2015/1/25

高橋よしひろが提言し、実現できた政策(その9)  高橋よしひろが提言し、実現できた政策

高橋よしひろが提言し、実現できた政策(その9)


○大雨ごとに洪水の恐れが発生する、南宇佐大善寺住宅付近の寄藻川護岸の嵩(かさ)上げ工事を早期にやって欲しい。

 
(地元区長と陳情)

 ⇒平成15年に工事着工。



○大善寺橋の立て替えを。

(地元区長と陳情。請願の紹介議員に)

⇒請願の一部採択。平成18年12月から3月まで左岸側取り付け道路改良工事、平成19年8月に右岸側仮設道路工事、9月から3月に橋梁工事。その後完成。


○ボランティアバンクを設置して、潜在的ボランティアの掘り起こしと登録を。また、ボランティアコーディネーターの養成を。

(H12年3月・H13年9月・H16年3月・H16年6月の一般質問で提言)

⇒平成15年11月より、社会福祉協議会でボランティアセンターが設置され、そこに登録されたボランティアは「ボランティア連絡協議会」に加盟。50団体、2204名、個人ボランティア22名が登録。またボランティアコーディネーターも専任常勤1名、臨時2名で対応。


○宇佐神宮を世界遺産にする運動に宇佐市も支援を。

(H9年9月の一般質問)

⇒民間団体の「宇佐神宮・国東半島を世界遺産にする会」を発足。初代会長に工藤弘太郎氏、時枝市長を顧問に、私は副会長に。シンポジュームを開いたり、現在官民一体となって運動を展開中。


○世界遺産にする会の永岡恵一会長と共に広瀬県知事へ協力要請。

(H18年7月5日 県知事へ陳情)

⇒平成18年11月28日、県は「宇佐・国東八幡文化」を文化庁に世界文化遺産候補リスト入りに向けた提案書を提出した。


○「『宇佐神宮・国東半島を世界遺産にする会』の趣旨に賛同し、ともに世界遺産を目指す決議(案)」を宇佐市議会へ提出。

(H15年12月議会に決議案提出)

⇒平成15年12月議会で可決
0
タグ: 市会議員 政策 宇佐



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ