2018/6/29

勅使街道にふさわしい古代の道に  議員日記

平成30年6月29日

https://www.youtube.com/watch?v=xG3nbOeDDk8&t=1179s

大分合同新聞。

宇佐神宮は陳情書で、私は昨年の6月議会の一般質問で異議を唱えた勅使街道のデザインが最初に東大教授が提案したトランプ柄≠ゥら宇佐神宮の伝統にふさわしい「石畳風」で決着したことが、今日の大分合同新聞に掲載されています。

雨降って地固まる。災い転じて福となす…。

後世の人たちが良かったと思ってくれれば、私も嫌われながら異議を唱えた価値があるというものです。


クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 議員 高橋 宇佐



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ