「住む」をデザインしながら思うこと
そこでの生活の中で ホッと居心地が良かったり、ふと何か発見があったり・・そんな時間を過ごしてもらいたくて
頭の中で何回も平面図の上を歩き回っては 仮想生活をしてみます

「お店」をデザインしながら考えること
そこに集うお客さん達にとって どんな時間の過ごし方がいいのか、どんな空間が心地いいのか
そして 何度も足を運んで頂くには・・・そんなことを考えながら プラン中の全席に座って店内を見渡してみます
2014/8/31  22:29 | 投稿者: adesso

英国調の家 やっとここまできました
といっても 今月初めにお客様よりメールしてもらった写真です

クリックすると元のサイズで表示します

なかなか現場の方へ足を運べず 監督さんとはメールと電話での
打ち合わせばかりになってます。
メールで現場の写真が見れるのは便利になっていいのですが、
やっぱり自分の目で確認しないと 不安は拭えません。


クリックすると元のサイズで表示します

今回、出来上がりを楽しみにしている
階段室吹き抜けの 天窓です
狭くて暗くなりがちな空間に
たっぷりと光を落としてくれてました。



0

2014/8/28  18:20 | 投稿者: adesso

長く雨の日が続いてますが 監督さんのおかげで
なんとか順調に進んでます。

クリックすると元のサイズで表示します

台風が近づく恐れがあるたびに ネットを上げたり
晴れ間が見えれば その隙に 外回りを進めたり
天気とのたたかいになっております。
建築の現場も 監督さんの采配で大きく変わります


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

昔からの梁を掃除して
天井近くの壁に小窓を付けたら 新しくなった天井板を
その窓からの光が優しく照らしてました

クリックすると元のサイズで表示します

この窓も 出来上がりが楽しみな窓です

床の方も下地まで終わり それぞれの部屋の感じが
わかるようになってきて お客さんとの打ち合わせも
「ここに 薪ストーブですよね。 煙突がこ〜だから、壁をこ〜抜きましょうか?
それとも 屋根にまっすぐ通しますか?」など 具体的な話が増えてきました。

ストーブ工事や内壁の珪藻土塗りは お客さん自身でされることになっています。
ご自宅の改修工事の時 すでに経験済み! 頭が下がります

住宅の工事で お客さんが直接手形(手跡)を残す!というのは
ほんとうに素晴らしいことだと思います。
施工する側も しっかり協力し 一緒に作り上げる気持ちが大事ですね。
0

2014/8/22  15:34 | 投稿者: masa

銀座に喫茶店の計画です。

色を着けずに モノクロでご提案することがあります


スケッチを見ながら 色だけではなく素材の感じも自由に考えることができて

イメージが拡がりますね。


すでに何軒も店をお持ちのお客さんの一言でした。
 
クリックすると元のサイズで表示します


0




AutoPage最新お知らせ