府中牝馬S見解  競馬



秋華賞はダノンファンタジーと春季戦歴までにおいてダブるクロノジェネシスが起用されました

ダノンファンタジーが否定されたのはチューリップ賞が過去と違いGU化したことと阪神JF勝馬の既にGT馬だった部分においてもう片方のGT連対止まりでGVクイーンC勝馬クロノジェネシス側が起用されたとの解釈です

ダノンファンタジーの未だ行使されなかったGT連対切符はもしやのマイルCSでは?と考えを巡らせています

春季GT考察でも書きましたが秋季はダノンと川田の逆襲と想定してたのでダノン・川田の先読みから軸にしましたが秋華賞と秋天 両2000m GTを2つ獲得できるのかという部分において半信半疑でしたが最終的にイケると踏んだ結果、やはり2000m GTは片方だけというダンスインザムードと同じ展開(秋華賞1人気を獲得し敗退も秋天に出走し2着)となったことから秋天は自信をもって川田・中内田・馬主ダノンの秋華賞1人気歴獲得トリオによるダノンプレミアム勝利を確信しました

アーモンドアイは何度もいうように牝馬三冠馬ゆえに天皇賞1着はタブーとなり2着が限界着順となります

安田記念で起きなかった幻の馬連1人気決着の舞台が虎視眈々と整いつつあるとみます


ここから府中牝馬Sですがフォーマットが過去3年でも1度しか発生してない枠組みのため、出走構成の型が類似する先週の毎日王冠・京都大賞典などと同じ仕組みからその時の馬券対象事項から馬券を組み立てます

京都大賞典は1人気が取消により不発となり毎日王冠共に3枠が馬券対象入りから3枠を追加事項し、本日も取消発生したことからも1人気Mプリモシーンは疑ってかかります

馬券対象入りは8枠Nラッキーライラックか4枠or正逆4のほうとみます

では重賞見解です



★府中牝馬S

単複
Gスカーレットカラー
(Nラッキーライラック)

馬連単
GN⇒EDNACL


ではでは
0
タグ: 府中牝馬S




AutoPage最新お知らせ