メモ秋華賞見解  競馬



今年の決着性を先に言えばこの3通りしかありませんパトカー

クラクラウリウリが連対しOP1800m賞金加算馬が相手

クラクラローズSの1・2着枠決着

クラクラ1・2人気の馬連1人気決着

いずれかが間違いなく発生しますパトカー

事前はウリウリに比重を置いてましたが枠順を見みれば見るほどどうしてもデニムを重くみざるえなくなりました見ザル

今年は01年再現な訳ですが…

クラクラローズバド
足跡フィリーズレビュー1着⇒オークス2着
↓↓↓
クラクラメイショウマンボ
足跡フィリーズレビュー1着⇒オークス1着

クラクラレディパステル
足跡フローラ2着⇒オークス1着
↓↓↓
クラクラエバーブロッサム
足跡フローラ2着⇒オークス2着

クラクラテイエムオーシャン
足跡チューリップ賞1着⇒桜花賞1着⇒オークス3着・1人気
↓↓↓
クラクラアユサン
足跡チューリップ3着(1着枠)⇒桜花賞1着
クラクラデニムアンドルビー
足跡オークス3着・1人気


今秋アユサンは離脱したため秋華賞を制したテイエムオーシャンを継承するのはオークスで1人気3着歴を持つデニムとなりますパトカー

オークス3着から秋華賞で起用されたタイプは過去にも…

砂時計98年
クラクラファレノプシス
足跡オークス3着⇒ローズS1着⇒秋華賞1着

砂時計04年
クラクラヤマニンアラバスタ
足跡オークス3着⇒秋華賞1着枠

砂時計06年
クラクラアサヒライジング
足跡オークス3着(1着枠)⇒秋華賞2着

パトカーオークス同枠カワカミプリンセス⇒秋華賞1着


そしてウリウリの評価を下げた理由には桜花賞アユサン回避がありますクラクラ

トロフィーチューリップ1着枠
1着 クロフネサプライズ
3着 アユサン⇒桜花賞1着

トロフィー桜花賞
1着 アユサン⇒オークス1着枠
3着 プリンセスジャック⇒オークス2着枠

クラクラオークス
1着枠
Bメイショウマンボ⇒桜花賞3着平行
Cアユサン⇒桜花賞1着


今年のステップ戦をみれば1・3着馬枠の重要度がみてとれますパトカー

アユサンを桜花賞馬へ押し上げた足掛かりは間違いなく優先権2枚配置チューリップ賞勝枠の4枠にありましたクラクラ

この構成はローズSでもデニム・ウリウリで表現されましたがアユサンは秋季出走を拒まれた時点で自身の出発着順3着を否定したものと捉えることができますSOS

となると1・3着枠から覇者誕生としながらも3着馬は否定なのでウリウリではなくデニム起用と読めますスパーク

続きますえんぴつ


0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ