2010/6/20

日韓がタブーにする半島の歴史  私の読書遍歴

室谷克実著 新潮新書 ¥720

クリックすると元のサイズで表示します


 「歴史は歴史家の数だけある」と言ったのは司馬遼太郎。一国の歴史観さえもいろんな視点があるのだから、違う国同士の歴史観は当然違うものになるだろう。

たとえば隣国同士である日韓両国に横たわる歴史観も大きく食い違うことが多い。そしてこの歴史認識の違いは時に政治問題化し、さまざまな軋轢を生じてきた。

 だからこの領域に関する歴史研究に及び腰であり、発言自体もタブー視されてきたことも事実だ。

 この書は戦後、常識化されてきた日韓両国の歴史をもう一度見直すよすがになる本である。

 宇佐の歴史は半島と関係が深い。原始八幡神は海を渡ってきた渡来系の人たちが奉戴していた神という。だから私は半島の歴史には関心があり、研究もしてきたが、もう一度「三国史記」や「三国遺事」あたりから読んでみようと思っている。

 

1
タグ: 読書 高橋宜宏 文学

2010/6/20

平成22年6月20日  議員日記

午前7時〜午前11時過ぎ

 読書、新聞のスクラップ、新聞の原稿書きetc…。


午前11時30分〜午後4時50分

 本日は日曜日なので文福で仕事。30数人の団体が入っており、幸先いいぞと思いきや普段の日曜日のようには忙しくなかった。梅雨で空模様が悪いということと農繁期ということもあって出足が悪かったのかも。

 ボーっとしているのも時間がもったいないので、文福店頭で、客の呼び込みをしながらツイッターの投稿をやったり、たまった新聞のスクラップをやったりして時間をつぶした。


午後5時過ぎ〜午後6時頃 

 母の見舞いに病院へ。明日手術なので心配ないからと勇気づけておいた。ただ気がかりなのは母が高齢であるということとここ数年で何回も手術を行っていること。少し可哀想でもある。

2
タグ: 議員 高橋 宇佐

2010/6/20

6月19日 のつぶやき  つぶやき

usatsuhiko http://twitter.com/usatsuhiko
6月19日 つぶやきまとめ


09:06
実は、まだ日程は確定していないが、私は今秋、30年以上の歴史を持つ「ムラ起こし運動」の検証と次世代へつなげるためのシンポジュームを企画している。全国のマチづくりリーダーにも、かって大分から発信した「ムラ起こし運動」の空気に触れていただきたいと思っている。
2010/06/19 Sat 09:06 From web

09:03
行政も企業誘致一本やりで、地道な作業としての内発的な地域振興には関心がない。マチづくりリーダーを自任する人たちも補助金獲得のテクニック論に終始する。今こそ30年前に私たちが堅持していたムラ起こしの理念に立ち返る時だろう。
2010/06/19 Sat 09:03 From web

08:59
私たちがムラ起こし運動に狂奔したのは今から30年前になる。ムラ起こし運動の最大理念は内からの地域振興(内発的地域振興)と「自立自助」。行政には頼らない、たからないがモットーだった。が、ムラ起こし運動やマチづくりが一般化し、原点を見失った感がある。
2010/06/19 Sat 08:59 From web

08:53
今日参加するのは宇佐市から私高橋宜宏と溝口栄治氏、豊後高田市から内田哲次氏、安藤剛氏、中津市から木ノ下勝矢氏、杵築市から工藤弘太郎氏、大分市から手島大記氏。みんな往年の〓ムラ起こし戦士〓たちだ。それに今回商議所の指導員をしていた津留新次氏が助っ人で加わってくれる。
2010/06/19 Sat 08:53 From web

08:43
日時は7月10日午前10時30分開場、11時00分開演。場所は宇佐市別府(びゅう)のリバーサイドホテル宇佐。
2010/06/19 Sat 08:43 From web

08:42
今日は一日休み。が、かってムラ起こし運動の〓戦士〓たちが夕方の5時に文福に集合。平松守彦前大分県知事が「中国建国60年で最も影響を与えた10人の外国人」に選ばれ、受賞したが、その祝賀会兼講演会の準備会のため。
2010/06/19 Sat 08:42 From web

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ