皐月賞・アンタレスS見解  競馬




紆余曲折しましたが皐月賞のまとめ考察です

まずニシノデイジーについては皐月賞かダービーどちらかで連対席にセットされた状態でありいつ稼働してもおかしくない状態ですがフォーマット解読からダービー側でと判断しました

簡単に例えればロジユニヴァース路線との解釈です

よってニシノデイジーからの万馬券はダービーにおいてダノンキングリーとの連勝馬券で起こり得るとの判断から今回の皐月賞では馬連万馬券は起きないとみます


皐月賞との同一フォーマットからの解読ですがスプリングS(正1 2着)、弥生賞(逆1 1着)、オーシャンS(1人気 1着)、阪急杯(正1 2着)等から1要素となる正逆1か1人気起用から軸@アドマイヤマーズから入ります

ここからはアドマイヤマーズを後押した考察です


★同戦歴セット

15年 皐月賞
Aドゥラメンテ(共同通信杯2着) 【デムーロ】1着
Bスピリッツミノル(すみれS1着)


★再現年

17年 皐月賞
1着 6枠池江厩舎
2着 ペルシアンナイト池江厩舎【デムーロ】

13年 皐月賞
1着 ロゴタイプ(朝日杯FS勝馬)【デムーロ】
2着 角居厩舎


★同大会数

09年 69回皐月賞
1着 友道厩舎

99年 59回皐月賞
1着 6枠12


相手筆頭には上記に見えている6枠・角居・6枠12から気が進みませんがサートゥルナーリアにします

サートゥルナーリアを後押しする考察として、

★すみれS1着・スプリングS2着セット

13年 皐月賞
1着対角 弥生賞3着

DスプリングS2着⇒対角M2着


12年 皐月賞
1着対角 弥生賞3着

EスプリングS2着⇒3着


10年 皐月賞
1着同枠 弥生賞3着

EスプリングS2着⇒対角L1着


以上から弥生賞3着の同枠(隣馬)や対角の連対を最優先するとLブレイキングドーン、対角Eクラージュグリエ、隣馬Kサートゥルナーリアが有力と考えます

これに次いで桜花賞と似た決着構図となる弥生賞1・2着同枠のHシュヴァルツリーゼとスプリングS2着位置BファンタジストOタガノディアマンテまで押さえます


最後に主催者がリステッド競走(L)を付与したオープン競走(OP)変革からの事後検証でこの世代にもたらしてきたものを記します


★アドマイヤマーズ
OP中京2歳S1着【7頭立て】⇒GT朝日杯FS1着

★サートゥルナーリア
OP萩S1着【7頭立て】⇒GTホープフルS1着

★アドマイヤジャスタ
500万 紫菊賞1着【7頭立て】⇒GTホープフルS2着

★ランスオブプラーナ
500万 アルメリアS1着【7頭立て】⇒毎日杯1着

★カテドラル
OP野路菊S1着【6頭立て】⇒アーリントンC2着 1着同枠

先週の桜花賞でも、

★アウィルアウェイ
OPダリア賞1着【7頭立て】⇒桜花賞1着同枠


GT及び重賞1着枠には【OP7頭立て以下の勝歴】(GU・GVは500万歴可)が重要戦歴として機能しているのがこの世代です

そしてその切符は1度限りの使いきりからサートゥルナーリアの萩S勝歴は機能しないはずです

今回の皐月賞で鮮度の高い7頭立て以下のOP勝歴を有するのは、

Aサトノルークス【6頭立て すみれS1着】

のみで重賞ならダノンキングリー 7頭立て 共同通信杯1着ですがダノンキングリーの7頭立てはダービーでこそ発揮される切符とみることからサトノルークスの1枠アドマイヤマーズが今年の勝馬に一番相応しいとみます

朝日杯FSで1人気はグランアレグリアに譲ったものの着順で1着歴を獲得し、それぞれが平成最後のクラシック桜花賞と皐月賞を揃える関係性を示すなら桜花賞をグランアレグリア勝利したことから皐月賞はアドマイヤマーズを駆るデムーロ5度目の皐月賞制覇側を期待します

では重賞見解です


★皐月賞

単複
@アドマイヤマーズ

馬連単
@⇒KILEDBO

3連複単
@⇒KILED⇒BO


★アンタレスS

単複
Hアナザートゥルース
Gリーゼントロック

馬連単
O@⇒HGIF(BM)


ではでは
0

アーリントンC見解  競馬



明日は皐月賞ですがその先のダービーについて触れたいと思います

今年のダービー馬はダノンキングリーだと思われます

色々な側面があるなか時代背景からみれば17年のクラシックが近い点です

17年⇔19年
朝日杯FSを牝馬が1人気獲得
ホープフルS馬がぶっつけ皐月賞で鞍上がルメール
毎日杯を松山が勝利
等々

結果から言えば1人気牝馬4枠Gファンディーナ敗退も対角逆G Jアルアイン1着、1人気同枠 4枠Fペルシアンナイトが2着、ホープフルS馬レイデオロ5着、2人気の共同通信杯馬スワーヴリチャード6着でした

今年の皐月賞・ダービーがこれらをトレースするなら皐月賞は正逆Gが1着し1人気隣が2着となり、ホープフルS馬と共同通信杯馬は皐月賞を連対否定され先のダービーで1・2着する流れとなります

今年の流れをみれば重賞におけるダノンの勢いが凄まじく、高松宮記念をダノンスマッシュが1人気敗退、桜花賞をダノンファンタジーが1人気敗退、そして前年ダービーをダノンプレミアムが1人気敗退と3度のGT敗退歴を刻ませていることからそれら見返りとなるGTをダノックスに主催者が間違いないなく獲得させるならダノンキングリーのダービー制覇が賞金面や名誉といった部分からみても馬主に一番納得と満足させられるものと考えます

以上からダービーはダノンキングリーを狙いたいところです


本日のアーリントンCは今後の皐月賞・ダービーを左右する面から注目です

毎日杯1着ランスオブプラーナと対角1人気歴3着だったヴァンドギャルド

ヴァンドギャルドは今日ここで覚醒してNHKマイルCを連勝しダービー1着枠に組み込まれるとの先読みから毎日杯と同様に懲りずにヴァンドギャルドの頭から入ってみたいと思います

フォーマットからは@ミッキースピリットOヤマニンマヒアを重くみて他正逆A@CEを押さえます

では重賞見解です


★アーリントンC

単複
Kヴァンドギャルド

馬連単
K⇒@OQAPNCE


ではでは
0

桜花賞見解  競馬



桜花賞ですがフォーマットは大阪杯と基本的には一緒であり、ある特定馬が持つレース限定馬番から紐解く手法に変わりありません

大阪杯では特定馬ペルシアンナイトが持つ限定馬番が12と4でありこの逆番にあたるBアルアインとJペルシアンナイトを軸として浮上させました

同じ手法で紐解くと桜花賞での特定馬はクロノジェネシスでこの馬の持つ限定馬番7と22から逆番にあたるのはNダノンファンタジーとKノーワンとなることからこの2頭を軸とします

その相手候補としては阪神JF馬がチューリップ賞を制した年を切り口とします


★阪神JF馬がチューリップ賞制覇年


01年 テイエムオーシャン
2着 Lムーンライトタンゴ 前走500勝ち【トライアル不出走】

3着 Kダイワルージュ 前走アネモネS1着
同枠Jフローラルグリーン 前走エルフィンS1着


07年 ウオッカ
2着 ウオッカ 前々走エルフィンS1着

1着同枠ベリーベリナイス 前走エーデルワイス賞【トライアル不出走】


09年 ブエナビスタ
2着 レッドディザイア 前走エルフィンS1着【トライアル不出走】


11年 レーヴディソール(桜花賞不出走)
1着 マルセリーナ 前走エルフィンS1着【トライアル不出走】


17年 ソウルスターリング
出走取消サロニカ 前走エルフィンS1着

※取消によりエルフィンS1着歴とトライアル不出走歴は起用されず


18年 ラッキーライラック
1着 アーモンドアイ 前走シンザン記念(京都OP1600m)1着【トライアル不出走】


阪神JF⇒チューリップ賞統一初年の01年の3着枠止まり、同馬自身が取消となった17年以外は京都OP1600m戦のエルフィンSかシンザン記念の勝馬が連対席に着いています

これらの年では重要戦歴としてトライアル不出走歴がありそれらを守った枠も連対しています

去年アーモンドアイを本命にした根底にはこの考察がありました

そして近年の桜花賞では牡馬混合重賞の賞金加算歴も必須であることからこれらを纏めると、


エルフィンS1着
【Hアクアミラビリス】

トライアル不出走
Gグランアレグリア
Hアクアミラビリス
Iフィリアプーラ

牡馬混合重賞 賞金加算歴
Fアウィルアウェイ 京王杯2歳S2着
Gグランアレグリア サウジアラビアRC1着


この中から最有力としてHアクアミラビリスを挙げたいと思います

次点でIFGとします

これらが崩れたパターン用としてダノンファンタジーの対極に位置するタイプから、阪神JF1着2着枠再現となりオープン以上で賞金加算しないものの馬券対象から外れなかったBノーブルスコア、重賞を勝たないもののGT以外では2着のみ賞金加算してきたMビーチサンバとの純粋ゾロ目決着まで押さえます

では重賞見解です


★桜花賞

単複
Nダノンファンタジー

馬連単
N(K)⇒HIFGMB


ではでは
0
タグ: 桜花賞

ニュージーランドT・阪神牝馬S見解  競馬



本日は時間の都合上、考察等は省略します

明日の桜花賞は表の勝馬としてはダノンファンタジー、裏の勝馬としてはノーワンがそれぞれセットされています

現時点ではこの2頭から入る予定です

では重賞見解です


★ニュージーランドT

単複
Jアラガス

馬連単
J⇒@NLB(KCAMI)


★阪神牝馬S

単複
@サラキア

馬連単
EG⇒@MCJAK

※14:00
単複をEカンタービレから@サラキアに変更


ではでは
0

大阪杯見解  競馬



昨夜のドバイは個人的にはまずまずの結果でした

投稿に間に合わなかったゴールデンシャヒーンでも軸はAインペリアルHマテラスカイ2頭軸からBエックスで当たりを拾えましたが問題はメインのワールドカップでこのレースは荒れると踏んで人気薄を挙げましたがFグロンコウスキーが4コーナー先頭をみて「しまった!これか!」と敗退を確信しました( TДT)

少し勿体なかった訳ですがワールドカップを仕留められない、最近の重賞低調の理由は花粉症のせいと己に言い訳しつつ、自身のメンタルを奮い立たせ、運気が変わる4月を待ちたいと思います

では3月最後のGT大阪杯ですがフォーマット単体から紐解いていきます

軸には2頭軸となるBアルアインとJペルシアンナイトをとります

同一フォーマットからは正逆1か2の連対が浮上しフォーマット単体でも正逆1・2が重なったので1枠2枠のダービー2頭を最優先します

他は正逆6からEキセキHエアウィンザー、押さえで8枠とします

先週高松宮記念を1人気で敗退した北村友一のアルアイン側を希望してます

では重賞見解です



★大阪杯

単複
Bアルアイン
Jペルシアンナイト

馬連単
BJ⇒A@HEJML


ではでは
0
タグ: 大阪杯




AutoPage最新お知らせ