2009/7/4

豆腐はコレステロール減に  コレステロール 下げる

血中コレステロール値が高い人にとって、大豆および大豆加工品は、コレステロールを減らし、動脈硬化を防ぐ働きがあるうえ、良質のタンパク質も豊富に含むことから理想的な食品です。

なかでも豆腐は、大豆そのものを食べるよりも消化がよく、何よりも手軽に料理に取り入れることができることからおすすめです。

ひと口に豆腐といっても、いろいろな種類があります。

それぞれの特性を知って使い分けることができれば、コレステロールを気にしながらの食事づくりとはいえ、案外、料理が楽しくなるかもしれません。

豆腐は、豆乳に硫酸カルシウムを加えてたんぱく質を凝固させたものです。

木綿豆腐は布を敷いて脱水成形したもので、やや固めです。

一方、絹ごし豆腐は濃度の高い豆乳を凝固させたもので、なめらかな食感ですが崩れやすいのが特徴です(絹を使ってこしたわけではないのです! 絹のようななめらかさ、ということです)。

また、充てん豆腐は、容器に豆乳を充てんさせて加熱凝固させたもので、細菌の繁殖が抑えられることから賞味期限が長いのが特徴です。

そのほか、沖縄豆腐やゆし豆腐といった、沖縄独特の豆腐もあります。

沖縄豆腐は木綿豆腐よりも水分が少ない固い豆腐です。

豆腐チャンプルーで知られるように、炒めもの(チャンプルー)に用いられます。

ゆし豆腐も沖縄独特の豆腐です。

豆乳ににがりを加えたときにできる、ゆらゆらとした柔らかい状態のものをいいます。

また、すき焼きなどに用いられる、焼き豆腐は、固めの豆腐の表面に焼きあとをつけたものです。

崩れにくく、日持ちが良いのが特徴です。



2009/6/28

もやしと大根のナムルのレシピ、韓国の人気の野菜のあえ物  コレステロール 下げる

「ナムル」というのは、韓国の人気の野菜のあえ物です。

血中コレステロール値の高い人は、野菜はコレステロールをあまり含んでおらず、しかもエネルギーが低いことから、おなかいっぱい食べられる、嬉しい食材です。

マヨネーズをかけず、薄味でいただく工夫として、韓国の食の知恵を拝借しましょう。

食事が国際色豊かになり楽しくなりますよ。

もやしと大根のナムル レシピ◆材料(2人分)*もやしのナムル・豆もやし・・・150g・赤唐辛子・・・少々・炒りごま、しょうゆ・・・各小さじ1・ごま油・・・小さじ2・ネギのみじん切り・・・小さじ2◆つくり方1.豆もやしは水少量といっしょに鍋に入れ、2分蒸し煮にし、広げて冷まします。

2.赤唐辛子は糸状に切ります。

3.1に炒りごま、しょうゆ、ごま油、ネギのみじん切りを混ぜて和え、2を混ぜます。

*大根のナムル・大根・・・250g・わけぎ・・・2本・しょうがのみじん切り・・・小さじ1/2・炒りごま・・・大さじ1・赤唐辛子・・・少々・ごま油・・・小さじ1/2・サラダ油・・・大さじ1◆つくり方1.大根は長さ5cmのせん切りにします。

2.わけぎは長さ3cmに切ります。

3.鍋にサラダ油を熱し、ショウガのみじん切りを炒めて香りを出します。

4.3に1の大根を入れて炒めながら、水少量を加えてふたをして蒸し煮にします。

ひと煮立ちしたらすぐに取り出します。

5.4にわけぎ、ごま油を加えて火をとめます。

赤唐辛子を混ぜて出来上がり。

同様に、ゆでたり、蒸し煮にしたりしてホウレン草やナス、ぜんまいなどのナムルをつくってみてください。



2009/6/28

キャベツとキュウリのオレンジ風味漬けレシピ、野菜を積極的に  コレステロール 下げる

血中コレステロール値が高い方にとって、野菜はコレステロールを気にせずに食べられる強い味方です。

満腹感を得るためにも積極的に野菜を食べたいものですが、野菜をたくさん食べようとするあまり、マヨネーズやドレッシング、塩をたくさんかけてしまっては意味がありません。

食品100g中のコレステロールmg(参考:日本食品脂溶性成分表より)●油脂、調味料・マヨネーズ(全卵型)・・・60・マヨネーズ(卵黄型)・・・250この数値から考えてもわかるようにマヨネーズは、コレステロールを多く含みますし、エネルギーも高いのです。

そこでドレッシングや塩、マヨネーズなどを用いなくてもおいしく野菜を食べられる方法を工夫しましょう。

キャベツとキュウリのオレンジ風味漬けレシピ◆材料(2人分)・キャベツ・・・3枚・キュウリ・・・1本・塩・・・小さじ1・オレンジ・・・1/2個(グレープフルーツなどでもおいしいです)・干しぶどう・・・大さじ2・白ワイン・・・大さじ1/2*そのほか、キーウィやリンゴなどを加えてもおいしいです。

・レモン・・・1/2個◆つくり方1.キャベツは芯の固い部分を切り取り、1cm幅程度のざく切りにします。

2.キュウリは輪切りにします。

3.キャベツとキュウリに塩をふり、しんなりさせます。

4.干しぶどうはぬるま湯につけて柔らかくしたあと、水気をふいて白ワインをふります。

5.オレンジは皮をむき、薄皮もむいて食べやすい大きさに切ります。

6.レモンは薄い輪切りにします。

7.3の水気を絞り、干しぶどう、オレンジを加えて軽くまぜ、レモンの輪切りをのせて、上に軽く押しをして4~5時間程度おきます。

*器に盛って、召し上がれ!



2009/6/22

大根とニンジンのピリカラなますレシピ、塩は少なめに  コレステロール 下げる

血中コレステロール値が高い方にとって、コレステロールを気にせずに安心して食べられる、貴重な食品である野菜。

満腹感を得るためにも積極的に野菜を食べたいものですが、野菜をたくさん食べようとするあまり、マヨネーズやドレッシング、塩をたくさんかけてしまっては意味がありません。

酢は、塩分を控えるためにも是非、食事に採り入れましょう。

大根とニンジンのなますは、たっぷり召し上がっていただきたい一品です。

通常、なますをつくるときには、大根を塩もみするので塩分が多くなりがちです。

以下にご紹介するレシピでは、塩もみせずに、唐辛子としょうがの風味を生かして作る韓国風のなますです。

塩が薄い分、大根本来の甘みを楽しめます。

大根とニンジンのピリカラなます◆材料(2人分)・大根・・・200g・ニンジン・・・100g・わけぎ・・・1本・粉唐辛子・・・小さじ1/2?大さじ1(お好みで辛さを加減してください)・塩・・・小さじ1/2・酢・・・大さじ11/2・砂糖・・・大さじ1・しょうが汁・・・少々◆つくり方1.大根とニンジンは細切りに、わけぎはみじん切りにします。

2.ボウルに大根とニンジンを入れ、ざっくりと混ぜたら、粉唐辛子をふりいれて全体を混ぜ合わせます。

3.2にわけぎを入れ、塩、酢、砂糖、しょうが汁を加えて混ぜて器に盛ります。

*干し柿を細切りにして少し混ぜ合わせると甘みが加わり食べやすくなります。

お好みでどうぞ!





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ