2011/9/14

平成23年9月14日  Just a Ronin ! 日記

午前10時00分〜午後0時15分

 司法委員の仕事。


午後0時20分〜午後3時頃

 TSUTAYAでDVDを借りたり、スシローで食事をしたり、ブックオフで105円の本を大量に買ったり…。

クリックすると元のサイズで表示します


 今日は文福も久しぶり臨時休業なのでゆっくり午後の一時を楽しみました。

午後4時頃〜午後6時頃

 部屋の掃除や片づけを行いました。もうくたくたになりました。


午後9時過ぎ〜翌午前1時過ぎ


 疲れたせいか、宇佐2001ロータリークラブの例会は休会にさせていただきました。

 ブログの更新、新聞のスクラップ、DVDで映画鑑賞、就寝前には読書。

 
0

2011/9/14

もしもサンタが☆型だったら!?  高橋宜宏は血液型研究家だった!?

月刊・シティ情報おおいた    創刊第7号(昭和59年12月号)

高橋宜宏の「血液型講座」その7

 血液型推理その6。

もしもサンタが☆型だったら!?

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
1

2011/9/14

官僚の責任  私の読書遍歴

平成23年9月13日読了

「官僚の責任」 古賀茂明著 

PHP INTERFACEの書評より

辞職を迫られた改革派官僚“覚悟の証言”

 「霞が関は人材の墓場」――著者はそう切り捨てる。最高学府の卒業生、志を抱いて入省したはずの優秀な人間たちが集う日本最高の頭脳集団。しかし彼らの行動規範は、「国のため」ではなく「省のため」。利権拡大と身分保障にうつつを抜かし、天下りもサボタージュも恥と思わない……。

 いったいなぜ官僚たちは堕落の道をたどるのか?

 逼迫する日本の財政状況。政策提言能力を失った彼らを放置すると、この国は終わる。政官界から恐れられ、ついに辞職を迫られた経産省の改革派官僚が、閉ざされた伏魔殿の生態を暴く。

※地方議会でも同じですねえ。守旧派がうようよしてますから…。改革派はスピンオフしてしまうのですよね。でも私もまだまだ頑張ります。古賀さんも国政目指して頑張って欲しいと思います。そして、日本を改革してくださいね。

クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 読書 高橋宜宏 文学



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ