「住む」をデザインしながら思うこと
そこでの生活の中で ホッと居心地が良かったり、ふと何か発見があったり・・そんな時間を過ごしてもらいたくて
頭の中で何回も平面図の上を歩き回っては 仮想生活をしてみます

「お店」をデザインしながら考えること
そこに集うお客さん達にとって どんな時間の過ごし方がいいのか、どんな空間が心地いいのか
そして 何度も足を運んで頂くには・・・そんなことを考えながら プラン中の全席に座って店内を見渡してみます

ご褒美

2011/12/12  11:55 | 投稿者: masa

銀座8丁目
イタリアンレストランをデザイン

店舗設計でよくある“居抜店舗”のリニュアル
すべて解体してスケルトンから始められれば理想ですが
居抜店舗 その素材が良くて
上手に年を重ねていれば 思わぬ仕上がりになる事も・・

古くなった梁・柱 擦り切れた床
黒づみやヒビ くぼみさえも
新しい店の一員になり得る



以前は焼き肉居酒屋だった店を イタリアンに。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

改装面積 204u    2010.04






東京カレンダー 2010.10月号に掲載され
クリックすると元のサイズで表示します

思わぬご褒美を頂いた気分です
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ