「住む」をデザインしながら思うこと
そこでの生活の中で ホッと居心地が良かったり、ふと何か発見があったり・・そんな時間を過ごしてもらいたくて
頭の中で何回も平面図の上を歩き回っては 仮想生活をしてみます

「お店」をデザインしながら考えること
そこに集うお客さん達にとって どんな時間の過ごし方がいいのか、どんな空間が心地いいのか
そして 何度も足を運んで頂くには・・・そんなことを考えながら プラン中の全席に座って店内を見渡してみます
2011/10/3  22:10 | 投稿者: masa

梁せい(高さ)が 六百いや七百ミリ
黒く 鈍く 光る

この梁は残さなければ・・

どこかの住宅会社「こんな古い家、建て直しましょう」
口車に乗らず 思い止まった家主さん
よくぞ よくぞ・・

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

新築では こうはいきません
この家で生まれ育った ご主人の憩いの間へ



時代が残してくれた空気に包まれて
自然の光 風 を取り入れて

新しい設備の快適性をプラスして

そして ご家族の笑い声とともに
これからもずっと 続いていきますように 

クリックすると元のサイズで表示します

建築面積 223u   延床面積 258u

2007. 4
0

2011/10/1  19:20 | 投稿者: masa

店のイメージをつくるとき いろんなヒントを
探っていくのですが この店は「とにかく銀色の店を!」
の オーナーのつよい一言で 路線が決定。

お店のコンセプトが“色”というのも珍しいのですが
“銀色”の持つイメージを どう表わしたらいいのか?
いろいろ考えて・・ つくってみました

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

「ただ、銀色 集めただけじゃん」って
誰かの声が 聞こえてきそうですが・・

銀色もなかなか 深かったですね
銀色 シルバー 鉛 鈴 ステンレス アルミ・・・
ソファーの張り地まで 銀色がありました

今まで あまり使ってこなかった色なので 「とにかく銀色の店を!」
の一言で いろいろ勉強になりました



こちらの店も ロゴマークまで提案
いつもの筆書体ではなく
銀色のイメージで フォントを選択
クリックすると元のサイズで表示します

銀座には珍しい“銀色”のクラブになりました

店舗面積 70u

2010. 11
0




AutoPage最新お知らせ