ジャパンカップ・京阪杯見解  競馬




まず三冠馬3頭の対決をうたう限りその中から勝馬が誕生するのが至極当然の流れです

これら三冠馬の中から勝馬を探ります


アーモンドアイの可能性ですが新記録となる最多GT8勝の目的を達成したこと、旧京都開催までのオペレーションを締結する役割が終了したことからここでのGT9勝目はまずありえないことから勝馬に成りえません

そして同じ三冠馬の肩書きではあるものの無敗馬との戦歴的格差からみれば圧倒的に格下となることから無敗馬の前を走ることは難しいと思われます


次はコントレイルですが間違いなくこの馬も敗退します

その最たる理由としては世界競馬のオペレーションを司るアメリカ・イギリス・日本における3歳牡馬 無敗の三冠馬は達成後の次走を敗退するオペレーションで統一されているためです

競馬の発祥地イギリスで誕生したクラシック三冠オペレーション(英2000ギニー・英ダービー・英セントレジャー)を元として模範として創設されたのがアメリカ三冠でありJRA三冠であります

基礎となるオペレーションは同一となることから同様の結果が共有されることになります

因みにイギリスは三冠路線の最後のGT英セントレジャーは古馬戦に開放されて以降、イギリス三冠路線は現在破綻しています


☆アメリカ無敗の三冠馬

1977年 シアトルスルー 三冠達成後の初戦スワップスS4着敗退

2018年 ジャスティファイ ※三冠達成後、走ることを許されず引退


☆イギリス無敗の三冠馬

1935年 バーラム ※三冠達成後、走ることを許されず引退

1970年 ニジンスキー 三冠達成後の初戦凱旋門賞2着敗退


☆日本無敗の三冠馬

1984年 シンボリルドルフ 三冠達成後の初戦ジャパンC3着敗退

2005年 ディープインパクト 三冠達成後の初戦有馬記念2着敗退


無敗の三冠馬はその直後に【敗退するオペレーション】が敷かれています

三冠達成後に敗退が受け入れられないなら引退を選ぶ道しかなく現役続行ならオペレーションを受け入れての敗退となります

以前から説いてきたコントレイル敗退の理由はここにあります


残るのはデアリングタクトとなり勝馬はこの馬とみます

その後押しとなる考察です

三冠達成直後に三冠牝馬がジャパンカップに向かってきたケース

12年【初の11レース化+最終レース化初年度】

1着 ジェンティルドンナ 三冠馬(3人気)
2着 オルフェーヴル 三冠馬

【史上初となる三冠馬決着】
※8枠純粋ゾロ目の変則決着


18年 14頭立て
1着 @アーモンドアイ 三冠馬
2着 Gキセキ

※平行ゾロ目の変則決着


ジェンティルオルフェの三冠馬決着の年、初めてジャパンカップを11レース化と最終レース化へと変更し初めての三冠馬決着を表現しました

そして今年も前回の三冠馬決着と同じように初の12レース化と最終レース化の初年度となったことから同様の決着性となる体制は整っているとみます


三冠馬となった3歳牝馬がジャパンカップに向かってきた場合、上記同様に変則決着が必須となるならデアリングタクトが用いる決着は、

1着 Dデアリングタクト 無敗の三冠牝馬
2着 Eコントレイル 無敗の三冠馬

【史上初の無敗の三冠馬決着】
※接触ゾロ目の変則決着

新たな京都を知らない時代の幕開けとなるジャパンカップ12レース初施行へ向けた決着性が問われることから無敗馬決着で接触ゾロ目を採用した変則決着が理想的です


次は今年の再現年となる1998年と2005年の決着性からです

1998年
1着 J【逆5】エルコンドルパサー3歳【3人気】
2着 @【正16】エアグルーヴ 【2人気】(前年2着馬・2年連続2着)
3着 スペシャルウィーク【1人気】


2005年
1着 M【逆5】アルカセット【3人気】
2着【O】ハーツクライ【2人気】ルメール(前年2着騎手・2年連続2着)
3着 ゼンノロブロイ【1人気】


ここで挙げられる共通項目は3人気が勝利して2着3着が2人気1人気の決着、出目は正逆5が1着となり正逆16着が2着です

3人気と正逆5が勝利している上記の流れから該当するDデアリングタクトから入ります

先読み的な逆算からいえば有馬記念に出走する三冠馬はデアリンクタクトのみです

アーモンドアイはJCで引退、コントレイルはJCで秋3戦目となりJCは初黒星を食らうことから休養に入るはずです

これだけ無敗の三冠誕生やJCを盛り上げたにも関わらず有馬記念に三冠馬が出走しない訳にはいかないはずです

その役割があることからこのジャパンカップを無敗で終えたデアリングタクトは有馬記念で初めて敗退(現時点では2着)を喫する役割があると思われるので有馬記念のためにも無敗のままジャパンカップを通過するというのが持論です

本日の決着性に一番影響力を持つのはアーモンドアイ同枠のワールドプレミアです

出走予定だったサートゥルナーリアが回避した関係性は前年有馬記念にあります

2019年 有馬記念
2着 I 逆7サートゥルナーリア
3着 F 逆10ワールドプレミア

※対角ワイドゾロ目

それぞれの役割をワールドプレミアはジャパンカップで、サートゥルナーリアは有馬記念でと分けたと想定しワールドプレミアには注意したいと思います

デアリングタクトの相手筆頭はEコントレイルですが他では一昨年のアーモンドキセキ決着枠のBワールドプレミア、98年05年の正逆16と2年連続から@カレンブーケドールと海外GT勝歴Nグローリーヴェイズ、押さえでAアーモンドアイとします

では重賞見解です


★京阪杯

単複
Bレッドアンシェル
Jシヴァージ

馬連単
BJ=CIFAND


★ジャパンカップ

単複
Dデアリングタクト

馬連単
D=EB@(NA)

3連複単
D=E=B@NA

D=B@N=EA


史上初となる無敗の三冠馬決着、そしてアーモンドアイは馬券外となりその隣馬のどちらかが3着となることを期待します


ジャパンC結果
クリックすると元のサイズで表示します


京阪杯結果
クリックすると元のサイズで表示します


※レース後追記 20:00
ここまで徹底的にされるとさすがに完敗です

アーモンドアイは旧京都開催で最後を閉めつつ11月の新阪神開催の初めての扉を開けるタイプだったとは思いませんでした

八大競走を積み重ねない限りGTをいくら勝とうともルドルフ越えとはならないのでアーモンドアイにはそこに挑んで欲しかったのですか宝塚と有馬を勝てない(逃げた)馬は最強馬に非ずです

デアリングタクトの想定はジャパンカップ勝利から有馬記念敗退でしたがこちらの逆の想定となりましたがこの馬が有馬記念を締める役割だと過程しました

ワールドプレミアが同枠アーモンドアイを示唆したことから有馬記念ではサートゥルナーリア枠は要注意です

有馬記念をデアリングタクトが勝利することで秋季古馬GT三冠路線は秋天・JC・有馬記念を全て牝馬独占となる新しい時代の扉を開けてくれそうです

来週のチャンピオンズCはこちらもアーモンドアイに近いタイプの国内無敗の井の中の蛙状態のクリソベリルが妥当に思われます

ではでは

ラジオNIKKEI杯京都2歳S見解  競馬




考察前ではありますが明日のジャパンカップの勝馬は前々からデアリンクタクトしかいないとの判断でいました

詳しくは明日に総合的な考察といきたいと思います

では重賞見解です


★ラジオNIKKEI杯京都2歳S

単複
Gワンダフルタウン
@ビップランバン

馬連単
G@=AHDECF


レース結果
クリックすると元のサイズで表示します

※レース後追記
ジャパンカップは3冠馬3頭での決着は薄いとみています

馬券から一番離れる(馬券外の)可能性が高いのはアーモンドアイです

ではでは

東京スポーツ杯2歳S見解  競馬



本日は時間の都合上、考察等は省略します

では重賞見解です


★東京スポーツ杯2歳S

単複
Iジュンブルースカイ
(@ドゥラヴェルデ)

馬連単
I@=CFEAH


レース結果
クリックすると元のサイズで表示します


ではでは

マイルCS見解  競馬



先週のエリ女では生涯阪神GTは2勝までのタブーを突破したラッキーライラックですが冷静に考えると今後2022年までは阪神代替エリ女とマイルCSが6度施行されるとなればjpnT時代のウオッカのように3年限定でコースに特化したタイプが誕生することは否定できません

今年は記録を塗り替える年でもそれでも守られる最低限の決まり事を越えてくることはないと思われるのでその線引きは慎重に見極めていきたいところです

これらを前提として今回のマイルCSの考察ですがかなり以前に2歳から3歳上半期までの牝馬による阪神1600m重賞の原則を書きましたが生涯阪神マイルGT勝歴を取得できる場所は阪神JFか朝日杯FSの2歳GT、そして3歳となり牝馬限定の桜花賞のみとなりこの短期間しか資格は得られない設定です

この期間の阪神マイルGT勝歴は基本的に阪神JFと桜花賞の2勝馬が限界設定されていることからも阪神マイルGTも生涯2勝までと捉えられます

ここで思い出されるのが一昨年の朝日杯FSで1人気を獲得するも3着敗退し桜花賞では1着となったグランアレグリアの存在です

自分の推測からすると何故彼女に主催者は朝日杯FSを勝たせなかったのかですがその時点で既に今年に阪神代替マイルCSを勝たせるとの約束事から阪神マイルGT歴を桜花賞の1勝だけに留めたののなら彼女の至上命令はこの阪神マイルCSを勝利して阪神マイルGT2勝馬になるためにここまで待機したということになります

この推察を前提としてこのレースはグランアレグリアと決めていたのでこの馬から入ります

この馬はタイキシャトルやデュランダルやロードカナリアを超える芝スプリントマイルGT全てで賞金加算した初の統一馬となりつつも来年も現役続行らしいので中距離も繋ぐ新しい役割を持つタイプになると思われます

今後GTでのルメールを先読みすると、

秋天1着 ルメール(1人気)
アルゼンチン1着 ルメール
エリ女1着 ルメール(1人気)
マイルCS1着 ルメール(1人気)

秋季GTでは1人気を獲得したルメールは1着設定されてますがジャパンカップは、

ジャパンカップ ルメール(2か3人気?)

から敗退することになると思われます

ルメール1着の場合の他設定では、

秋天2着 フィエールマン(2人気対角)
エリ女2着 サラキア(2人気対角)

からマイルCSでは2人気サリオスもしくは同枠か対角となります

他では再現年となる98年と05年では、

98年
1着 タイキシャトル(藤沢厩舎)【安田記念1着】
3着 ヒロデクロス【安田記念3着】

※安田記念1着3着馬がスライド


05年
1着 ハットトリック【ペリエ】(京都金杯・東京新聞杯マイル重賞連勝馬)
2着 ダイワメジャー【ルメール】(皐月賞連対馬)

※外国人騎手決着


これを今年に当て嵌めると、

1着 グランアレグリア【ルメール・安田記念1着】(藤沢厩舎)
対角サウンドキアラ(京都金杯・阪神牝馬Sマイル重賞連勝馬)

2着 サリオス【デムーロ】(皐月賞連対馬)

3着 インディチャンプ【安田記念3着】


この決着性は安田記念の要素を引き継いだ、

1着 グランアレグリア
2着 馬主シルクレーシング(アーモンドアイ・サリオスorラウダシオン)
3着 馬主シルクレーシング(インディチャンプ)

となりアーモンドアイとサリオス(ラウダシオン)が入れ替わっただけの決着になると思われることからここを大本線としたいと思います

では重賞見解です


★マイルCS

単複
Cグランアレグリア

馬連単
C(M)=PE(AMON)

3連複単
3着位置にGインディチャンプ固定


マイルCSレース結果
クリックすると元のサイズで表示します

※レース後追記 19:30
見事なスプリントマイルGTの統一劇でした

これで4週にわたるルメール忖度が無事終わり来週は安心してアーモンドアイ・ルメール敗退が拝めるはずです

秋天のあった京都開催最終からこの阪神代替GTの11月ジャパンCまである戦歴で統一するとの目論見は当たりそうです

★秋天〜ジャパンC

秋天
アーモンドアイ 桜花賞1着【GT阪神1600m勝歴】

エリ女
ラッキーライラック 阪神JF1着【GT阪神1600m勝歴】

マイルCS
グランアレグリア 桜花賞1着【GT阪神1600m勝歴】

ジャパンカップでも阪神1600mのGT勝歴馬が起用される流れですが該当馬アーモンドアイの役割は秋天で済んでいるため残されたGT阪神1600m勝馬は、

デアリンクタクト 桜花賞1着【GT阪神1600m勝歴】のみです

ジャパンカップはデアリンクタクトに注目してます

ではでは
タグ: マイルCS

エリザベス女王杯・福島記念見解  競馬



今年のエリ女は代替阪神開催となります

通常の正規開催で行われる阪神GTといえば現存するのは2歳GTの阪神JFと朝日杯FS、その延長にある3歳GT桜花賞までの1600m戦、古馬GTの大阪杯と宝塚記念の5レースのみです

3歳までに阪神GT勝歴を手にしたタイプがその後阪神GT勝歴を上積みするためには大阪杯か宝塚記念に向かうしかありません

しかしラッキーライラックが大阪杯を制覇するルートを切り開いた反面、阪神1600m GT勝馬が宝塚記念を戴冠することは全て否定されてます

その理由としては同距離GTとの関連性があります

★JRAに存在する2200mのGT

宝塚記念=エリザベス女王杯

2200m戦が2レースしか存在せず、しかも片方は牝馬限定戦の位置付けからJRAが言わんとするところは宝塚記念を勝たせることは出来ないがその代わり阪神GT勝馬はエリ女を目指してくださいという措置だと思われます

宝塚記念を勝利した牝馬がエリ女も制覇したことはありますがそれは彼女らが1600mの非阪神GT勝馬ではないことが可能にした事です

そして阪神GTについてのタブー(掟)としては【生涯阪神GT勝利数は2勝まで】です

ブエナビスタが宝塚記念を2年連続2着に弾かれたのは既に阪神JFと桜花賞の阪神GT2勝歴を持ち合わせていたからです

その部分を今回のラッキーライラックに適用するなら阪神JFと大阪杯の阪神GT2勝歴から今年の代替阪神GTエリ女に1着席は用意されてません

以上からラッキーライラックの連覇は起きないが結論です

この話は来週のグランアレグリアに繋がりますがそれはまた来週にします

今年の再現は2005年であり1998年でもありますが2005年からはスイープトウショウが前年3歳馬で1人気歴獲得タイプから該当はラヴズオンリユー、1998年からはメジロドーベルがオールカマー1着歴からセンテュリオ、その時1人気だったエアグルーヴが札幌記念1着からノームコア、このタイミングで新設された牝馬OP競走からウラヌスチャームとエスポワール、これらの組み合わせで挑みたいと思います

これといった軸が決められないためGセンテュリオHウインマイティーJラヴズオンリユーの3頭から入ります

相手はOP新潟牝馬S勝馬Nウラヌスチャームの7枠、1人気8枠のPエスポワール、エアグルーヴのリメイクEノームコアの3枠とします

では重賞見解です


★エリザベス女王杯

単複
Gセンテュリオ
Hウインマイティー

馬連単
GHJ=NMDP(LE)

3連複単
3着位置にEノームコア固定


★福島記念

単複
Hヴァンケドミンゴ

馬連単
H@(O)=FIDKC


※エリザベス女王杯結果
クリックすると元のサイズで表示します


※福島記念結果
クリックすると元のサイズで表示します

※レース後追記 23:00
どこまでいってもルメール忖度が続くのは納得してます

ジャパンカップで最後の1人気敗退を演じる大事な役目(売り上げ貢献馬アーモンドアイ単勝馬連馬単は紙くずでゴミ箱いき)があるからにはルメールへの敗退役の見返りが天皇賞からアルゼンチン共和国杯エリザベス女王杯そしてマイルCSまでとなる訳です

武蔵野Sの1着 松若の対角が戸崎、平行にルメールが配され嫌な気はしましたが悪い方が結果使われた次第です

どうしても今年は京都が終わるタイミングだからこその歴史を塗り替える作業の必要性をここまで見せられると抗っても仕方ないです

アーモンドアイが表向きの7冠の壁を破り、無敗の牡馬牝馬三冠馬を揃え、阪神GTは生涯2勝までの壁もぶち抜かれたからにはわざわざ阪神の朝日杯FSを敗退したグランアレグリアがタイキシャトルでもデュランダルでもアドマイヤコジーンでもやれなかった短距離GTを全て繋ぐには今年は絶妙なタイミングな訳です

今週のエリ女でみた勝負服と騎手が来週も躍動するものとみてます

朝日杯FSの忘れ物を取りに帰ってくるグランアレグリアだと思います


ではでは




AutoPage最新お知らせ