ジャパンカップ・京阪杯見解  競馬


ジャパンカップはコントレイルから入ります

その理由としては無敗の三冠馬は初黒星を喫したレースで必ずリベンジを果たしてきた側面があるからです

★シンボリルドルフ

初黒星
ジャパンカップ3着⇒翌年1着勝利


★ディープインパクト

初黒星
有馬記念2着⇒翌年1着勝利


★コントレイル

初黒星
ジャパンカップ2着⇒翌年1着?


一番最後に一番最初にケチが付いたレースを選んだということはリベンジして花道を飾りたい意志と思われます

阪神施行GTの獲得はタブーから大阪杯3着・宝塚記念回避、ルドルフ・ディープに倣い秋天の1着席も獲得成らずと色々と制約のかかった中でやっと羽を伸ばせるレースが来たそれがジャパンカップだとみます

問題の相手ですが去年から始まった3年限定の東京12レース化から去年の三冠馬3頭決着に続いて過去に無い今年にやらなければならない決着性になる事は難しくないです

とすれば過去に無いダービー馬4頭の競演からシンプルにダービー馬決着が妥当ですがその中でもマカヒキ・ワグネリアンはその対象から外れます

グレード制が敷かれて以降近年歴史に存在しなかったダービー馬それがシャフリヤールです

★初の17頭立てダービー馬(出走取消は除く)

★初の乗り替わりダービー馬


この非京都開催ならではの今後真似が出来ないダービー馬として誕生したのがシャフリヤールです

よってこの唯一性を刻むなら今年しかダービー馬決着のチャンスは無いとみます

しかもコントレイルの対角にはワグネリアン、シャフリヤールの対角にはマカヒキとダービー馬にダービー馬の戦歴を二重に塗り替える枠順は今後生きてる内にお目にかかる事ができるかどうかそれぐらい滅多に見られない貴重な枠順だと思います

次にシャフリヤールを裏付けるものとしては秋季の古馬GTオペレーションは3歳馬の連対投入が既定路線とみます

スプリンターズSをピクシーナイトが1着、秋天をエフフォーリアが1着、エリザベス女王杯をステラリアが2着、先週のシュネルマイスターが連対ならもう無視できないとみてましたがやはり2着連対となり今後を予測するならチャンピオンズカップはソダシ、有馬記念はエフフォーリアらと見えてくるならジャパンカップも3歳馬の連対は必須条件と思われるます

万が一にもシャフリヤールじゃなかった場合も想定しMユーバーレーベンも入れておきます

前年三冠馬3頭がオークス・ダービー・オークスの東京2400m勝歴が今年引き継がれるとみればコントレイル ダービー・シャフリヤール ダービー・ユーバーレーベン オークスと前年と同じようで相違がありながら同一要素は継承とこの3年限定決着に添ったものとなると思われます

3着候補は他では3歳限定の東京2400m重賞勝歴を持つFオーソリティなら前年と同じ3連複1人気の変則決着となり、Bブルームは英ダービー1着裏同枠から起用なら馬番2・3・4の3連続馬番の変則決着、そのブルーム対角には馬主金子真人の3頭並びから1頭起用なら真ん中のブルーム対角Oユーキャンスマイルが代用になるとみてこれらを3着とします

コントレイル・シャフリヤール・ユーキャンスマイルの語尾ル決着という遊びがあってもいいかもです

まとめると1着コントレイル、2着は3歳最有力シャフリヤールか次点ユーバーレーベンとします

京阪杯ですが軸推奨箇所は正逆1・4・8の中から軸は正逆1と4から取りました

では重賞見解です


★ジャパンカップ

単勝
Aコントレイル

馬連単
A=CM

3連複単
A=C=FMBO※Q

※15:00
3着にQジャパン追加



★京阪杯

単複
Cオールアットワンス
Oライトオンキュー

馬連単
CO(L)=BMNADK



ジャパンカップ結果
クリックすると元のサイズで表示します



京阪杯結果
クリックすると元のサイズで表示します


レース後追記 26:00
コントレイルの勝利は理想的もオーソリティの連対はずらして欲しかったのは本音です

オーソリティはアルゼンチン共和国杯連覇から今後のGT連対以上が約束されてた訳ですが個人的に有馬記念で使ってほしい切符でありジャパンカップで使われることは不本意でした

秋天上位3頭がそれぞれ今後の秋季GTへと足跡を残す事を想定の範囲内で継続したことには満足です

秋天
エフフォーリア 次走有馬記念1着?
コントレイル ジャパンカップ1着
グランアレグリア 想定香港カップ1着✕⇒マイルCS1着


グランアレグリアは香港カップの希望がJRAからのお達しでレイパパレ優先から香港断念⇒国内専念マイルCSの流れだったのは残念ですが秋天上位3頭の秋季GT勝利の流れから最後はエフフォーリアが締めてくれるとみてます
※香港マイルは香港マイル最強馬降臨=香港馬の勝利確定からグランアレグリアの登録すらさせてもらえず(花道は勝利しての引退のため)

シャフリヤールを3着にしたのは来年勝馬にするための措置に見えました

3歳馬連対の流れは一区切りとなりましたがチャンピオンズカップでもソダシか他3歳馬が仕切り直しで連対確保してくれる想定でいます

チャンピオンズカップで須貝・吉田隼人が復活なら有馬記念ではステラヴェローチェのリベンジ復活も見えてきます

ではでは

ラジオNIKKEI杯京都2歳S見解  競馬


本日は時間の都合上、考察等は省略します

ジャパンカップですが枠組みからみればコントレイルは大丈夫です

では重賞見解です



★ラジオNIKKEI杯京都2歳S

複勝
Aディープレイヤー

馬連単
AH@=AH@GDE



ラジオNIKKEI杯京都2歳S結果
クリックすると元のサイズで表示します


ではでは

マイルCS見解  競馬



今年のマイルCSにはサマーマイル王者が参戦します

その切り口から考察します


★サマーマイル王者参戦年


14年 マイルCS

サマーマイル王者
6枠Jクラレント 関屋記念1着・京成杯AH1着
↓↓↓
1着 6枠Kダノンシャーク


15年 マイルCS

サマーマイル王者
5枠Hレッドアリオン 関屋記念1着・京成杯AH16着=2着対角
↓↓↓
2着 5枠Iフィエロ


17年 マイルCS

サマーマイル王者
8枠Oウインガニオン 関屋記念2着

4枠G 逆11マルターズアポジー 関屋記念1着・京成杯AH1着枠
↓↓↓
1着 8枠Qペルシアンナイト

2着 6枠Jエアスピネル


これらから関屋記念の賞金加算歴サマーマイル王者枠は連対枠となり、そこに付随するものとして関屋記念賞金加算馬が京成杯AHで連対配置されたタイプの位置もしくは関屋記念賞金加算馬と京成杯AH連対配置馬が接触するところから稼働する馬が誕生すると思われます

今年のサマーマイル王者は関屋記念賞金加算馬のKロータスランドからこの枠が連対候補、付随するものとして関屋記念賞金加算馬ロータスランドと京成杯AH1着Lカテドラルが裏同枠、京成杯AH1着枠Jグレナディアガーズが同枠と万全なことから5枠を軸に入ります

ここから触れたいのは阪神マイルGTについてです

通常の京都開催が施行条件下では

阪神JF(牝馬限定)
朝日杯FS
桜花賞(牝馬限定)

この3レースしか存在しない古馬では獲得出来ない戦歴となっています

牡馬が阪神マイルGTを生涯獲得するチャンスは朝日杯FSの1回だけ、牝馬は2回までが現状です

そしてここにもタブーは存在してあり阪神マイルGT獲得上限が2勝からグランアレグリアが朝日杯FSに1人気で挑戦も3着敗退から桜花賞を制覇し去年の阪神マイルCSを獲得するまでこの条件を待ったことからも後に阪神マイルGT獲得を約束されてた朝日杯FSの敗退と捉えれば勝たせてもらえなかった経緯も理解できます

よって今回阪神マイルGT3つ目を狙うグランアレグリアはタブーの前に弾き返されるとみます

2人気シュネルマイスターはNHKマイルCのタイトルが邪魔をするのでこちらも1着を否定します

去年の秋季から阪神変則開催になったことで京都では叶わなかった異例な決着性や戦歴が発生してます

それが去年エリザベス女王杯を勝ったラッキーライラックによる史上初の阪神GT3勝です

ラッキーライラック
阪神JF
大阪杯
阪神・エリザベス女王杯


牝馬クロノジェネシスの記念グランプリGT3連勝

クロノジェネシス
宝塚記念
有馬記念
宝塚記念連覇


秋天で起きた史上初の皐月賞馬決着

エフフォーリア 皐月賞馬
コントレイル 皐月賞馬(三冠馬)


以上からここでも史上初が発生すると想定した場合可能なのは牡馬による阪神マイルGT2勝目という歴史的瞬間があり得ると判断しました

その歴史を塗り替えられる候補は、

Hグレナディアガーズ 20年 朝日杯FS勝馬
Cサリオス 19年 朝日杯FS勝馬


この2頭のどちらかが1着席に近い存在とみます

もしくはこの2頭の朝日杯馬による決着性もあり得ます

まとめると単勝候補はHグレナディアガーズCサリオスとし、馬連の軸には5枠2頭から入ります

では重賞見解です


★マイルCS

単複
Hグレナディアガーズ
Cサリオス

馬連単
HI⇔CL@

ワイド
HI=@A



マイルCS結果
クリックすると元のサイズで表示します


レース後追記 24:00
非京都開催故の阪神マイルGT3勝目クリアとなりました

しかも阪神マイルGTは通常連覇があり得ない世代GT限定戦のみとしてきたものをこの非京都の過渡期に今後誕生しない古馬GT戦で連覇という代物を残したのはやはりこの限定された時期ならではの足跡と思われます

この先長年に渡り阪神マイルGTを唯一連覇した馬としてグランアレグリアの名が遺されていくのでしょう

決着性からみれば5月の同時期東京マイルGT勝馬同士の決着であり安田記念の騎手含む1〜3着の入れ替わりでした

来年は朝日杯FS馬による初が見れる設定に期待したいです

今日の決着からやはり過去にない決着性が示されたことでジャパンカップはコントレイルが最後を努めるとなれば前年菊花賞馬ワールドプレミアが回避したことから4頭揃い踏みの同一GT馬から同戦歴決着でもその中から唯一を持つタイプとの決着が発生するとみます

ではでは
タグ: マイルCS

東京スポーツ杯2歳S見解  競馬



本日は時間の都合上、考察等は省略します

では重賞見解です



★東京スポーツ杯2歳S

単複
Dレッドベルアーム
Aテンダンス

馬連単
DAG=@KBI



東京スポーツ杯2歳S結果
クリックすると元のサイズで表示します



ではでは

エリザベス女王杯・福島記念見解  競馬



まずは福島記念ですがフォーマットからは4系列(4人気・正逆4・14)起用から正逆4で現在4人気のCヴァンケドミンゴとその対角Lバイオスパークの2頭から入ります

エリ女ですがこちらもフォーマットから最優先は4系列(正逆4・14・24)で騎手に漢字 成の対角起用から逆24配置でF団野大成の対角Jソフトフルートと秋季GTは土曜関西メインの枠連が日曜GTに連動してることからデイリー杯2歳S1着枠の6枠からKデゼルの2頭からいきます

相手は前日重賞連対騎手から戸崎Bアカイトリノムスメとルメール@レイパパレ、デイリー杯2着枠の1枠からAクラヴェル、フォーマットから5系列(正逆5・15)起用からNウインキートス辺りまでとします

秋華賞馬の連対は条件付きなので厳しい立場から理想の決着構図はデイリー杯2歳Sの枠連6ー1となるJソフトフルートから@レイパパレかAクラヴェル、4系列の逆24VS5系列の正15決着のJソフトフルートVSNウインキートスが理想的です

では重賞見解です


★福島記念

単複
Cヴァンケドミンゴ
Lバイオスパーク

馬連単
CL=EJDKFI



★エリザベス女王杯

単複
Jソフトフルート
Kデゼル

馬連単
JKE=@ANB


岩田の息子 望来の重賞初勝利兼GT初勝利に期待します




エリザベス女王杯結果

クリックすると元のサイズで表示します



福島記念結果
クリックすると元のサイズで表示します



追記 18:00
エリ女が荒れるのは想定内でもあり正逆5・6・7VS正逆1・2・3内から馬連が発生することも想定内ですがいかんせんそのチョイスが酷すぎました

福島記念も正逆4ではなく5のほう、、、

流れは悪いですが来週のマイルCSはもう既に軸は決まっているので楽観的にみてます

確実な軸投入馬としてサマー王者ロータスランドの参戦から彼自身が現物となるか同枠馬が連対死守することは確定事項です

以上からマイルCSはロータスランド枠でありその考察は後日に挙げたいと思います

因みに圧倒的1人気グランアレグリアは阪神GTマイル勝ち2勝の壁に阻まれるとみて敗退が有力です

シャネルマイスターもNHKマイルC馬なだけに勝馬にあらず

本日エリザベス女王杯の結果を受けて有馬記念にウインマリリンが出走すれば戴冠すると思われます

今後のウインマリリンの行方に注目です

ではでは




AutoPage最新お知らせ