天皇賞(春)の領域  競馬



天皇賞(春)も投入される連対番とそこに配置されるタイプから想定される枠順構成を予見していきたいと思います


まずは連対馬が投入される馬番は、

☆正5

次いで、

☆逆10


もしくは、

☆正逆5か10


上記に連対馬が配置されるとみてます


その連対番に投入される有力馬としては、

☆ユーキャンスマイル
☆ダンビュライト

何れかは連対配置されるとみます


そして最優先となる連対枠配置騎手は、

☆横山典・ミッキースワロー(同枠サポート役)


以上から想定される枠順構成は、


3枠5 ユーキャンスマイルorダンビュライト
3枠6 ミッキースワロー横山典


もしくは、

4枠7 逆10 ユーキャンスマイルorダンビュライト
4枠8 ミッキースワロー横山典

※フルゲート16頭立ての場合


個人的にはダンビュライトが正5か逆10に配置されることを期待します

ではでは

フローラS・マイラーズC見解  競馬




最近は世の中がこんな状況になったこともあり、競馬には投資するという側面から当てられるレースを吟味して狙う傾向にあります

重賞は昨日の福島牝馬Sのようにたまたま万馬券を拾うケースもありますが、重賞は罠も多く張ってあることから買い目を手広くいくぶん重賞はヘタクソな自負があります

しかし平場や特別戦は前半の傾向等から狙いやすい9レース以降で勝負できそうな場合は積極的に参加してます

重賞がヘタクソな同一人物とは思えないくらい買い目を絞って投資している一端を紹介します


京都10レース
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

単勝3 8.4倍


クリックすると元のサイズで表示します

ワイド3ー6 15.3倍


福島12レース
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ワイド3ー10 72.5倍


クリックすると元のサイズで表示します

馬連3ー7 23.6倍


この2レースには明確に出ていた激走指定位置から狙いましたが福島12レースは時間が足りなく3の単勝は買えませんでした

毎回締め切り時間ギリギリであり時間との勝負でもあることから間に合わないことも多々あります

それで何度涙を飲んだことかわかりませんが、、、

勿論昨日の東京12レースも投資可能とみて参加しましたがルメールとデムーロの2択でルメール側を選択し見事に失敗するそんなケースもあります

今後こういった馬券結果を載せることは最後としますが自分なりに勝負レースを厳選していくことで投資としてはうまく成り立っていくものと考えています

当てられる時に確実に当てることがこんな状況だからこそ大切だと思っています


ここからは重賞についてですがまずはフローラSから

フローラSは個人的なオークス1着馬とみているHスカイグルーヴが出てきたので軸です

相手はフォーマットから正逆1・11、正逆4・14が連対設定されていることからCシャンドフルールMテイエムフローラ@エレヴァテッツァPレッドサーシャFホウオウピースフルJレッドルレーヴを挙げておきます


マイラーズCはフォーマットから正逆12か13か14が連対設定されていることから正逆1の@インディチャンプKレッドヴェイロンを軸とします

相手にはIヴァルディゼールDベステンダンクCブラックムーンあたりを重くみます

では重賞見解です


★フローラS

単複
Hスカイグルーヴ

馬連単
H=CM@PFJ


★マイラーズC

単複
@インディチャンプ
Kレッドヴェイロン

馬連単
@K=IDCAJF


ではでは

福島牝馬S  競馬



本日は時間がないので端的にいきます

福島牝馬Sですがフォーマットからは正逆14か15か31が連対設定されています

軸には正逆14となるMフェアリーポルカと押さえでBサラキアとします

では重賞見解です


★福島牝馬S

単複
Mフェアリーポルカ
(Bサラキア)

馬連単
MB=GHJE@(DK)


ではでは
タグ: 福島牝馬S

皐月賞・アンタレスS見解  競馬



まずは簡単にアンタレスSを

フォーマットからは正逆27か28か29が連対設定されています

軸には再現レースから正逆2と7とします



皐月賞ですがまずは京成杯馬が直行した場合の考察から


06年 ジャリスコライト

京成杯
1着 逆5
2着 逆2
↓↓↓
皐月賞
1着 正5
2着 正2


10年 エイシンフラッシュ

京成杯
1着 正13 正39
↓↓↓
皐月賞
1着 正13
2着 逆39

1着 ヴィクトワールピサ(弥生賞1着)



11年 フェイトフルウォー

京成杯
1着 逆15
2着 逆7
↓↓↓
皐月賞
1着 逆7
2着 逆15

2着 サダムパテック(弥生賞1着)



16年 プロフェット

京成杯
1着 逆19
2着 正3
↓↓↓
皐月賞
1着 逆19
2着 正3

2着 マカヒキ(弥生賞1着)



18年 ジェネラーレウーノ

京成杯
1着 正30
2着 逆26
↓↓↓
皐月賞
1着 逆26
2着 正30

2着 サンリヴァル(弥生賞1着枠)


京成杯馬が皐月賞に直行する場合、10年を除き京成杯の馬連出目がダイレクトに起用されています

今年の京成杯は、

20年 クリスタルブラック

京成杯
1着 正1 逆12 正13
2着 正12 逆1 逆25


リメイク年の連対番とした2枠3から6枠12(4枠7)に連対番を変更した理由にこの考察がありました

この中での決着性を考えれば、

正逆1・6・7

これらのBOX内での決着が濃厚とみます


ここで今年の皐月賞のフォーマットですが、連対設定として正逆41か42か43が連対起用されます

正逆41は⇒正逆5、正逆42は⇒正逆6、正逆43は⇒正逆7となり先程の考察で挙がった正逆7・6以外に正逆5には弥生賞1着が配置されたことからも無視できなくなったので、相手には京成杯出目優先から、KマイラプソディFサリオスLダーリントンホールEディープボンドに次いでDサトノフラッグMキメラヴェリテの6頭とします

軸には@コントレイルですがその理由としては80回大会の記念大会であることです

そのサンプルとなるのが80回の記念大会だったダービーです

80回 ダービー
1着【1枠1】キズナ【1人気】武豊【馬主 前田晋二】
2着【福永】


今年の80回大会となる皐月賞でも、

80回 皐月賞
【1枠1】コントレイル【1人気】福永【馬主 前田晋二】


以上から記念大会1枠1の1人気配置 同馬主から@コントレイルからいきます

ダービーの着順逆転現象が起きるとみて武豊2着に期待します

因みに去年の80回 菊花賞も武豊VS福永決着でした

では重賞見解です



★皐月賞

単複
@コントレイル

馬連単
@=KFLEDM


★アンタレスS

単複
Aワイルドカード
Nリワードアンヴァル

馬連単
ANF=CJKE


ではでは

アーリントンC見解  競馬



皐月賞ですが1着最有力を2枠3としましたが、これじゃない感が強いです

リメイクする年の出目から選択し桜花賞の流れから連対番の片方から抽出しましたが、リメイク年のもう片方の連対番だった6枠12(4枠7)に自分の理想とする連対候補のマイラプソディとサリオスが配置されたこと、フォーマットからもこちら正逆7が連対候補と判断します

前記事の領域での有力連対番の正逆1に最有力連対騎手 福永が配置されたことから軸は@コントレイルでいく予定です

既に巷では1枠1の福永が得意の直線どん詰まり予想がされてますが、そこは皆の期待を福永が見事に裏切ってくれるのではないでしょうか


ここからはアーリントンCについてです

フォーマットからは正逆14か15が連対設定されていて、このレースは接触ゾロ目決着が色濃く出ています

リメイク年の3着が2枠2からも正逆14と合致するAデュードヴァンを軸とし、@ノルカソルカを押さえ軸とします

では重賞見解です


★アーリントンC

単複
Aデュードヴァン
(@ノルカソルカ)

馬連単
A@=@K(J)

CH=IBD


ではでは




AutoPage最新お知らせ