スワンS・アルテミスS見解  競馬



本日は時間の都合上、考察等は省略します

秋天については明日詳しく書かせてもらいますがIスカーレットカラーとCダノンキングリーの2頭の連軸から入る予定です

2着筆頭にはAカデナを最優先に考えています

間違いなく荒れることになる11月1日施行1ゾロ目の秋の天皇賞です

では重賞見解です


★スワンS

単複
Hカテドラル
Iボンセルヴィーソ

馬連単
HI(F)=@AMDC

ワイド
C=IF


★アルテミスS

単複
Fウインアグライア

馬連単
F(LC)=AN@ODE


※スワンSレース結果
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

※アルテミスSレース結果
クリックすると元のサイズで表示します

※追記 20:00
スワンSは載せた予想はハズレも解読の段階で激走気配がプンプンしていたCカツジから直前に正逆1を半信半疑でありながも追加し個人的には手厚い一撃を食らわせました(* ̄∇ ̄)ノ

アルテミスSは正逆4すら連を確保出来ず敗退です

今日の結果で明日の秋天は岩田の連チャンがあり得る状況が整いました

今年は宝塚から2005年のリメイクとなっているので前年1・2着が前年より着順を1つずつ下げれば当時の完成形となりますが果たして?

単勝万馬券から馬連万馬券の流れが秋天に引き継がれるならAカデナに多いにチャンスはあるはずです

ヘヴンリーロマンスならスカーレットカラー、オフサイドトラップならカデナだと思います

ではでは

菊花賞見解  競馬



菊花賞も考察の要点を絞ってまとめていきます

今年のGTは前日重賞の出目が連動しています

広い範囲で正逆2・3・4・5・8・9内での決着になりそうです

特に正逆2・5・8は連対有力です


ダービーの近辺に書いた記事に無敗の三冠馬になるには三冠の内1つは10番手人気以下を引き連れてのGT制覇が発生しています

シンボリルドルフのダービー、ディープインパクトの皐月賞、先週のデアリングタクトの秋華賞、そしてコントレイルが三冠でこの項目を果たすにはここしかなく残されたこの菊花賞で発生すると想定します

馬単コントレイル→2着 10人気以下


番組表からみれば今年は皐月賞とダービーを同一馬が2着した年です(93年・13年)

*93年 菊花賞
1着 ビワハヤヒデ【1人気 前走神戸新聞杯1着】

*13年 菊花賞
1着 エピファネイア【1人気 前走神戸新聞杯1着】

今年これに該当するのは1人気で前走神戸新聞杯1着のコントレイルです


これまでの菊花賞における必須戦歴は神戸新聞杯2着枠歴です

*神戸新聞杯
2着 8枠18 逆1ヴェルトライゼンデ
2着同枠 8枠17マイラプソティ(不参加)
2着同枠 8枠16シンボ(不参加)
2着対角 1枠1 逆18グランデマーレ(不参加)

唯一参戦してきたのはEヴェルトライゼンデでこの馬自身か示唆する他該当馬は隣配置のDサトノインプレッサFダノングロワール、対角Lロバートソンキー、平行Nブラックホールら5頭が有力となります

普段ならこの5頭からコントレイルの相手が誕生する訳ですがこれよりも他の優先したい考察があります


先程の皐月賞ダービーを同一馬が2着で繋いだ年(93年・13年)において菊花賞で連対した馬は【若葉Sで1着馬が接触ワイドゾロ目に絡んだタイプ】というものです


*93年 若葉S
1着 Gビワハヤヒデ【菊花賞1着】
3着 Fグローリークロス(不参加)


*13年 若葉S
1着 Eレッドルーラー(不参加)
3着 Dサトノノブレス【菊花賞2着】


今年も若葉Sは接触ワイドゾロ目が発生しました

*20年 若葉S(10頭立て)
1着 @アドマイヤビルゴ(不参加)
2着 Iキメラヴェリテ 参加


該当馬キメラヴェリテが参加してきたのでシンガリ人気ですが富士Sの出目、三冠での10人気以下、初勝利後から負け知らずできているある意味無敗のJバビットの裏対角配置からコントレイルの相手最優先はPキメラヴェリテとします

メンバー中唯一のダート勝利歴とダート重賞勝馬というある意味ダート無敗に近い戦歴からもコントレイルの対極に位置する存在として面白いと思います

次点で神戸新聞杯2着枠の10人気以下Dサトノインプレッサとします

サトノインプレッサの毎日杯勝ちが未だにGTで連対切符の執行がされてないので発動するならこことみます

軸は最後の三冠馬となるコントレイルですがキメラヴェリテとサトノインプレッサの2頭を重くみたいと思います

では重賞見解です


★菊花賞

馬連単
B=PDNC(JGIH)


3連複単
上記馬単の3着位置に1枠


※菊花賞レース結果
クリックすると元のサイズで表示します
※追記 19:00
結果は微々たる的中でした汗

先週の牝馬無敗の三冠で2着に10人気以下を起用しただけに例外的に2週連続10人気以下起用とはいかなかったようです

基本的な三冠馬2頭並び立たずの解釈ですが今回三冠馬が同時期に2頭誕生できたのは無敗の場合に限り許されると結論付けました

確かにこれまで牝馬と牡馬が無敗のまま揃って三冠まで辿り着いたケース事態が皆無ですからこの解釈はあながち間違ってないと思われます

ただ今回は京都競馬場の終焉という側面もあり誕生した牡牝無敗馬なので今後このように無敗で同年に三冠リーチを賭ける牡馬牝馬が揃う年がくるかといえばかなり遠い未来になると思われます

さて無敗の三冠馬となったコントレイルですが次走で初めて敗北を味わいます

ジャパンカップは間違いなく勝てません

そのコントレイルを負かす馬をじっくり1ヶ月探していきたいと思います

来週の秋天には万馬券オペレーションが敷かれていますが連対の一翼は宝塚記念馬クロノジェネシスか同枠で組んだタイプが死守してくれるとみます

アーモンドアイは3着席がベストではないでしょうか


ではでは
タグ: 菊花賞

富士S見解  競馬



菊花賞ですが枠順解読の方はほぼ済んでますがコントレイルの三冠は無難に果たされそうです

考察等については明日書きますがこの馬が過去のどの馬のリメイクに近いのか辿り着いたのは06年 ドリームパスポートでした


*06年 ドリームパスポート

皐月賞
2着 1枠2

ダービー
3着 7枠15 逆4

神戸新聞杯【中京代替】
1着

菊花賞
2着 7枠13 逆6


コントレイルはドリームパスポートの上級リメイク(上の着順を得るタイプ)です


*20年 コントレイル

皐月賞
1着 1枠1

ダービー
1着 3枠5 逆14

神戸新聞杯【中京代替】
1着

菊花賞
1着?

2着 正逆5or7?


ドリームパスポートが三冠において配置された馬番の正逆隣馬番が今年起用されていることがわかります

自分の狙いもそこに向いていますが詳しくは明日にします


富士Sですがケイアイノーテックとペルシアンナイトが同一レースに参戦してきた場合、ケイアイノーテックの隣枠が連対します

そこを加味しつつフォーマットからKワーケアを最優先します

次点でIペルシアンナイトとします

では重賞見解です


★富士S

単複
Kワーケア

馬連単
K=IGCBH

I(B)=JFG


※富士Sレース結果
クリックすると元のサイズで表示します
※レース後 16:20
正直福永の勝利は微妙な結末です

土日を福永でまとめるのか、はたまたその逆か

もう一日あるのでいま一度洗い直しに取り掛かりたいと思います

府中牝馬で書いた土曜日重賞が日曜日GTへ連動するので富士Sの出目には要注意です

ではでは
タグ: 富士S

秋華賞見解  競馬



この秋季の傾向ですが春季で1着側だったのが秋季では2着側、春季で2着側だったのが秋季では1着側と逆転現象が起きていてデアリングタクトは今回2着側に該当していることから三冠成らずとみました


ここから秋華賞の考察ですが要点だけまとめます

まず連対枠に必須なのはローズSか紫苑Sの1着枠歴です

*ローズS1着枠
Aリアアメリア
Jフィオリキアリ

*紫苑S1着枠
Bマルターズディオサ


今年はフローラS馬がオークスで2着を刻んだ年です

類似年は07年・16年・17年です


*07年 秋華賞
3着(2着同枠)Oウオッカ【阪神JF1着】


*16年 秋華賞
1着同枠 Gデンコウアンジュ【阪神JF1着対角 2人気】(アルテミスS1着)
1着対角 Kウインファビラス【阪神JF2着】

※阪神JF勝馬メジャーエンブレム不参加


*17年 秋華賞
2着 Fリスグラシュー【阪神JF2着 2人気】(アルテミスS1着)

※阪神JF勝馬ソウルスターリング不参加


阪神JFがカギを握っており連対枠歴か連対人気歴が重要です

今年の阪神JF該当馬は、

1着 レシステンシア(不参加)
2着 マルターズディオサ
3着(2着同枠)クラヴァシュドール

6着 リアアメリア 1人気


これを最初の考察ローズS・紫苑S1着枠歴と組み合わせると、

Aリアアメリア【ローズS1着】【阪神JF1人気】(アルテミスS1着)
Bマルターズディオサ【紫苑S1着】【阪神JF2着】

Iクラヴァシュドール【阪神2着同枠】
Jフィオリキアリ【ローズS1着同枠】


これらの付近から勝馬が誕生するとみます

きのうの府中牝馬Sで上位人気を被り不発に終わった同位置は、

正2 川田
3枠 和田
5枠 デムーロ 1人気
逆2 横山


秋華賞1人気VS2人気のデアリングタクトVS中内田厩舎が基本線になるとみた場合、前日1人気敗退デムーロと2人気敗退川田では上位敗退のデムーロの方が優遇されると思われます

以上からデアリングタクトVS中内田 リアアメリアよりデアリングタクトVS中内田 クラヴァシュドールに組み替えるとみて阪神JF2着枠のあるデムーロのIクラヴァシュドールを上位にとります

次点でAリアアメリアとします

デアリングタクトは2着固定でいきます

では重賞見解です


★秋華賞

単複
Iクラヴァシュドール
Aリアアメリア

馬連単
IAP@KB=L


※秋華賞レース結果
クリックすると元のサイズで表示します

追記 16:00
無事的中しましたが残念ながら馬単はやはり逆でした

パドックの最後列にデアリングタクトからこの馬の持つ裏番が7・9からIクラヴァシュドールとKマジックキャッスル厚めに追加しましたがデムーロ側ではなく大野側でした

ローズS1着枠JフィオリキアリとKマジックキャッスル枠には阪神JF戦歴は存在しませんがBマルターズディオサ 阪神JF2着の平行配置の後押しからマジックキャッスルを戦歴サポートしたと判断しました

ローズS1着リアアメリアと紫苑S1着マルターズディオサのトライアル1着の組み合わせはやはり稼働するのが難しいようです

三冠馬は2頭並び立たないが大原則にあるので普通ならコントレイルは敗退となりますが現行最後の京都競馬場の歴史の幕引きからイレギュラーとして三冠馬で揃えるのもありだと思います

ではでは
タグ: 秋華賞

府中牝馬S見解  競馬



本日も所要で時間がないため簡潔にいきます

秋華賞はデアリングハートの三冠はないものとみえます

勝つのは正逆2のAリアアメリアかPウインマリリンのどちらかという予測でいます

その考察については明日にします

そして府中牝馬Sと秋華賞が出目を繋ぐとの前提から秋華賞で正逆2が連動するとみて府中牝馬Sは正逆2のAダノンファンタジーとFトロワゼトワルを軸とします

では重賞見解です


★府中牝馬S

単複
Aダノンファンタジー
Fトロワゼトワル

馬連単
AF=BE@GDC


※府中牝馬S結果
クリックすると元のサイズで表示します


ではでは
タグ: 府中牝馬S




AutoPage最新お知らせ