大阪杯見解  競馬



昨夜のドバイは個人的にはまずまずの結果でした

投稿に間に合わなかったゴールデンシャヒーンでも軸はAインペリアルHマテラスカイ2頭軸からBエックスで当たりを拾えましたが問題はメインのワールドカップでこのレースは荒れると踏んで人気薄を挙げましたがFグロンコウスキーが4コーナー先頭をみて「しまった!これか!」と敗退を確信しました( TДT)

少し勿体なかった訳ですがワールドカップを仕留められない、最近の重賞低調の理由は花粉症のせいと己に言い訳しつつ、自身のメンタルを奮い立たせ、運気が変わる4月を待ちたいと思います

では3月最後のGT大阪杯ですがフォーマット単体から紐解いていきます

軸には2頭軸となるBアルアインとJペルシアンナイトをとります

同一フォーマットからは正逆1か2の連対が浮上しフォーマット単体でも正逆1・2が重なったので1枠2枠のダービー2頭を最優先します

他は正逆6からEキセキHエアウィンザー、押さえで8枠とします

先週高松宮記念を1人気で敗退した北村友一のアルアイン側を希望してます

では重賞見解です



★大阪杯

単複
Bアルアイン
Jペルシアンナイト

馬連単
BJ⇒A@HEJML


ではでは
0
タグ: 大阪杯

ドバイGT見解  競馬



時間がないので早速ドバイ見解です


★ドバイターフ

馬連単
F⇒@LCGEI


★ドバイシーマクラシック

馬連単
@⇒BEAFC


★ドバイワールドカップ

馬連単
KA⇒BDHE


ではでは
0

ダービー卿CT見解  競馬



このところ平成元号の締めくくりとばかりに重賞は馬連万馬券・ゾロ目・1人気2人気決着等の変則決着ばかりで完全に翻弄させられています

現在フォーマットの流れから予想を組み立ててましたが微妙に狙いがズレているためフォーマット縦の解読を絶ちフォーマット単体での解読にしばらくはシフトしたいと思います

ダービー卿CTは今回のフォーマット単体から正逆4連対を最優先してCドーヴァーLマイスタイルからそれぞれの接触枠決着を狙ってみます(2枠から隣枠、7枠から隣枠)

他の連対候補としては正逆5と2、そして近走で発動予定のGダイワキャグニーあたりが4以外の連対候補です

夜はドバイもあり楽しみな1日ですがドバイ解読にかなり時間を有するので解読に戻ります

では重賞見解です


★ダービー卿CT

単複
Cドーヴァー
Lマイスタイル

馬連単
C⇒ADGENL

L⇒NKGMJ


ではでは
0

高松宮記念・マーチS見解  競馬



本日は用事があり短めの考察とします

マーチSは1人気位置が連対から4枠から入ります

相手には端枠の1枠と8枠です


高松宮記念はGTで同一馬が2年連続2着(レッツゴードンキ)の側面から、これまでの他GTにおける2年連続2着の翌年では4枠・正逆11か9の連対が発生、前年4枠配置ナックビーナスとレッツゴードンキの接触配置プラス前年連対番配置から軸はHナックビーナスとGレッツゴードンキの2頭軸でいきます

平成最後の皇室GTとしてのメッセージ性を汲み取れば小室圭問題や皇族不足(女性皇族の活用)から牝馬のワンツーフィニッシュがベストと考えます

以上から牝馬決着を最優先したいと思います

大野と岩田決着は同じ左回りとなる代替スプリンターズSを思い出し、その時の勝馬スノードラゴンがここまで引退しなかったのはこのレースを見届けるためと考えられます

きのうの結果を受けての毎日杯における今後のダービーまでについては後日触れる予定です

では重賞見解です



★マーチS

単複
Gテーオーエナジー

馬連単
GF⇒@OAN


★高松宮記念

単複
Hナックビーナス

複勝
Gレッツゴードンキ

馬連単
HG⇒GMNOQILK


ではでは
0

日経賞・毎日杯見解  競馬



明日の高松宮記念ですが現時点では武豊のモズスーパーフレアを軸予定でそこからゾロ目系LOCEあたりとスプリントGTの流れを組むHIGあたりを考えてます

日経賞ですがフォーマットからはきさらぎ賞・ステイヤーズS・デイリー杯2歳S等と同一で1人気位置が1着、正逆4か3が連対する設計となっています

そして今年の重賞の大半で発生している変則決着の側面もあります

軸には1人気Fエタリオウから入り、正逆4で隠れゾロ目系となるCサクラアンプルールHカフェブリッツ、そして正逆1を押さえます


毎日杯ですがフォーマットからは京都記念・小倉2歳S・函館スプリントS等と同一で正逆8か9が連対する設計となっています

ここに今年はゾロ目大会の側面から紐解いていくと馬連は1人気VS6人気決着が浮上します


97年(44回)
1着 テイエムトップダン【1人気】
2着 【6人気】


08年(55回)
1着 ディープスカイ【6人気】
2着 【1人気】


今年と同じ時代設定の側面を持つ13年から

13年(60回)ゼロ大会
1着 キズナ【1人気】
2着 【6人気】


以上から最優先で1人気VS6人気決着となる現1人気Lヴァンドギャルドと現6人気候補の正逆9 HアンドリュースDケイデンスコールを狙いたいと思います

そして今日の毎日杯の結果次第でダービー1着枠が確定します


毎日杯

44回 テイエムトップダン【皐月賞1着枠・ダービー1着枠】
ダービー1着 サニーブライアン(二冠)

55回 ディープスカイ【ダービー1着・NHKマイル1着】(変則二冠)

60回(ゼロ大会) キズナ【ダービー1着】(京都新聞杯1着)


時代設定上の節目となるゾロ目大会とゼロ大会ではテイエムトップダンはクラシック二冠に参戦したことから1着同枠止まりでしたがディープスカイとキズナはその後ダービー馬となりました

そしてこの3頭にいえることは毎日杯後ダービーとの間に重賞1着歴を刻みダービー1着となっていることからもしヴァンドギャルドが毎日杯を勝利した場合、この馬がダービー前に1戦重賞を挟み勝利してダービーに向かってきた場合この馬が新元号初代ダービー馬になると思われます

現時点でこのヴァンドギャルドを今年のダービー馬最有力候補とみてます

去年の施行された東京スポーツ杯2歳Sの上位メンバー、

1着 ニシノデイジー(皐月賞からダービーへ)
2着 アラガス(ニュージーランドTからNHKマイルかダービー?)
3着 ヴァンドギャルド(毎日杯後 皐月賞以外の重賞参戦からダービーへ?)
4着 ヴェロックス(若駒S勝ち・若葉S勝ちから皐月賞・ダービーへ)

この4頭が平成最後の皐月賞と新元号のNHKマイルとダービーを大いに駆け回るメンバーだとみてます

今年の毎日杯勝馬をダービーまでしっかり見届けたいと思います

では重賞見解です



★日経賞

単勝
Fエタリオウ

馬連単
FE⇒CH@K


★毎日杯

単複
Lヴァンドギャルド

馬連単
L(@)⇒DBHE

ではでは
0
タグ: 日経賞 毎日杯




AutoPage最新お知らせ