菊花賞見解  競馬



今年の菊花賞は春季GT馬が存在しない側面から基本線で考えると重賞未勝利馬の勝利がベターです

同一フォーマット(新潟記念・チューリップ賞・共同通信杯・愛知杯)から見れば4枠連対、もしくは正逆14か4の連対が設定されています


そして近年の菊花賞での戦歴トレンドはセントライト記念1着歴が起用されてます

15年
1着同枠マイネルフロスト(セントライト記念1着同枠)

16年
1着対角プロディガルサン(セントライト記念1着対角)

17年
2着クリンチャー(セントライト記念1着同枠)

18年
1着同枠コズミックフォース(セントライト記念1着同枠)


今年これに該当するのはQメイショウテンゲンのみです

セントライト記念
1着対角メイショウテンゲン


メイショウテンゲンがそのまま現物とは考えにくいので対角示唆と捉え@ザダルを軸とします

ザダルは秋季GTトレンド候補に戦歴から浮上していること、ダービートライアル京都新聞杯からダービー馬が誕生に伴いダービーを回避したこと、オークスがトライアル共にリステッドOP勝馬で1・2着したこと等からプリンシパルS権利を行使せず菊花賞優先権を獲得したザダルに期待します

しかしあくまでも2着軸とみます

勝馬ですが春季二冠同様に8枠にまたしてもナイママ・タガノディアマンテがセットされたことから春季二冠で連対した4枠7が浮上、以上から菊花賞でも4枠7を最優先しフォーマットの連対設定にも該当する4枠Fヒシゲッコウ スミヨンを一番手とします

京都新聞杯で対角ゾロ目2着のロジャーバローズがダービー馬に着いたことから、その対角ゾロ目1着レッドジェニアルが菊花賞で対角にて勝馬を示唆するのがベストと判断します

次点でフォーマット設定から正逆14に該当するDワールドプレミア 武豊です

CMでの『天才じゃなかったね』のフレーズからスミヨンの次点としました

スミヨン・武豊のフランスか日本の天才どちらかが主役とみます

来日早々にスミヨンの天才ぶりが発揮される菊花賞となってもらいたいです

では重賞見解です



★菊花賞

単複
Fヒシゲッコウ
Dワールドプレミア

馬連単 ザダル2着付け
FDNMHC⇒@(Q)


ではでは
0
タグ: 菊花賞




AutoPage最新お知らせ