選択する  


 コンピュータゲームの多くは選択肢を選ぶことによって進んでいく。

1主人公が出かけるかを決める。

物語の多くはまず、この目的に向かって動くという動作をするかしないかの選択から始まるのである。

ここで、具体的にパラメータを使うとよくわかるであろう。

主人公をxとする。

でかけるをyとし、でかけないをnとする。

そうすると条件はif文でかける。

if(x == y)
{printf"主人公はでかけた.";}
else
{printf"主人公はでかけなかった";}

コンピュータの言語により書き方は異なるものの選択により、次の結果は異なるのである。

したがって良いゲームや楽しいゲームというのはいかに選択肢が適切なもので、

いかに適切な結果を導き出すかということになるであろう。

これは、未来を考える場合でも、どうすればよりよくなる結果となるかを考える上で

大切にしたい要素である。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ