2009/7/12

高コレステロール血症の人の食事は食物繊維を充分に  コレステロール 食事

血中コレステロール値が高い人は、次の2点に気をつけて献立を立てる必要があります:1.食品からのコレステロールを1日300ミリグラム以下に抑えます。

鶏卵は、確かにコレステロールが高いですが、全体的に優れた栄養食品であることから1日1個程度は食べるようにします。

2.動物性脂肪を控えて植物油や魚を多めにすること、食物繊維を充分にとることを特に心がけます。

動物性脂肪を抑えるために、油脂の比率は動物性1に対して植物性2の割合にします。

肥満を予防するために、摂取エネルギーは1日1800キロカロリー、たんぱく質は90グラムとします。

コレステロールは300ミリグラム以下とします。

ちなみに1日の摂取エネルギーが1800キロカロリー以下というのは、具体的にどのようなことになるのでしょう?昼食などで食べる定番の外食メニューのカロリーを参考にあげてみます(女史栄養大学出版部「外食ガイドブック」参照)●スパゲティミートソース・・・736キロカロリー●カレーライス・・・616キロカロリー●エビフライ・・・264キロカロリー●カツどん・・・832キロカロリー●ざるそば・・・296キロカロリーこれらの数値をみてもわかるように、外食の、特に一品物と呼ばれるメニューのエネルギーの多さは恐ろしいほどです。

では、どのような献立がいいかというと、動物性脂肪を減らすために、肉類は脂身を除いた赤身部位を使い、網焼き、ゆでる、蒸すなど、調理に際してさらに油を補うことはしないだけでなく肉の中の脂肪をも外に出すような調理法を工夫します。

さらに、コレステロールを低下させる海藻やこんにゃく、大豆製品などを活用しましょう。



2009/7/12

外食はバランスの良い食事を  コレステロール 食事

自宅でいっしょうけんめい手作りの食事をして血中コレステロール値をさげる努力をしていても、好むと好まざるとにかかわらず、少なくとも昼食は外食に頼らざるを得ないという人も多いはずです。

毎日、お弁当を持って・・・というのは確かに理想的です。

しかし現実に無理なこともあります。

なら、発想を転換し、うまく外食できる知恵を身につけましょう。

外食を取り入れながらバランスの良い食事をするポイント1.一品料理ではなく定食にする。

スパゲティやカレーライス、ラーメン、うな重、あるいは天丼や牛丼・・・昼食メニューの定番ですね。

しかしこれらのような「一品料理」は一般的に炭水化物(穀類)中心で、野菜が不足しています。

カロリーや塩分が多いのも気になります。

外食する場合には、定食を注文するようにし、ご飯に味噌汁や野菜など、たとえわずかでもとるようにしましょう。

刺身定食なら大根のつまも、シソの葉さえもすべていただくようにしましょう。

2.一品物のなかでも具の多いものを。

丼物やスパゲティなど、一品料理がお昼に人気なのは手ごろな値段で、しかも早く食べられるからですよね。

では、同じ丼物でも、なるべく具の多いもの・・・たとえば牛丼では牛肉とわずかながらの玉ネギだけですよね、そこを中華丼にしてみましょう。

豚肉、ニンジン、玉ネギ、たけのこ、鶉の卵・・・と結構、具沢山です。

あるいは、スパゲティならミートスパゲティよりもナポリタンといった具合です。

3.サラダや野菜ジュースを加える。

メニュー手ごろなものが無い場合は、サラダを追加したり、食後に野菜ジュースや牛乳を飲むようにしてはどうでしょう。



2009/7/4

豆乳料理レシピにイカとエビの豆乳風味はどうでしょう?  コレステロール 食事

血中コレステロール値が高い人にとって、大豆および大豆加工品は、コレステロールを減らし、動脈硬化を防ぐ働きがあるうえ、良質のタンパク質も豊富に含むことから理想的な食品です。

豆腐や納豆、油揚げなどは比較的よく食卓に登場すると思いますが、豆乳はどうでしょう? 独特の青臭さが苦手という方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、豆乳をそのまま飲むのではなく、おいしく料理に取り入れてみましょう。

血中コレステロールをさげ、善玉コレステロールを増やす作用がある、タウリンを多く含むえびとイカも用いて、理想的な料理です。

イカとエビの豆乳風味◆材料(4人分)・イカ(胴だけ)・・・1ぱい分・小えび(ムキ身)・・・200g・グリーンピース・・・大さじ4*下味用・酒、ショウガ汁・・・適宜・片栗粉・・・適宜・ネギ・・・1/2本分小口切り・刻みショウガ・・・大さじ1*調味料・豆乳・・・カップ1・酒・・・大さじ2・塩、コショウ・・・少々・サラダ油・・・大さじ2・水溶き片栗粉・・・片栗粉小さじ1を水小さじ3で溶く◆つくり方1.イカの胴は縦横に包丁を入れてから、一口大に切ります。

酒と塩少々をふり、しばらくおいたあと、片栗粉をまぶして熱湯を通します。

2.エビは酒とショウガ汁をふり、片栗粉をまぶします。

3.中華なべを熱してサラダ油を入れ、しょうがとネギを炒めて香りを出します。

4.イカ、エビ、グリーンピースを加えて炒め、塩、コショウ、酒を加えて味を調え、豆乳を加えます。

5.煮立ったら、水溶き片栗粉を加えて完成です!



2009/6/22

鶏ささみ肉の昆布巻き、ささ身肉は脂肪が少ない  コレステロール 食事

血中コレステロール値の高い人にとって、海藻は是非、食事に採り入れて食べていただきたい食品です。

海藻は、コレステロールの腸内での再吸収を防ぎ、コレステロール低下に一役買ってくれる力強い味方だからです。

昆布というと、だしに使うほか、あまりレシピを思いつかない方が多いかもしれません。

そこで若い人でもおいしく召し上がっていただけるようお肉に巻いてみてはどうでしょう。

ダイエットの味方、鶏ささみ肉を使えば、理想的なメニューになります。

ささ身肉は、脂肪が少ないことから物足りなさを感じがちですが、昆布のうま味がおいしくしてくれます。

鶏ささみ肉の昆布巻き◆材料(2人分)・鶏ささみ肉・・・4本・昆布巻き用の昆布・・・1m(約5倍に増えます。

戻して50g)・かんぴょう・・・1.5m・昆布の戻し汁・・・適量・砂糖・・・大さじ2・しょうゆ・・大さじ2・酒・・・大さじ1*かんぴょうが無い場合は、つまようじでとめます。

器に盛るときにとります。

◆下ごしらえ1.昆布は水につけて戻し、9等分にします。

2.鶏ささみ肉は幅が広いほうに白く見えている固い部分(筋)があります。

指先で肉を押さえながら、包丁を筋にあて、しごくようにして筋を引き抜きます。

筋を取ったら、1本を縦半分にしてから昆布の幅に切ります。

3.かんぴょうは塩でもんでから水で洗います。

◆つくり方1.昆布は3枚を一組にして、鶏ささみ肉を芯にして巻き、かんぴょうで数箇所結びます。

2.平らな鍋に1を並べ、昆布の戻し汁に水を加えてヒタヒタになるようにして20~30分煮ます。

3.砂糖、しょうゆ、酒を加えてさらに20分煮て煮汁がなくなるまで煮含めます。

4.かんぴょうの結び目の間を切って、器に盛ります。





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ