「住む」をデザインしながら思うこと
そこでの生活の中で ホッと居心地が良かったり、ふと何か発見があったり・・そんな時間を過ごしてもらいたくて
頭の中で何回も平面図の上を歩き回っては 仮想生活をしてみます

「お店」をデザインしながら考えること
そこに集うお客さん達にとって どんな時間の過ごし方がいいのか、どんな空間が心地いいのか
そして 何度も足を運んで頂くには・・・そんなことを考えながら プラン中の全席に座って店内を見渡してみます
2013/10/3  13:03 | 投稿者: masa

静岡からの客人と
原鶴温泉“六峰館”に宿泊

数年前に和モダンに改装されたらしく
気取りのない程度に心地よく
遠くからの客人だけでなく
近くに住んでる我々も
慣れ親しんだ筑後平野と筑後川が
ちょっと違って見えました


 
クリックすると元のサイズで表示します
夕食の時に出してもらった
若竹屋の“渓”たに という純米吟醸
軽いのどごしで 香りと濃くもあり
日本酒はあまり得意でないわたしも
クイッといってしまいました



次の日は
湯布院まで足をのばし

天井桟敷や鍵屋 玉の湯など(写真は違いますが・・・)
いつも必ず立ち寄るところを
そぞろ歩きながらご案内

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
お土産を物色中の奥さんたちを横目に
男性陣はビールを探すのですが・・
観光地には意外と売ってなく    断念!


そのあとは 九重廻りのドライブ

“轍”というイタリアンで 遅めの昼食をいただいて
戻ってまいりました。
0




AutoPage最新お知らせ