2009/8/15

住人の声 その1  宿の評判

 エッセンの宿 住人の声 (その1) 

クリックすると元のサイズで表示します

ここでは今までにmixiエッセンの宿 』トピに寄せられたコメントを載せました。

mixiをご利用でオリジナルをご覧になりたい方は → ココ をクリック







私はこちらのコミュニティから見つけたわけではないのですが、すごくよかったので感想を。お部屋は写真で見ていたのですが、実際に入ってみるともっと広く感じます一人で住むのが申し訳ないくらいで、ちょっとお金持ち気分になれます。キッチン用品もそろっているので、自分で何も用意しなくても自炊ができましたし、近くにスーパーやショッピングモールがあるので買い物も全て近所ですんでます。インターネットも使えるので、住んでいて何も不自由がないです。何より日本語が使えるのが安心です。気さくなオーナーさんなので、何でも相談してます。  
(2008 ドイツ・デュッセルドルフ在住 えり粉さん)



ドイツに到着してからすぐ、1週間このホテルを利用しました。ドイツ語が話せない私にとって、何よりもオーナーさんが日本人であることが魅力的でした到着してからは、Essen市内に関すること、例えば電車の乗り方などについてのオリエンテーションがあり、何もわからなかった私にとってすごく役に立つ情報をいっぱい手に入れることができました。ここへ来て、3ヶ月経ちますが、このホテルを利用したおかげでスムーズにドイツで暮らし始めることができたと思っています。今は大学の寮に住んでいますが、また泊まりたいと思うほど、お部屋がきれいで、おしゃれですそして、学生に優しい料金設定もありがたいそして何より、オーナーさんの人柄に私はゾッコンです。(2008 ドイツ・エッセン在住 ナナコさん)



3月から1ヶ月間このアパートを利用しました。
アパートは地下鉄の駅に近く、essen中央駅まで出ればベルギーなどへの長距離バス(eurolines)も発着していて便利です。お部屋はきれいで広いキッチンとバスルームがついていて、とても快適です。自分のパソコンでW-LANを使ってインターネットも出来ました。近くにはショッピングモールがあり、スーパーやドラッグストアなどなんでも揃うので生活には困りませんでした。食材を買ってきて、自分の部屋でお料理を・・・と思っていたのですが、実際はオーナーのshokoさんの部屋に入り浸りで(同じアパートです)ご飯もご馳走になってました。他に宿泊している方も同じようにshokoさんの部屋に来ておしゃべりしてることが多く、夜にパーティーをしたりすることも。オーナーさんがとても魅力的なので、自然にみんな集まってくるのだと思います。何も知らない土地にくると不安も多いのですが、このアパートに住んでるときはそんなことは一切感じず、リラックスしてドイツ旅行を楽しむことが出来ました!またドイツに行ったら利用したいアパートです!
(2008 東京都在住 ammyさん)



約3週間ほどアパートメントを利用させていただきました。
アパートには生活に必要なものは全て完備されておりますし、家のすぐ近くにはショッピングモールやスーパーもありますので生活に不便を感じることは全くないと思います。またエッセン中央駅にも地下鉄ですぐ着きますのでデュッセルドルフやケルンなどの近隣の観光地へ行くのにも大変便利だと思います。私も電車で近場のいろいろなところに観光に行きました。残念ながらオーナー様が日本に帰国されている間でしたので今回お目にかかることはできませんでしたが、わからないことがあった際にはメールにでサポートしていただきましたし、オーナー様のお母様にも大変親切にしていただきましたので生活自体はとても快適でした。またドイツを訪れる際にはぜひ利用させていただきたいと思います。ありがとうございました!
(2008 イギリス在住 マシューさん)



基本は1週間以上からの滞在ということでしたが、特別に2泊といShokoさまのご好意で、ホテルを利用させて頂きました。Shokoさまが日本に帰国されていたため、待ち合わせの教会前には、だんな様がお迎えに来て下さいました。次の日に予定していた観光場所の時間等をネットで調べて下さったり、チケット売り場まで連れて行ってもらい、代わってチケットを購入して下さったりと、とても丁寧に対応をして頂きました。また驚いたのが、パンやハムなどの食料品や、お水のペットボトル(2本も)、そしてなんと赤ワインのミニボトルまで用意してくださっていたこと!本当に感動でした。ありがとうございました。既に泊まられた方々がお部屋について書かれておられますが、ベッドルーム・キッチン・バスルーム共に広く(バスタブも大きい)、机・テレビ・CDラジカセなどもあり、快適に過ごせます。2泊というのは、ある意味、とてももったいなかったという感じです。エッセンを拠点にして、あちこち旅をしていく、というスタイルも良いと思います。
(2008 日本在住 ももさん)



先日10日間ほどお世話になりました。今回、非常に満足行く体験をさせて戴けました。エッセンは観光地のような華やかさはないけれど、ドイツらしい、ゆったりとした雰囲気があります。私はそこがとっても好きです。ドイツ語どころか、英語もダメな私が「生活するように、旅してみたい」という無謀に見た夢を、ここのお宿が叶えてくれました。大家さんのshokoさんは、歳こそ私と同じ位ですが、気質は肝っ玉母さんのような雰囲気があり(笑)とっても親切に世話をして下さり、安心してドイツの暮らしを楽しむ事ができました。いつか、家族や友達を連れて来たい!ドイツを訪れる人皆さんに紹介したいお宿です。
(2008 東京都在住 くみさん夫妻)



素晴らしい宿です。駅もスーパー3件?モールも全て3分徒歩圏内。部屋は10人でも泊まれそうな2人部屋で、思わす一生住んでもいいですかと聞きました。キッチンも綺麗でフロ場も綺麗。毎日、食材を買って料理するのが楽しかったです。これもそれも家主さんショウコさんに吟味した食材や食品ブランドを推薦してもらって、それに手作りスパイスも頂いたお陰です。ロンドンでもパリでもいつも夫婦でキッチン付きの宿で自炊旅行でしたが、こちらの宿ほど「住人の感覚」が楽しめた所はありませんでした。 こちらを拠点に、ベルギーのアントワープにもバス Eurolineで行きました。それもショウコさんお薦めの旅の仕方でしたね。何にもまして、ショウコさんの人に対する優しさ、ヨーロッパ的な人生を謳歌している大きな生き方には、とても感銘をうけました。是非また話したいと思う比類なき人ですねショウコさんは。
(2008 東京都在住 いずみさん夫妻)



一ヶ月お世話になりました。
大学の友達と2人でお部屋をお借りしました。一日あたりの料金もユースホステルに比べて格安ですし、部屋の設備は完璧、広い、清潔ということなし。なにより初めてのドイツで鉄道の乗り方もよくわからなかった自分たちにSyoukoさんが親切にわざわざ地下鉄にまできて 説明してくれたのは本当にありがたかったです。立地もよく、地下鉄から徒歩数分で近くに大型のショッピングモールもあるのでまったく不自由しなかったです。あ、あと無線LANが無料で使えたのは本当にうれしかったです。男2人だったので清潔なタオル供給してくれたのが本当にありがたかったです。笑 自分のお勧めの宿です♪
(2008 神奈川在住 拓斗さん)



私は急なお願いで部屋を頼んだのですが、快く迎えてもらいました^^ 部屋も一人でこの広さ!!って言うくらい大きくて綺麗でとても快適でした。 水浸し事件のときはごめんなさい... でも、そんなことがあってもサバサバしていたショウコさん..素敵です ^^ お母様もとても親切な方で、最初の差し入れとても嬉しかったです^^ 私は一日しかショウコさんとお話しできなかったのですが本当にショウコさんがエッセンにいて良かった!!と思うくらい素敵な人です^^ 評判よりももっともっと良いホテルでした両親が来るときも例の19人が来るときも(笑)こちらにお世話になると思います^^ そのときは宜しくお願いしま〜す!! また遊びに行きます^^
(2008 エッセン在住 りりりさん)



ショウコさん、バーンさん。3週間お世話になりました。元々泊まっていたホテルから移り住む時キャンセルの交渉を手伝ってもらったり、一日早く荷物を置かせてもらったりと、右も左も分からなかった僕を助けて頂きました。本当にありがとうございました。着いてみると、部屋の方はめちゃめちゃ広くてきれいで設備もばっちりです!買い物も近くになんでもあるし快適!部屋も立地も完璧です。
正直高い金払ってホテルに泊まってた自分がアホみたいでした。飲みに連れてってもらったり、StreetFestivalも案内してもらいました!結局ブンデスリーガのチケット購入手続きまで手伝って頂き、ほんとにずうずうしい客ですみませんm(__)m オーナーさんは本当にやさしくて、僕にとってドイツの母ですw おかげさまでとても充実したドイツ生活をおくることができました◯ また、近くに寄るときは遊びにいきますね☆
(2008 神奈川在住 MKNさん)






私自身これをコピーしていて、照れくささと恥ずかしさと感謝の気持ちでいっぱいですが、みなさん本当にたくさんのコメントをお寄せ頂いてありがとうどざいます。これからも頑張りますならね!








0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ