ヴィクトリアマイル見解  競馬



ヴィクトリアマイルで近年必須戦歴となっているのは中京GVハンデ1着歴と前年ヴィクトリアマイル賞金加算歴の2つです

枠順解読からは先週連対のソングライン箇所と同じ仕組みが@マジックキャッスル・Qレシステンシア箇所に発生したので愛知杯1着も加味しレシステンシアとマジックキャッスルの2頭軸から入ります

相手は同レースからの賞金加算引き継ぎから前年キー連対馬Kサウンドキアラ枠を重くみて先週売上に損害(購入者へ)を与えた藤岡佑介Jダノンファンタジーを最優先とし次いでKサウンドキアラ、対角Fマルターズディオサ、Gランブリングバレー、裏同枠Lプールヴィルまで広くいきます

グランアレグリアはあくまで押さえ程度です

正直グランアレグリアに1着席は用意されてないように感じます

では重賞見解です


★ヴィクトリアマイル

単複
Qレシステンシア
@マジックキャッスル

馬連単
Q@=JKFGLHE



ヴィクトリアマイル結果
クリックすると元のサイズで表示します


※レース後追記 01:00
グランアレグリアにあっさり突破されこれで国内GT短距離路線は準統一され高松宮記念以外は全て纏められました

唯一残す高松宮記念は年内引退から取りに行くことなく未獲得で終わると思われます

これまでの経緯からこの馬はテイエムオペラオーの短距離統一バージョンとみればこの先向かう短距離GTで2度目の戴冠獲得なるかというのが焦点になってきます
※オペラオーとの類似点は統一翌年の初戦に大阪杯を選択し4着に敗退した履歴です

テイエムオペラオーを参考にすると00年 中長距離古馬GT統一した翌年天皇賞春を連覇したところで役割が終了しました

オペラオーの【GT連勝】の始まりが春天からで翌年の春天連覇し打ち止め(春季番組で役割を全う)

これをグランアレグリアに当て嵌めるとこの馬のGT連勝は前年安田記念からスタートしています
※大阪杯敗退は中距離なのでノーカウントです(スプリント・マイル戦出走機会においては短距離GT連勝継続中)

やはりオペラオーと同じくスタートしたGTで役割を全うするのではと考えるとグランアレグリアは安田記念連覇し春季番組でその役割は終えるとの想定でいます

最後のGT制覇とみる安田記念では頭から狙いたいと思います

ではでは




AutoPage最新お知らせ