宝塚記念見解  競馬



今週は重賞が宝塚記念のみから考察にじっくり時間をかけられたため早めの見解といきます

まずフォーマットからですがこのパターンでは4枠か正逆4・21が連対設定されています

ここから4枠FワグネリアンGレッドジェニアル、正逆4からCアフリカンゴールドNスティッフェリオ、正逆21からBグローリーヴェイズOクロジェネシスが浮上します


次は重賞で使われている配列が組み込まれたサインです


阪神10R 花のみちS

Eインターセクション《馬主ゴドルフィン》
Fボ《ード》ウォーク
Gショートス《ト(ー》リ)ー


阪神11R 宝塚記念

Cアフリカンゴールド《馬主ゴドルフィン》
Dサ《ート》ゥルナーリア
E《トー》センス(ーリ)ヤ


※馬主ゴドルフィン、馬名ート、トー、ーリの同配列


重賞競走の当日は他のレースに連対する箇所が組み込まれています

基本的には馬名・騎手・馬主の三要素を織り交ぜた3列での同配列が潜ませてあります

今回はそれが10レースで再現されてあり共通箇所に該当するCアフリカンゴールドDサートゥルナーリアEトーセンスーリヤらの中から連対馬が投入されることを示唆していることから素直にDサートゥルナーリアを軸に選択します


そして前記事 領域で予見した訳ですがある程度はほぼ挙げた通りの枠組みとなりました


98年 宝塚記念

Bメジロドーベル 牝馬《大阪杯2着》
Cステイゴールド 春天2着
Dエアグルーヴ 牝馬 大阪杯1着《武豊》


20年 宝塚記念

M 逆5キセキ《武豊》
N 逆4スティッフェリオ 春天2着
O 逆3クロノジェネシス《大阪杯2着》


武豊の5配置、春天2着馬の4配置、大阪杯2着牝馬の3配置

先に上げたフォーマットからの連対設定の正逆4とも符号するNスティッフェリオをサートゥルナーリアの相手1番手とします

土曜日の阪神メインが、


11R 水無月S

1着 1枠2 逆15
2着 8枠16 逆1
3着 3枠5 逆12


ここからは3着位置 3枠5からサートゥルナーリア、1着位置 正逆15からスティッフェリオが合致します


3着は98年が2・3着ワイドゾロ目であり牝馬と武豊だったことからNスティッフェリオと同枠となる牝馬Oクロノジェネシス(水無月S2着位置8枠16と合致)と武豊Mキセキを3着候補とします


別の角度からですが98年 宝塚記念の出目は既に春天で先に使われている可能性があります


98年 宝塚記念

1着 8枠13 逆14
2着 4枠4 逆10
3着 4枠5 逆9


20年 天皇賞春

1着 8枠14
2着 4枠6 逆9
3着 4枠5 逆10


とすれば98年 春天の出目が宝塚記念に連動する可能性も想定したいところです


98年 天皇賞春

1着 4枠5 逆10
2着 6枠9 逆6
3着 6枠10 逆5


1着は正逆5からサートゥルナーリア、そして98年 宝塚記念での牝馬枠優先から牝馬ラッキーライラック6枠ゾロ目の可能性もあり6枠Kモズベッロと6枠Jラッキーライラックも押さえます


では重賞見解です


★宝塚記念

単複
Dサートゥルナーリア

馬連単
D=NBKL(PGI)

3連複単
D=N=OM

(D=K=J)

(D=L=M)


※11:00 追加
L2着付け、3連複単D=L=M


ではでは
0
タグ: 宝塚記念

宝塚記念の領域  競馬



帝王賞は1着側で浮上したクリソベリルとルヴァンスレーヴの2択で見事にハズレ側を引き盛大にやらかしました

クリソベリルが勝利したことで馬主キャロットファームが宝塚記念でも適用されるはずです


では宝塚記念の枠組みと連対投入される馬番と馬を予見したいと思います

ここでもリメイク年の98年が再現されるとみてそこから抽出していきます

98年 宝塚記念
1着 8枠13 サイレンススズカ 1人気
2着 4枠4 ステイゴールド 9人気
3着 4枠5 エアグルーヴ 牝馬

5着 3枠3 メジロドーベル 牝馬


まず連対投入される馬、というより勝馬と断言したいのはサートゥルナーリア 馬主キャロットファームです

サイレンススズカ
神戸新聞杯2着 1人気
天皇賞秋6着 5枠(3歳)
マイルCS 5枠(3歳)
金鯱賞1着 5枠 1人気
宝塚記念へ

サートゥルナーリア
神戸新聞杯1着 1人気
天皇賞秋6着 5枠(3歳)
有馬記念 5枠(3歳)
金鯱賞1着 5枠 1人気
宝塚記念へ

神戸新聞杯を1人気で連対賞金加算
3歳で秋天に5枠で出走し6着
続けて古馬GTに参戦し前走と同じ5枠配置
金鯱賞を1人気5枠配置で勝利
3歳で秋季古馬GTにて連続5枠配置となり金鯱賞も5枠配置


これだけ類似したからにはサートゥルナーリアで仕方ないと思います

次に2着候補ですが春天2着から向かってきた2着ステイゴールドの再現となる春天2着スティッフェリオが最有力です

98年 宝塚記念
2着 ステイゴールド 春天2着9人気

今年
スティッフェリオ 春天2着9人気
父ステイゴールド


ただここで1つ注意したいのは98年の2着同枠には牝馬エアグルーヴが居たことです

3枠3 メジロドーベル 大阪杯2着
4枠4 ステイゴールド
4枠5 エアグルーヴ 大阪杯1着


実際は大阪杯牝馬決着となった2頭に挟まれたステイゴールドから連対枠には牝馬同枠もしくは対角配置が必須とみます

20年 大阪杯
1着 ラッキーライラック 牝馬
2着 クロノジェネシス 牝馬


スティッフェリオが連対するならラッキーライラックもしくはクロノジェネシスと同枠もしくは対角に組まされるのが連対の条件となります

とりあえず2着最優先はこれら大阪杯の連対牝馬と組まされた馬に要注意です


最後に98年からの出目予測です

まず最優先は2着位置の

★正逆4・10


次点で3着位置の

★正逆5・9


これら位置にスティッフェリオが配置されるのがベストです

ではでは
1

帝王賞見解  競馬



ここはヒシアマゾン・タイキシャトルのリメイクである怪物ルヴァンスレーヴの復活祭とみます

ダミアンレーンが短期免許を3ヶ月に伸ばした経緯もこれからの大井GTで明らかになると思われます

最大の理由として帝王賞(ルヴァンスレーヴ)とジャパンダートダービー(カフェファラオ)というGT手土産をダミアンレーンに持たせる為だと考えます

以上からAルヴァンスレーヴから入ります

明日昼までに宝塚記念の枠組みの予見をしたいと思います


では重賞見解です

★帝王賞

単複
Aルヴァンスレーヴ

馬連単
A=M@GEHJC


ではでは
0
タグ: 帝王賞

函館スプリントS・ユニコーンS見解  競馬



まだまだ研究段階なのですが今日からフォーマットからみた1着側を演じると思われる候補を列挙していきます

フォーマットにより候補の頭数が異なりますが具体的にはそれらの中から勝馬が出るとの想定という考えでいます

これは自身の精度を上げるためのチャレンジでもあるので特定の基準が当てはまることを目標にしていきたいところです

まず函館スプリントSの1着側候補は、

Eダイアトニック
Iジョーマンデリン
Fライトオンキュー

その他 正逆2・1


ユニコーンSの1着側候補は、

Dレッチェバロック
Eケンシンコウ

その他で正逆1・2

もしデムーロかレーンが勝利した場合はフォーマット修正と改善の余地ありです

基本的には上記に挙げた箇所から勝馬が誕生するとみてます


では重賞見解です



★函館スプリントS

単複
Eダイアトニック

馬連単
E(IF)=ANO(DK)


★ユニコーンS

単複
Dレッチェバロック
(Eケンシンコウ)

馬連単
D(E)=LI@ONE


ではでは
0

エプソムC・マーメイドS見解  競馬



最近フォーマットから見えてきたものとしてレースでの役割における1着側タイプと2着側タイプの区分けが徐々に可能となってきたので今週から載せようかと思いましたが時間の都合で来週から実践したいと思います

本日は見解のみです

では重賞見解です




★エプソムC

馬連単
LEOBD@(P)=KJ(C)


★マーメイドS

馬連単
LCEJDK=@O(I)


ではでは
0




AutoPage最新お知らせ