スプリンターズS見解  競馬



秋季GT開幕戦となるスプリンターズSですがフォーマットからの考察は過去3年間に同フォーマットが存在しないため断念しました

よって簡単な切り口となるCMの#19を復習せよからみれば、


18年 フェブラリーS
1着 ノンコノユメ 内田
2着 ゴールドドリーム 1人気ムーア


でしたがこの枠組みをスプリンターズSに当てはめてみると、

18年 フェブラリーS
J岩田
K内田 1着
Lレッツゴードンキ
Mゴールドドリーム 1人気2着
Nルメール


スプリンターズS
Dレッツゴードンキ 岩田
E内田
F松若
Gルメール 1人気
H藤岡佑


となっており今回と同じ箇所はウチパクが岩田・レッツゴードンキと枠組みがセットになっている箇所です

しかも唯一2頭休み明けの枠でもありノーワンはオークス1着枠配置です

昨年10月にJBCをJRAで初開催となった地方GTに参戦したのが17年 高松宮記念1着 セイウンコウセイと17年 高松宮記念2着 スプリンターズS2着 レッツゴードンキでありその参戦歴を持ち込んだセイウンコウセイが高松宮記念2着純粋ゾロ目だったことを考えるとスプリンターズSではレッツゴードンキの側と考えられなくもないです

今年の春季GTのトレンドは17年 GT賞金加算が戦歴起用されてきただけに17年のスプリント春秋2着 レッツゴードンキ枠は警戒すべき特注枠と捉えます

ただこれら3枠軸にはリスクがあるので18年フェブラリーの流れからルメール 1人気接触となり、過去の13年・09年・99年が5枠連対から1人気対角となる5枠Hディアンドル 藤岡佑の土日連続重賞制覇に期待します

昨年の土曜 京都新聞杯勝利から日曜 NHKマイルC勝利の流れです

相手には先程の3枠と17年スプリントGT賞金加算馬レッツゴードンキとセイウンコウセイに挟まれたCリナーテとAダノンスマッシュとします

どちらにしてもEFGHのいずれかから連対馬は出るとみます

では重賞見解です



★スプリンターズS

単複
Hディアンドル

馬連単
H⇒EDAC

G⇒EDC

F⇒EDAC

E⇒DAC


ではでは
0

シリウスS見解  競馬



アプリでサッカーが好きなのでサカつくrtwをやっているのですがSWCCという大会で残り1日残す現時点、ブロンズランクですがまさかの首位に立ちました!!!(゜ロ゜ノ)ノ

因みにチーム名はFCランスオブスリル 無課金で地道にセコセコとチーム力を強化してきましたがブロンズランクでやっとここまで上がれたと自分を誉めてあげたいところです( ;∀;)

このまま明日午前11時まで1位キープで逃げ切りたいです

やはり野球もサッカーも守備を重視した守りが重要だと思います

その証拠に無駄な失点さえしなければ勝てる!!それだけの結果がだせたことに満足してます

なんとかこのまま500人ぐらいの頂点に立ちたいものです


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


ちょっと話が競馬から離れましたがシリウスSはフォーマットから正逆7か10か12が連対設計になってます

軸は正逆4のJジョーダンキングとCモズアトラクションから入ります

では重賞見解です


★シリウスS

単複
Jジョーダンキング
Cモズアトラクション

馬連単
JC⇒IGFEKCA


ではでは
0
タグ: シリウスS

オールカマー・神戸新聞杯見解  競馬



今日はいつもと違う視点から未来予測を逆算してみます

まずオールカマーはフォーマットからは先週のローズSと同じで1人気⇒6人気が基本線の決着になっています

ウインブライトはオールカマーを連対(勝利なら尚よし)するとした場合、秋天は出番がないと思いますが次走の香港Cは勝利するはずです

個人的には香港よりも有馬記念で今回の切符を使って勝利してほしいので香港は回避してほしい思いでいます

色々と逆算から考えてオールカマーはウインブライトが連対し福永の重賞2人気は連対否定からレイデオロは2人気となり連対からはずれると想定します


神戸新聞杯は最近の重賞での川田かルメールの1人気がトレンドから1人気を獲得したほうが連対確定です

来週のGTスプリンターズSは1人気2人気をタワーオブロンドン ルメールとダノンスマッシュ 川田が分け合うことから今回の神戸新聞杯は2人の馬連決着は起こらないとみます

コケるなら川田のヴェロックスで川田の重賞2人気は福永と同様に連対不発フラグです

ただし中山最終週であるGTスプリンターズSではルメールvs川田決着であり、同じく10月の東京最終週であるGT秋天もルメールvs川田となるダノンプレミアム⇒アーモンドアイの安田記念 馬連1人気不発決着がおきると想定してます

凱旋門賞に参戦する川田とルメール決着がGT最終週において主催者が揃えてくる決着性とみます

ちなみにアーモンドアイは三冠牝馬故に天皇賞タイトルを獲得することは不可能な設計となっています

アーモンドアイが勝つならジャパンカップのみです

そして早々とセントライト記念2人気敗退ニシノデイジーの鞍上にルメールになったことからルメールは神戸新聞杯で1着になり優先権をえることが菊花賞でのニシノデイジー連対切符となりえることから菊花賞はニシノデイジーを買いたいと思います
(ニシノデイジー連対人気の2人気、サートゥルナーリア菊花賞回避の連対人気1人気と1着連対のルメールからニシノデイジー・ルメールコンビは菊花賞連対人気の二重所持)

以上の逆算から神戸新聞杯はルメール サートゥルナーリア1着とみます

では重賞見解です



★オールカマー

単勝
Fウインブライト

馬連単
F⇒CBH

G⇒C


★神戸新聞杯

単勝
Bサートゥルナーリア

馬連単
B⇒AGEC


ではでは
0

セントライト記念見解  競馬



きのうのローズSは締切5分前まではFアルティマルが6人気でそれに急接近していたのがJビーチだったため主催者が得意とする発売後の人気入れ替えを警戒してJビーチを多めに追加して正解でした

結果的に6人気に上がったのはビーチだっただけにホッとしました

本日は時間の都合上、セントライトの考察等は省略します

ただ凱旋門賞に向けて乗る予定の川田への重賞忖度が激しいことからルメールへもフランスへの手土産が必要とされていることから今日はルメールの番だと思われます

では重賞見解です



★セントライト記念

単複
Oルヴォルグ

馬連単
O⇒FKAEGNDH


ではでは
0

ローズS見解  競馬



ローズSですがフォーマットは函館記念(1人気⇒E 平行M6人気)・小倉記念(1人気⇒6人気)・紫苑S(1人気同枠⇒6人気)ら3レースと同タイプであり設計上では1人気⇒6人気決着が基本線にあることから1人気Cダノンファンタジーから現6人気Fアルティマルガール その平行@メイショウショウブの2頭を重くみたいところです

では重賞見解です



★ローズS

単複
Cダノンファンタジー

馬連単
C⇒F@BIEGJ


ではでは
0
タグ: ローズS




AutoPage最新お知らせ