根岸S・シルクロードS見解  競馬



重賞競走を解読する上で自分が最終段階で難しい選択となるのは馬番か現物(馬そのもの)かという部分です

今年のここまでの重賞経過では馬番よりも現物が起用されている傾向です

そこを踏まえた上で2月もその流れに乗じて予測を立てていきたいと思います

まず根岸Sは解読する上でのキーレースは去年のマリーンSです

1着は正逆10と5ですが現物を起用する側に立ち当レース2着オメガレインボーを軸とします

オメガが否定されたら正逆10起用となります

そしてシルクロードSのキーレースは年末のラピスラズリSです

1着は正逆2と15ですが現物側に立つと当レース1着エーポス、2着タイセイアベニールのどちらかが起用されるとみてこの2頭から入ります

この2頭が否定された場合は正逆2か15が起用されるとみます

では重賞見解です



★根岸S

単複
Dオメガレインボー

馬連
D(K)=FGHE

ワイド
D(K)=@A


★シルクロードS

単複
Lエーポス
Dタイセイアベニール

馬連
LD=HI

ワイド
LD=@A



根岸S結果
クリックすると元のサイズで表示します


シルクロードS結果
クリックすると元のサイズで表示します



ではでは

AJCC・東海S見解  競馬



AJCCは枠順の骨格からは正逆8か2が起用の流れから接触ワイドを考えるとEポタジェかHボッケリーニは馬券になるとの判断から軸はGアンティシペイトから入ります


東海Sは枠順から連対位置が2箇所浮上していることからDスワーヴアラミスとBアイオライトの2頭軸でいきます

こちらも接触ワイドが発生するとみてます

では重賞見解です


★AJCC

複勝
Gアンティシペイト

馬連
G=HEJAL

ワイド
G=HE



★東海S

単複
Dスワーヴアラミス
Bアイオライト

馬連
DB=IH@

ワイド
D=CL
B=AN



AJCC結果
クリックすると元のサイズで表示します



東海S結果
クリックすると元のサイズで表示します


レース後追記 19:00
東海Sはスワーヴアラミスの単複とワイドが無事的中しました

その東海Sは三連続馬番決着の正逆4・5・6が起きたのでAJCCでは裏接触含めた馬連接触ゾロ目が出現することを想定しましたが結果正逆1による接触ゾロ目決着(対角ゾロ目)が起こりました

流石にそこをチョイスするには難しい箇所でした

AJCCは菅原が乗り替わったせいか軸がズレて若干変更があった気がします

ではでは
タグ: AJCC 東海S

京成杯・日経新春杯見解  競馬



まず京成杯ですが枠順骨格からの最優先連対として正逆4が指名されているのでCヴェールランスを軸とします

Iオニャンコポン位置はワイド候補とみてます

日経新春杯は正逆2・3・4から片方の連対馬が出現するとみますが軸にするには不向きなので他の指示で浮上した正逆9・10からGフライライクバードIヨーホーレイクを軸にとります

正逆3位置(2枠・正逆2含む)はワイドが成立するとみます

京成杯の1人気Dルメールと日経新春杯の1人気Cデムーロの両外国人騎手は信用度が低いため今回は疑い外します

では重賞見解です



★京成杯

単複
Cヴェールランス

馬連
CK=MBNJ

ワイド
CK=IF


★日経新春杯

単複
Gフライライクバード
Iヨーホーレイク

馬連
GI=NABM

ワイド
GI=NM



京成杯結果
クリックすると元のサイズで表示します


日経新春杯結果
クリックすると元のサイズで表示します


ではでは

愛知杯見解  競馬



本日は時間の都合上、考察等は省略します

GアイコンテーラーかHソフトフルートによる接触ワイドが発生する確率は高いです

では重賞見解です



★愛知杯

単複
@ルビーカサブランカ
Oラルナブリラーレ

馬連ワイド
@O=HGIF



愛知杯結果
クリックすると元のサイズで表示します


レース後追記 18:00
ルビーカサブランカ単複のみでした

接触ワイドの発生ポイントを正逆8に取りましたが正4 2着と逆5 3着の裏接触ワイドとなり捉えどころをミスりました

このポイントを掴まえることが今年の課題です

ではでは
タグ: 愛知杯

フェアリーS見解  競馬



フェアリーSは通常シンザン記念の流れを組むことが多いのでシンザン記念同様ならフェアリーSでも1人気ルメールの敗退が基本線となります

しかし代替開催という側面で去年の流れを追うとシンザン記念1人気敗退ルメールがフェアリーSで1着、シンザン記念1着福永がフェアリーS1人気で敗退と逆の流れを作りだしている部分をみればシンザン記念同様の1人気ルメール敗退とはならないとみます

枠順骨格からの解読でも今年のフェアリーSは1人気位置VS2人気位置決着と解明したので1人気ルメールを信じてHエリカヴィータから入ります

相手は2人気位置ですが現時点での2人気は流動的で@エバーシャドネーとBスターズオンアースが競った状態なので発売直前まで判断がつかないと思われます

よってHエリカヴィータからの2パターンを用意して直前2人気側の買い目を購入したいと思います

万が一2人気位置が起用されない時は接触ゾロ目かスプリットゾロ目が発生してるものとみます

では重賞見解です


★フェアリーS

単複
Hエリカヴィータ


2人気が@エバーシャドネー

馬連ワイド
H=@ODGI


2人気がBスターズオンアース

馬連ワイド
H=BMEJGI


15:20 買い目追記
現在Bスターズオンアースが1人気なので流動的にこの馬がそのまま1人気ならスターズオンアースから2人気位置のHか@を主体に購入します



フェアリーS結果
クリックすると元のサイズで表示します


レース後追記 18:00
クリックすると元のサイズで表示します


買い目追記に示した通り買い目を変更し1人気がBスターズオンアースのままで推移したのでこの馬から2人気Hエリカヴィータとその対角Gライラック、2人気エリカと競っていた3人気@エバーシャドネーとその対角Oフィールドシンパシー、それが不発の場合のスプリット決着からDスクルトゥーラへ流しやはり2人気位置となるGライラックが無事に投入されホッとしました

3着にはワイドで接触となるAビジュノワールでした

想定通りの位置が起用された訳ですが今年はこのタイプの枠組みのとき如何にプラス計上できるかにかかってくるとみてます

ではでは




AutoPage最新お知らせ