「住む」をデザインしながら思うこと
そこでの生活の中で ホッと居心地が良かったり、ふと何か発見があったり・・そんな時間を過ごしてもらいたくて
頭の中で何回も平面図の上を歩き回っては 仮想生活をしてみます

「お店」をデザインしながら考えること
そこに集うお客さん達にとって どんな時間の過ごし方がいいのか、どんな空間が心地いいのか
そして 何度も足を運んで頂くには・・・そんなことを考えながら プラン中の全席に座って店内を見渡してみます

お山にご挨拶

2019/5/2  8:34 | 投稿者: masaki

元号が新しくなった日
仕事の合間 抜け出して 奥さんと
近くのお山にご挨拶に行ってきました。

柳川の隣町 みやま市の清水山
子供のころから慣れ親しんだ山
我が家からは東の方 朝日が昇る山

中腹より少し上
最澄が開いたといわれている 清水寺


クリックすると元のサイズで表示します

令和の時代が 善い年でありますように。




クリックすると元のサイズで表示します

天台宗清水寺 本堂

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

新緑に埋まりそうな 山門(三門)
昔は息を切らしながら 下から参道を登ってきてました
そしてこの山門をくぐるたびに
凄いな〜 と思ってました。
ちょっとググってみたら
当時 京都から呼び寄せた
宮大工高田蕃蒸(ばんしょう)に命じて建立されたものだそう
道理で! 今更ながら納得。


クリックすると元のサイズで表示します

駐車場へ向かう道沿いには
三重塔
塔上に青銅の九輪を備えたもので
古代建築の九州最古随一のものだそうです


時代は令和
どんな時の流れを刻んでいくのか。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ