とのフォーマットとは一致とはいかないですがJRA重賞のフォーマットからみれば2人気位置が1着候補となります

現時点での2人気はデムーロのDオメカパフューム、その同枠Eエイコーンとなります

ですが他の観点から軸候補にはAケイティブレイブも挙がるので上記2頭に加えます

ホープフルSで正2で敗退した福永と同正5配置のデムーロ、勝馬4枠サートゥルナーリアと馬名共通項が多い4枠サウンドトゥルーあたりは要注意だと思われます

今回はフォーマットからの信用度等が低いのと勝馬候補も特定しにくいので軽く遊びで参加することとします

では重賞見解です


★東京大賞典

単勝
Dオメカパフューム
Eエイコーン

馬単
DEA⇒AFBJLO


ではでは
0
タグ: 東京大賞典

ホープフルS見解  競馬



平成最後の有馬記念、何とか的中で締め括ることができほっとしてます(*´ω`*)

夜に気付きましたが有馬記念見解の同記事が3つも挙がってましたが機種変してからたまに起きる誤作動であり混乱させすみませんでした。記事は全て同じものでした。


今年は個人的に色々あった年で、去年6月の貧血と過度のストレスからくるブラックアウトで倒れてから身体を最優先で考えた結果、引き金となった中間管理職の重荷から逃れるために会社を辞め、生計はたまのスポット派遣の仕事と本格的な競馬解読による収入だけで生きて行こうと始まったある意味人生の節目となる1年でした

ここのブログを知ってる方はお分かりかと思いますが、今年は競馬解読に時間を割いたその成果もあり以前にもまして単勝複勝がかなりの的中を重ねることができたかと思います

やはり的中しないことには生計も成り立たたないのでは意味もない訳ですが、その中でも忘れらない的中が小倉2歳Sと有馬記念になりました

函館2歳S等の2歳SではJRAの思惑から新種牡馬が起用されやすい流れから函館2歳Sではジャスタウェイ産駒が走ったことで小倉2歳Sでは新種牡馬トーセンジョーダンのアズマヘリテージが出てきたことから1着候補ファンタジストから馬連馬単を厚めに狙い撃ちでき収益は近年ではない位の超大幅プラスとなり忘れられないレースとなりました

そして日曜の有馬記念は人生でもこれ以上無かったぐらいの単勝馬券に投資しました!

_20181228_120232.jpgクリックすると元のサイズで表示します

これはあくまで手元に記念馬券が欲しくて久しぶり買いに行きましたが、実際には多額の金額を持ち歩くのは防犯上好ましくないのでネットで勝負馬券は購入しその結果、サラリーマンの平均年収の約2倍の払い戻しを無事受けました(* ̄∇ ̄)ノ

自分なりの試行錯誤の競馬解読がもたらした単勝的中率向上の結果、今年の一連の流れから単勝馬券なら1点、または2点で効率よく大幅な回収率をあげることを改めて再確認した心理が有馬記念のブラストワンピースに強気で勝負できた要因だと思っています

有馬記念での勝負が無事終わり少し気持ちが緩んだ部分がありますが、JRA最後のGTホープフルSも的中して終わりたいと思います

ホープフルSのフォーマットは有馬記念と同じで基本的に変則決着が発生する方向性です

有馬記念は3連複が隠れ1人気決着となる、

1着 Gブラストワンピース 3人気
2着 Kレイデオロ 1人気
3着 Nシュヴァルグラン
隣馬Mキセキ 2人気

という変則決着でした

トレースした京都記念の2着3着を入れ替えたものでした


ホープフルSは1人気Dサートゥルナーリア デムーロから入ります

ここから変則決着を狙い、スプリット決着となり新種牡馬でまだ重賞連対馬を輩出していないベルシャザール産駒Bキングリスティア、純粋ゾロ目となるCヒルノダカール、対角ゾロ目となるHジャストアジゴロ、馬連の変則決着ならこの辺りだとみます

ただし有馬記念と同じことをするとみるならば、

有馬記念
1着 4枠G 逆9 ブラストワンピース

2着 6枠K 逆5 逆21 ルメール 1人気
隣馬6枠J マーフィー

3着 8枠N 逆2 シュヴァルグラン
3着対角 正2 福永


ホープフルS
4枠 逆9 Dサートゥルナーリア 1人気

6枠G 正21 ルメール
隣馬F マーフィー

2枠A 正15 福永


以上から有馬記念と同じ隠れ3連複となる、

1人気Dサートゥルナーリア
3人気Gアドマイヤジャスタ ルメール

4人気Aブレイキングドーン 福永
2人気@ニシノデイジー


この中から有馬記念と同じく2人気@ニシノデイジーだけが馬券から外れ、馬連は有馬記念と同じ1人気とルメールが絡む正逆D⇒G決着に対角配置だった正2福永を混ぜた3連複単に可能性を感じます

もしかすると有馬記念で田辺の右隣が3着だったことからホープフルSはルメールが3着、そしてA福永が2着ということも想定しておきます

どちらかにしても個人的にはルメールの陰で存在が薄くなったデムーロが存在感を示すべくDサートゥルナーリア デムーロによる12月 3度目のGT制覇を狙い撃ちたいところです

では重賞見解です


★ホープフルS

単複
Dサートゥルナーリア

馬連単
D⇒BCHJGA

3連複単
D⇒GA⇒AG

D⇒BJCHF⇔A


最後にホープフルSが無事納得いく的中だった場合は東京大賞典の見解記事を書く予定でいます

ではでは
0

有馬記念見解  競馬



有馬記念はフォーマットからみれば京阪杯(馬連万馬券)・セントウルS(対角ゾロ目)・新潟大賞典(馬連万馬券)と変則決着
発生の流れです

この流れから馬連万馬券側に沿って馬券を組み立てたいと思います

前記事で結論に至った決定的な考察として京都記念が存在します

今回の有馬記念は京都記念のトレースと判断します


☆京都記念
1着 4枠4 藤岡佑介
2着 8枠10 逆1 正30 川田
3着 6枠レイデオロ 1人気


☆有馬記念配置
【4枠 藤岡佑介】
【正30 川田】
【6枠レイデオロ 1人気】


同配列となっていることから決着性は京都記念から求められると捉えます

そこから結論を導けば、

4枠F藤岡佑介
4枠Gブラストワンピース

4枠藤岡枠が勝利すると捉えGブラストワンピース


2着 川田からは8枠 正10 正30 逆1から共通する、

8枠 逆1サクラアンプルール

を1番手にとり、次いで、

正30 川田 キセキ
正10 ミッキースワロー
8枠シュヴァルグラン

となります


そして1人気 6枠レイデオロはそのまま3着枠として機能するとみて、

6枠Jミッキーロケット
6枠Kレイデオロ

のどちらか3着に収まるとみます

どちらにしても3歳馬ブラストワンピースに託します

では重賞見解です



★有馬記念

単複
Gブラストワンピース

馬連単
G⇒OMINKJC

3連複単
G⇒OMI⇒KJ


ではでは
0
タグ: 有馬記念

Q 有馬記念  競馬



平成最後の有馬記念となる限り、天皇賞との結びつきは切っても切れない密接な関係性にあります

その天皇賞を切り口とした考察を並べていきます


まず今年の秋の天皇賞はダービー馬が勝利し、除外(取り消し)が発生し、春の天皇賞では純粋ゾロ目が発生

秋天では除外が発生したことによりダンビュライトの位置を詰めれば頭数が12頭立てとなり結果は正逆4決着となる隠れ対角ゾロ目決着


過去の秋天でゾロ目が発生した年


☆90年
秋天 純粋ゾロ目

有馬記念
1着 正8 逆9
2着 3歳メジロライアン


☆09年
秋天 対角ゾロ目

有馬記念
1着 正9 逆8
2着 3歳ブエナビスタ


☆11年
秋天 対角ゾロ目

有馬記念
1着 正9 3歳オルフェーヴル


秋天でゾロ目が発生した年は有馬記念で正逆9が勝利し、3歳が連対する
【該当馬 逆9 3歳ブラストワンピース】


秋天が13頭立ての年

☆94年 有馬記念
1着 3歳ナリタブライアン
2着同枠 秋天馬ネーハイシーザー

☆01年 有馬記念
1着 3歳マンハッタンカフェ
2着対角 裏同枠 春天2着メイショウドトウ


13頭立て秋天の年は3歳馬が勝利し同年天皇賞連対枠が連対

起用の優位性は天皇賞春>天皇賞秋
【3歳ブラストワンピース】
【天皇賞春1着同枠2着シュヴァルグラン】>【天皇賞秋1着レイデオロ】


秋天での取消・除外発生年

☆95年 有馬記念
1着 3歳マヤノトップガン
2着裏同枠 秋天馬サクラチトセオー

☆06年 有馬記念
1着 春天馬ディープインパクト
1着同枠 3歳ドリームパスポート


先の13頭立てと同じく3歳馬枠と同年天皇賞馬枠



秋天をダービー馬が制覇

☆99年
秋天 スペシャルウィーク

有馬記念
1着同枠 3歳シンボリインディ
2着 春秋天皇賞馬スペシャルウィーク


☆07年
秋天 メイショウサムソン

有馬記念
1着 春天2着対角 裏同枠マツリダゴッホ
2着 3歳ダイワスカーレット


☆08年
秋天 ウォッカ

有馬記念 純粋ゾロ目
1着 秋天2着ダイワスカーレット
1着同枠 春天1着同枠アサクサキングス


☆12年
秋天 エイシンフラッシュ

有馬記念
1着 3歳ゴールドシップ
1着同枠 春天馬ビートブラック


ここでも3歳馬枠であり天皇賞賞金加算枠(連対枠)が起用

三冠馬以外を除く単独ダービー馬は全て勝てず敗退

レイデオロとマカヒキはあって2着まで


そして有馬記念のプレゼンターは及川光博

及川光博【オ】いかわ光【博】
大竹正博【オ】おたけ正【博】


この共通項からブラストワンピースを示唆


軸となる3歳ブラストワンピースからの相手には優位性の順位から春天>秋天となる


95年 春天に中山大障害4連続1着歴を持ち込んだ障害賞金馬ポレール

結果ポレールは7枠13配置から対角4マヤノトップガンを1着に押し上げ同枠マーベラスサンデーを3着とした

中山GT4連勝オジュウチョウサンは正にポレールのリメイクタイプ

8枠で春天1着枠シュヴァルグランの同枠となり障害賞金を持ち込んだオジュウチョウサンの対角配置となる人気薄Oサクラアンプルールが1番手

次いで春天1着同枠馬シュヴァルグランの逆隣となるMキセキ

そして春天1着枠Nシュヴァルグランと秋天馬Kレイデオロ、最後にその同枠Jミッキーロケットと同じダービー馬Cマカヒキまで

なぜこの優先順位となったかは明日決定的な考察を最終見解で明かしたいと思います


Gブラストワンピース
⇒OMNKJC


0
タグ: 有馬記念

阪神C見解  競馬



有馬記念の枠順解読は一通り済みました

やっぱりどこまでいっても3歳馬が連対する設計となっています

ブラストワンピースで大丈夫だと思われます

わざわざ本日の阪神Cでも4枠8に池添・大竹コンビをセットし有馬記念と並べた訳ですから!(゜ロ゜ノ)ノ

現時点では見解では有馬記念は大波乱になるとみてます(  ̄▽ ̄)

それらについての最終考察については夜中に挙げる予定です


阪神Cですがフォーマットは中日新聞杯・アルゼンチン共和国杯・スワンS・アルテミスS・府中牝馬S等と同じで1人気(同枠・隣馬・対角)が連対、基本デムーロが連対、2頭出し厩舎が連対する設計となっています

今日は1人気Nジュールポレールをミルコ、対角にAミスターメロディはクリスチャンのデムーロ兄弟なのでどちらかが連対すると思われます

ただし逆算から勝つのは藤沢厩舎のEムーンクエイクかIサトノアレスとみます

1つは有馬記念で藤沢厩舎ルメールのレイデオロが連対から外れ3着止まりとの予測と先週の朝日杯FS1人気グランアレグリア3着の2レース分の賞金補填が阪神Cで発生するとの予測からです

2つ目はフォーマットからの2頭出し厩舎(藤沢厩舎は3頭出し)が藤沢厩舎に該当することから3枠か5枠が連対するとの見立てからです

なので阪神Cですんなりムーンクエイクかサトノアレスが勝利すれば確実にレイデオロ連対の芽はなくなると思われます

明日のためにも是が非でも藤沢厩舎には勝ってもらいたいものです(* ̄∇ ̄)ノ

では重賞見解です



★阪神C

単複
Eムーンクエイク
Iサトノアレス

馬連単
EI⇒NA(M)

NA⇒JF(D)


ではでは
0
タグ: 阪神C




AutoPage最新お知らせ