2013/11/16

 2013年 兆民忌  土佐レッドアイ

 
 浦戸湾を守る会の事務局長 田中正晴さんから「兆民忌」の行事のご案内です。

 兆民は自由民権運動の理論的指導者として活躍しました。また東洋自由
新聞・自由新聞・東雲新聞・第2次自由新聞・立憲自由新聞・北門新報など
の主筆や社説係を勤めております。彼はジャーナリストでもあったわけです。
一昨年に講演されました佐高信氏は兆民を「常に状況に身を置きその状況
を変えようとした人」と評しました。

 そんな兆民にふさわしいジャーナリストをお迎えいたします。朝日新聞編集
委員で、朝刊三面に連載中の『プロメテウスの罠』を担当しておられます依
光隆明氏です、と言うよりも元高知新聞社会部部長と言った方がわかりやす
いと思います。そして特別ゲストといたしまして、この連載にも登場されていま
す福島県飯館村長泥区長の鴫原良友氏をお迎えいたします。依光氏は「長
泥は放射能でバリケード封鎖された地区です。日本から抹殺されようとしてい
る地区、と言えるかもしれません。そういう人の声を直接高知へ届けたいと
前々から思っております。」と述べられております。

 お二人を招いての今年の兆民忌講演会は、日本の現状を語り未来を
創っていく会に出来たらよいと思っております。

 場所や日時は下記のリンクで見てください。

兆民忌
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ