2020/3/23

広域ごみ処理施設、当初予算案を可決  議員日記

令和2年2月27日

本日の大分合同新聞。26日に宇佐・高田・国東広域事務組合議会が宇佐市役所であり、当初予算案など4議案を可決。

ごみ処理施設の建設事業費は、当初より24億円安い、上限約136億7千万円に設定。同年度中に全体設計とプラント製造の入札をする。入札は未定。一者入札の場合は改札せず、正副管理者で協議をして再入札とする。

様々な問題があり18年2月の組合議会が落札業者との契約議案を賛成少数で否決したこともあったが、ようやく建設に向けて一歩前進した。

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ