年間1000枚を描け!  絵手紙

絵手紙を習い始めて3月。
なかなかうまく描けない。
どうしたよいか悩んで先生に相談しました。
先生から「たくさん描くしかない」というお話でした。
上手に描こうとするんではなく、目の前のものを素直に描けばいいといことでした。
たくさん描くといっても程度が分からない。

試しに年間1000枚を目標に描いてみることにしました。
365日・・・一日に2〜3枚。
「楽勝!・・」と思いました。

しかし、描き始めて間もなく簡単ではなく、苦渋の始まりとなりました。
毎日の画材、そして言葉。
「絵はできた、なかなか言葉が出てこない」のふかい深い溝に落ちてしまいました。

それからは読んだ本でこれはというフレーズや目についたもの、聞いた言葉を手帳に書き留めるようになりました。
今では手帳やノートが数十冊となりました。

そして、10か月・・・1000枚を描き終えました。
その後またスランプがありましたが、スランプの時は描かないことを学びました。
そんな時は、絵手紙とはあまり関係ないもの、なんでもかまわないから展覧会を見て回りました。

会社勤めのころはなかったことでした。

この年の暮れ、今迄パソコンで作っていた年賀状を絵手紙で描きましたが、
半分は墨で書いたものを印刷し、彩色して出しました。
絵手紙の友もあまりいませんでしたので、100枚程度だったと思います。

大きい絵手紙も描いてみたらとのアドバイスもあり、障子紙に描き始めました。
大きく描くとはがきと違う楽しさを見つけました。

こうして、ますます絵手紙にハマってしまいました。





クリックすると元のサイズで表示します
6
タグ: 絵手紙

筆のてっぺんを持って描く  絵手紙

体験教室で先生から絵手紙の描き方の説明があり、墨滴を小皿に落として水で薄める。
本当は硯で墨をゆっくりと心穏やかにして墨をすることだという。
今日は硯も墨も数がないのと時間的なものもあり、墨滴を使いましたという説明がありました。

筆は「長鋒筆」という穂先の長い筆で、そのてっぺんを持って描くというものでした。
初めて持った「筆」とその持ち方に「とっても」戸惑いましたね。
そして肘を水平になるべくなるようにということでした。

習字の時の筆は先の方だけ柔らかく、後はノリで固められて硬くなっているものしか使かったことがなかったので、筆全体が柔らかで、穂先が長くて、筆のてっぺんを持って描く・・・。
そして肘は水平にして描く・・・。
最初はよく理解できなかった。
もともと習字は苦手だし、真面目に筆で書いたこともなかったからね。

その形で横線と縦線の練習。
筆の穂先は紙に着くかどうか位の高さを持って描きましょう・・ときたもんだ。
そんな状態でしたから、筆も腕もふらふらして、まともな線は描けませんでしたね。

この教室は線の練習には「半紙」は使わず、薄い画仙紙を使ったので、
墨が多いとぼってりと墨がにじんでしました。
その墨の調整もまた一苦労でした。

毎日家で3〜5分は練習しましょうとの先生のお話でした。
初めての経験なので、先生の言うように初めのうちは線引の練習だけを毎日繰り返しました。
だんだん筆の持ち方にも慣れて、少しずつよく線だけはまっすぐに描けるようになりました。
しかし、縦線は難しいですね。
今でも苦労しています。

絵も筆の真面目な使い方も中学以来、40数年ぶりの出来事でした。

線の上達は毎日一生懸命練習して「横線3年、縦線10年、丸は一生」かかるそうです。
私は死んでも終わらない!

クリックすると元のサイズで表示します
1
タグ: 絵手紙

絵手紙との出会い  絵手紙

絵手紙との出会いはほんとの偶然からでした。
2002年の11月のある日。
あるホームセンターのカルチャー教室の前を通りかかったとき、
一枚の手書きの案内が空調の風に乗ってひらひらしていました。

「無料体験・絵手紙」と書いてありました。
まず無料というのが目を引きましたが、絵手紙ってなんじゃい!
会社人間の吾輩には「絵手紙」というものは知らなかった。

定年退職をを1ヶ月後に控え、退職後の趣味は、何かないかなと漠然と考えていましたが、
この体験で「絵手紙」にはまってしまうとは夢にも思わなかったのです。

それが絵手紙との出会い。

何にも分からないままに教室に入り、言われたままの描き方で、「ああああ・・・」と言いながら体験時間が過ぎて行きました。

終わった後、仮りでもよいからと「申込書」を書いて出してくださいとの先生のお話でした。
その時は描いてみようかなどとは思ってもいませんでした。
その後、数日は忘れていましたが、ある日絵手紙の先生から突然電話がありました。
絵手紙の本を贈らせていただきたいということでした。

そして数日後「絵手紙365日」が送られてきました。
そして、電話でぜひ描いて見ないかという先生からのお誘い。
はぁはぁと受け答えしているうちに、だんだん断りずらくなってしまいました。

そして翌年(2003年)の2月から先生の初めての教室の開講とともに入会して描き始めました。
それが絵手紙を描き始めたいきさつでありま〜〜す(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
1
タグ: 絵手紙

ブログ開設  絵手紙

ホームページ「まあちゃんの絵手紙遊友館」と関連して、「絵手紙談話室」を
開設しました。
どんな記事が飛び出すかわかりません。
日常のありふれた退屈な記事も多いかもしれませんねぇ。
0
タグ: 絵手紙




AutoPage最新お知らせ