2011/10/2


制作 1967年

監督 成瀬巳喜男(監督)/ 山田信夫(脚本)

出演者 加山雄三/ 司葉子/ 草笛光子/ 森光子/ 浜美枝/ 加東大介

東宝株式会社「乱れ雲」DVDの商品解説より

 夫を交通事故で失った美しい未亡人とその事故の加害者である青年が、次第に距離を縮め、やがて許されない純愛に悩み苦しむ。

 脚本は、日活で「銀座の恋の物語」などを手掛けた山田信夫初の東宝作品。

 風光明媚な十和田湖での男女の道行きが、成瀬演出によって叙情性たっぷりに描かれている。本作から2年後に成瀬巳喜男は63歳で逝去。これが遺作となった。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/10/2

平成23年10月1日  Just a Ronin ! 日記

午前10時過ぎ〜午後5時30分頃

 文福で仕事。

 ウォン安や原発事故以来、激減していた韓国人旅行客もだんだん復活の兆しが見られますが、本日文福にも韓国の団体客が30人ほどご来店。

 韓国のお客様には大分名物の「だんご汁」より「うどん」の方が人気が高いので、当店へお越しの韓国のお客様にはご相談の上、「うどん定食」をお出しすることが多い。

 今日もそういう理由でうどん定食をお出しいたしました。

 皆さん、大変喜んでいただきました。




 DVDで成瀬巳喜男監督の遺作「乱れ雲」を鑑賞。

 その後、新聞のスクラップ、読書。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ