「住む」をデザインしながら思うこと
そこでの生活の中で ホッと居心地が良かったり、ふと何か発見があったり・・そんな時間を過ごしてもらいたくて
頭の中で何回も平面図の上を歩き回っては 仮想生活をしてみます

「お店」をデザインしながら考えること
そこに集うお客さん達にとって どんな時間の過ごし方がいいのか、どんな空間が心地いいのか
そして 何度も足を運んで頂くには・・・そんなことを考えながら プラン中の全席に座って店内を見渡してみます
2020/1/5  23:24 | 投稿者: 政喜

昨年ご提案し、
今年建ち上がる予定の住宅

クリックすると元のサイズで表示します

こちらの敷地、唐津くんちで
山車が通る地域

去年から建築協定が厳しくなり
外観の雰囲気、特に屋根の色や外壁の
規制が明確になり 屋根は黒か濃いグレー
外壁は白基調で自然素材でなどなど
城下町の雰囲気を出していこうと
唐津市が打ち出しています

プランを考えるほうはたいへんになりますが
この地域協定の施行 私は賛成です。
観光国としてまだまだ未熟と思われる我が国も
地域色を出し その地域が一体となり
イメージを統一して 街全体の魅力を底上げすることも
大事なことだと思います

東京や京都だけじゃなく
最近では、SNSの情報のおかげで 田舎の方でも
外国の方の姿をよく見かけるようになりました
今住んでる柳川も 掘割の川下り観光で有名なところ
川を下るどんこ舟に乗ってるお客さんも
外国の方が多いような気がします。
川下りのコースになってるところだけは
少し気を遣って整備してあるような気もしますが
陸に上がり 散策となると
何のまとまりも感じられず 残念で仕方ありません。
柳川市も倉敷市などに見習い
美観地区の景観条例を早く設けてもらいたいと
切に望んでおります。

話は逸れましたが、唐津の城下町も
ますます魅力的になっていきますように。
0




AutoPage最新お知らせ