菊花賞見解  競馬



コメント欄のショウナンラグーン変更となった根拠はこちら!(* ̄ー ̄)


《歴代の青葉賞馬で菊花賞連対(枠)馬》

青葉賞がOP指定後 菊花賞連対までたどり着いた青葉賞馬はたったの5頭!


☆88年 ガクエンツービート
【若葉賞 400万下2着】⇒青葉賞1着⇒ダービー出走【ダービー2着同枠】⇒京都新聞杯9着⇒菊花賞2着

※500万下(当時は400万下)出走歴はあるも500万下未勝利
※ダービーは2着同枠
※京都新聞杯で優先権獲得せず、掲示板外


☆91年 レオダーバン
500万下1着⇒青葉賞1着⇒【ダービー2着】⇒セントライト記念3着⇒菊花賞1着


☆93年 ステージチャンプ
【カトレア賞 500万下6着】⇒青葉賞1着⇒ダービー出走【2着対角】⇒京都新聞杯6着⇒菊花賞2着

※500万下出走歴あるも500万下未勝利
※ダービーは2着対角
※京都新聞杯で優先権獲得せず、掲示板外


☆95年 サマーサスピション
【500万下3着】⇒青葉賞1着⇒※ダービー未出走⇒京都新聞杯14着⇒菊花賞2着枠

※500万下出走あるも500万下未勝利
※ダービー未出走も菊花賞同枠にダービー馬タヤスツヨシ
※京都新聞杯で優先権獲得せず、掲示板外


☆11年 ウインバリアシオン
新馬1着⇒OP1着(500万下出走歴なし)⇒青葉賞1着⇒【ダービー2着】⇒神戸新聞杯2着⇒菊花賞2着


これらの個性を分けるとレオダーバンとウインバリアシオンは同一タイプ!

☆500万下に出走したら勝利、もしくは500万下に出走しない
☆ダービーは直接連対
☆菊花賞トライアルで優先権獲得


他の残り3頭といえばこれらも同一性の個性を所有したタイプ!

まず500万下に出走するも勝ち上がらないまま青葉賞を勝利!

そしてダービーにおいて2着連対配置歴!(サマーサスピションはダービー未出走からダービー馬タヤスツヨシ同枠でダービー連対歴を補完)

最後は菊花賞トライアルでの優先権獲得失敗と着順掲示板を外す手続き!

それらの3つの個性(手続き)を95年サマーサスピション以来、久しぶりに充たし持ち込んだのがショウナンラグーン!!

☆ショウナンラグーン
500万下2着⇒【山吹賞3着】⇒青葉賞1着⇒【ダービー2着対角】⇒【セントライト記念8着】⇒菊花賞の連対基準充たす!!


歴代の青葉賞馬で500万下出走歴を有しながら未勝利で菊花賞に出走したのはガクエンツービート・ステージチャンプ・サマーサスピションのみ、これら全てが連対し4頭目の出走となるのがショウナンラグーンです!

以上から軸Eショウナンラグーンから入ります!(  ̄ー ̄)ノ

菊花賞の連対指定は7枠か4枠です!

上記枠が連対しない場合に限りCかKが連対します!

重賞連対経験のないタイプの馬券対象入りはないとみます!

では重賞見解です!


※14:50 馬連単 3連複単追加


★菊花賞

単複 E

枠連
3ー7・4

馬連単
【E⇔N】

E
⇔MGFCK

※追加
N⇔H 神戸新聞杯同枠歴ゾロ目決着
N⇔C 神戸新聞杯再会馬券

これらの3着位置に重賞勝馬の3連複単購入します!

3連複単
E
⇔NMC
⇒NMCGHFK

※追加
MN
⇔MN
⇒HECFKG


レオダーバン以来となる青葉賞馬の菊花賞制覇をショウナンラグーンに託します!!(* ̄∇ ̄)ノ

ではではorz
0
タグ: 菊花賞



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ