2016/2/14

旬です。  

2月に入りトマトの味が良くなってきました。

この時期は収量が減る代わりに、1つ1つの実に
たっぷり光合成産物が送られるため、美味しくなります。

地元の居酒屋さんにも卸しているのですが、そこでも
お客さんから評判がいいとお褒めの言葉をいただきました。

素直にうれしいですね。

直売所に出荷した分も売り切れるのが早いです。
長年買ってくれているお客さんは味が良くなる時期を
良く知ってます。

まだまだ未熟ですが少しでもお客さんの期待に応えられる
ように頑張ります。

就農してだいぶ経ち、売り先も増やしていきたいと
思っているので、我が家用の出荷箱を作ろうかなと
思ってます。

うちで生産したトマトだと一目でわかるようなヤツ。
そんなのが出来たら、いいなと。

友達から送ってと頼まれた時なんかも便利ですしね。
1キロ箱と2.5キロ箱を考え中。
0

2015/10/15

青枯れ病との戦い  

ここ数年、圃場で青枯れ病がでて、頭を悩ませています。

根から侵入した青枯れ菌は、軒を蝕み勝手に枯れていきます。
今年は定植時期が高温ではなかったので、
根もさほど傷まず、出ないんじゃないかと
思っていましたが、やっぱり出ましたね…。

昨日・今日で1本ずつ撤去しました。
これで終わりだといいんですが、ちょうど着果負担が
かかり始めて、軒もだいぶくたびれてますので、
もうちょっと出るでしょう。

あとは作業中に病気の軒を出来るだけ触らないように
することと神に出ないことを祈るのみ。

土づくりには気を使っていますし、潅水の時には
必ず微生物資材を流しているので、こんな病気が出るのが
なんか恥ずかしい。

土壌細菌による病害は、土壌中の菌のバランスが崩れて
いるからだと思っていますので、これまで以上に
気を遣わねば…
0

2015/10/9

第一号  

クリックすると元のサイズで表示します

やっと色のついたトマトを発見しました。

今年はとにかく遅くてやきもきしましたが
これで一安心。

ほかのも早く色付くといいな。
0

2015/2/2

2月に入り  

10月から収穫を初めて早くも5カ月目に入りました。

今シーズンは収穫初期のトマトのサイズが非常に大きく
収量は上がっているのですが、フルティカ本来の甘さがイマイチで
市場での価格がかなり安く、結構経営的にはきつめです。

数年に一度はこんなことがあるのですが、やはり価格を市場任せに
している弊害を感じます。個人で全てのトマトを捌くことができれば
それに越したことはないのですが、一年を通して安定した収穫量を
確保することは本当に難しいのでJAの部会を通しての出荷が
メインとなります。

とくに2月から3月は収量が減るのでこの時期の安定出荷は
これからの大きな課題です。

トマトの出荷量は減っていきますが、軒の成長は止まることが
ないので2月も手入れは追いかけまわされると思います。
こっちのハウスの手入れが一段落するとあっちのハウスは
ボサボサの密林状態。でまたここが終わる頃には別のハウスが
ボッサボサ…。エンドレスです。エンドレスラブです。
たまに忙しすぎてこんな風に頭がおかしくなります。

0

2014/9/19

雨が降った  

晴れの予報が続いていると思っていたら
前線やら台風の影響でぐずついた天気が続きそうです。

施設栽培ですが雨の日は病気が心配なのであまり作業が
できません。

パートさんたちもお休みの日が増えそうです。
通年で安定した仕事量を確保できればいいんですが
農閑期や雨の影響で来てもらう日もバラバラ…

ここらへんが今後の営農の課題となりそうです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ