3歳戦の既定戦歴  競馬



14年は番組変革の象徴の一端として3歳牡馬3冠での勝馬1枠A統一と秋季古馬3冠での勝馬2枠C統一などで区切りの年としてみせてきた訳だが全ては新世代となる2歳戦の路線整備のためでありその骨組みの根幹となるGT中山朝日杯を阪神に移動させ2歳GT同場施行の統一元年とすることが最も重要であった!

2歳変革新世代でも同様に前年牡馬3冠や秋季古馬3冠と同一の統一性を求めてくることは明白だ!

★前年牡馬3冠

皐月賞
2着 トゥザワールド《弥生賞1着》

ダービー
1着 ワンアンドオンリー《弥生賞1着枠》

菊花賞
2着対角Nワンアンドオンリー《弥生賞1着枠》

有馬記念
2着 トゥザワールド《弥生賞1着》


★前年秋季古馬3冠

天皇賞秋
1着枠 デニムアンドルビー《ドバイシーマクラシック》当年海外GT出走歴

ジャパンカップ
1着 エピファネイア《クイーンエリザベス2世S》当年海外GT出走歴

有馬記念
1着 ジェンティルドンナ《ドバイシーマクラシック》当年海外GT出走歴


戦歴からも統一性は一目瞭然!

この新世代が3歳重賞で求めている統一性は2歳戦がベースになると思われる!


★2歳重賞

《GU戦》
京王杯2歳S
2着 サフィロス 未勝利1着⇒OPカンナS1着

デイリー杯2歳S
1着 8枠Hタガノエスプレッソ
対角 1枠@ケツァルテナンゴ 新馬1着⇒OP中京2歳S1着

ホープフルS
1着 5枠Iシャイニングレイ
同枠Hダノンメジャー 新馬1着⇒OP野路菊S1着

《GT戦》
阪神JF
1着 ショウナンアデラ 未勝利1着⇒500万からまつ賞1着

朝日杯FS
1着 ダノンプラチナ 未勝利着⇒500万ベゴニア賞1着


既に今年施行されたGV戦は全て新馬(未勝利)勝ち上がり後に昇級戦500万初戦を見事に連勝してクリアしたタイプばかり!

この戦歴の指針は間違いなく2歳GTから引き継がれた戦歴だ!

一方の3歳GU戦はいまだ施行されていないが2歳GU共通戦歴の新馬(未勝利)勝ち上がり後に昇級戦にOP戦初戦を選び連勝でクリアした戦歴がベースになると予想される!

2歳GT戦歴を3歳GVへ、2歳GU戦歴は3歳GUへと戦歴の統一性で棲み分けをみせてくれるものと考える!


★3歳重賞

シンザン記念
1着 7枠G 逆Cグァンチャーレ
対角4枠Cレンイングランド 500万寒椿賞1着⇒OPクリスマスローズS1着

フェアリーS
2着 8枠N 逆Aローデッド
対角1枠Aコートシャルマン 新馬1着⇒500万りんどう賞1着

京成杯
1着 8枠Pベルーフ
同枠8枠Nコスモナインボール 未勝利1着⇒500万アスター賞1着⇒OPアイビーS1着

2着 4枠Fブラックバゴ
同枠4枠Gタケルラムセス 新馬1着⇒500万寒竹賞1着

きさらぎ賞
1着 ルージュバック 新馬1着⇒500万百日草特別1着

クイーンC
1着 キャットコイン 新馬1着⇒500万ひいらぎ賞1着

2着 7枠M 逆Bミッキークイーン
対角2枠Bスマートプラネット 未勝利1着⇒500万サフラン賞1着

共同通信杯
1着 1枠@リアルスティール
隠れ同枠2枠Aティルナノーグ 新馬1着⇒500万紫菊賞1着

2着 ドゥラメンテ 未勝利1着⇒500万セントポーリア賞1着

今後のGV戦 アーリントンC・ファルコンS・毎日杯でもこの戦歴に左右されるはず!

そしてGU戦 弥生賞・フィリーズレビュー・スプリングS・ニュージーランドTではホープフルS勝馬のシャイニングレイや共同通信杯勝馬のリアルスティールや東スポ杯2歳S勝馬のサトノクラウンのような新馬勝ち上がり後のOP重賞連勝馬らは特注となる!

ただしこの世代にみる重賞勝馬に重賞連勝馬はいまだに存在していない!

よってシャイニングレイ・リアルスティールタイプが今後GU戦で連勝するかという部分に若干疑問を感じる!

このタイプは直接連対なら2着まで、1着枠なら連対否定の同枠補佐か対角配置が妥当と想定する!

明日はフェブラリーSについて!

ではでは!

0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ