「住む」をデザインしながら思うこと
そこでの生活の中で ホッと居心地が良かったり、ふと何か発見があったり・・そんな時間を過ごしてもらいたくて
頭の中で何回も平面図の上を歩き回っては 仮想生活をしてみます

「お店」をデザインしながら考えること
そこに集うお客さん達にとって どんな時間の過ごし方がいいのか、どんな空間が心地いいのか
そして 何度も足を運んで頂くには・・・そんなことを考えながら プラン中の全席に座って店内を見渡してみます
2016/2/25  22:38 | 投稿者: Masaki

こちらも筑豊地方
直方のお隣 飯塚に建築中。

洋風建築をご要望だったので
全体バランスは ほぼシンメトリー
開口部は小さめで リズミカルに配置
デザイン上 要所にアーチを取り入れ
今、お持ちの ヨーロピアン家具が
馴染んでくれるよう計画しました

クリックすると元のサイズで表示します

養生シートがなくなるまで もう暫し我慢です

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

リズミカルな窓を意識してます
0

2016/2/24  0:32 | 投稿者: Masaki

以前アイデアスケッチを紹介をしていた
直方の住宅が だいぶん出来てきました

養生シートが被ってて
よくわからないでしょうが
シートの向こう側には
意匠的な十字(クロス)の・・・・
クリックすると元のサイズで表示します
次回のアップをお楽しみに

クリックすると元のサイズで表示します
ベランダも三角屋根をのせて
意匠を合わせてます

クリックすると元のサイズで表示します
その三角屋根を持つ部屋
内側も屋根の形がそのまま表わされ
大きな三角のガラスの窓が 開放感をつくりだしてます

この部屋から 筑豊本線の電車を見るのが
待ち遠しいのは お施主さんだけではなく
私も楽しみにしております。

ある巨匠建築家が言ってました
「窓の位置は、そこから見える風景で決まる」
だから、プラニングの前には 現地に立って
グルッと周りを見渡すようにしています。


0

2016/2/18  23:20 | 投稿者: Masaki

柳川では 2月11日より4月3日まで
「柳川雛祭りさげもんめぐり」というのがあり
市内の主な観光スポットや 個人のお宅でも
代々受け継がれてきたお雛様やさげもんを展示してあります

期間内は自由に見て廻れるようになってます。


うちはさげもんめぐりのコースには入っておりませんが
なぜか今年は 2階の図書コーナーにちょっと手をいれ
柳川まりの 展示コーナーを作ってます

と云うのも
妹が 柳川まりを作ってて
結構な数が揃いましたので ちょっと展示でも
ということで

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じな スペースを
作ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

私が云うのも何ですが
なかなか 丁寧にきれいに作られてます


ご興味のおありの方 いかがですか。

0




AutoPage最新お知らせ