2012/12/2

回想4  亮一

2000年
晴れて高校1年生となった私。持病の脚の病気もあまり気にならない程度に回復していたのでサッカー部に幼なじみの高橋兄弟(twins)と入部した。ちなみにこの弟の方は後にLAST REJECTION 2代目ベーシストとして加入することになる。その話は後程。関係ないので深くは書かないが、このサッカー部、くせ者を寄せ集めたようなチームでかなり思い出深い。隣の部室に小便撒き散らすわ、喧嘩になった相手チームの選手の背中に助走付きのカンフーキックかますわ(試合中)、 スーパーの中でで惣菜食ったあとに金払うやつとか(笑) そんな環境でサッカーをしながらもよりパンクに傾倒していったのである。この頃の話をするのに欠かせないのはJOHNNY THUNDERSなのである。LAMFは何回聴いた事か。 狂ったように毎日聴いたものである。この頃楽しかったのは高橋兄弟も一緒にパンクどっぷりであったこと!三人でCDや洋服を交換しながら楽しんだのだ。イケてたかイケてなかったかは知らん。10代の純粋さは垢抜けなくとも全て眩しいのである。 そう思いたい。


ライブハウス通いも楽しみにしていたのだが、内容につまらなさを感じる事が多くなり、ほとんど喧嘩をしにいっていたような状況だった(笑)
なんとなく、俺がバンドはやった方がエエの出来るんやないーん、みたいな調子こいた考えがあった。なんも楽器できんくせに(笑)


で、そうそう。私には2つ下の弟がいる。この頃中学2年生。どこでどうなったのか、すでにロンズデールにブリーチジーンズ、ブレイシーズ。もちろん坊主頭。彼が買ってきたSHAM69やCOCKNEY REJECTS、4-SKINSなどにも心踊らされたのである。名前を関野雅満と言います。



ああ、眠たくて文章があっちゃこっちゃ行きよるわ。初めからか(笑)
明日時間があればまた!次回は「ヤンキー化が止まらない!!」の巻!
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ