展覧会のはしご  絵手紙

昨日(1月7日)久しぶり何年かぶりに上京いたしました。
常磐高速バスで出かけたのですが、都内もスムースに走行し予定通り東京駅に着きました。

東京駅から山手線大崎で下車。
大崎ウエストギャラリーで開催されている「2019、書家による新春年賀状展」を鑑賞しました。
いろいろなアイデアに満ちた賀状と本物はいいと感じました。

山手線を神田まで乗り、地下鉄銀座線に乗り換え三越前駅で下車。
「棟方志功の福光時代展」を日本橋三越店新館7階で鑑賞。
身障者手帳を持っている人は無料ということで無料(身障者1級)で鑑賞させていただ来ました。
迫力ある屏風や菩薩像・・・今まで写真や本でしか見られなかったものが実物大で鑑賞できたのはまた違った迫力がありましたね。

今度は銀座線銀座駅で下車。
松屋銀座店で開催されている「画業25周年 芸能生活45年記念 片岡鶴太郎展」を入場料1000円を支払って鑑賞。
ここは無料ではありませんでした😂。
写真撮影もOKということで、コンデジで気に入ったものだけはカメラに収めました。
会場を回っていた方は撮影禁止と思っていたようですが、私がバチバチ撮影していた影響でしょうか、スマホで取り始めた方もおりました。
実物と印刷されたものの色彩が少し違っているように感じました。やっぱり実物を見るというのはいい勉強になりました。
帰りも常磐高速バスで帰りましたが、首都高もスムースに走り快適でしたが、鍛えていなかった足腰はふらふらするほど疲れました・・・・。おわり。



      クリックすると元のサイズで表示します

      クリックすると元のサイズで表示します


にほんブログ村 美術ブログ 絵手紙へ
にほんブログ村
にほんブログ村 イラストブログ 絵手紙へ



http://ping.blogmura.com/xmlrpc/bgxmodl7vjqn
0
タグ: 絵手紙



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ