2011/10/9


goo映画解説より

 雑誌『新潮』に連載されて好評を博した井伏鱒二の原作を、「季節風の彼方に」の八住利雄が脚色したもので、駅前旅館のあけくれと、番頭稼業を描いた喜劇。「負ケラレマセン勝ツマデハ」の豊田四郎が監督、「家内安全」の安本淳が撮影した。出演は「欲」の森繁久彌・伴淳三郎、「ぶっつけ本番」のフランキー堺・淡路恵子「大番 (完結篇)」の淡島千景、そのほか草笛光子・三井美奈・浪花千栄子など。色彩はイーストマンカラー。

出演: 森繁久弥, 伴淳三郎, フランキー堺
監督: 豊田四郎


クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/10/9


クリックすると元のサイズで表示します


概要

 山本周五郎の小説『赤ひげ診療譚』を原作とする。黒澤明監督は「日本映画の危機が叫ばれているが、それを救うものは映画を創る人々の情熱と誠実以外にはない。私は、この『赤ひげ』という作品の中にスタッフ全員の力をギリギリまで絞り出してもらう。そして映画の可能性をギリギリまで追ってみる。」という熱意で、当時のどの日本映画よりも長い2年の歳月をかけて映画化した。前半はほぼ原作通りに進むが、後半はドストエフスキーの「虐げられた人々」を取り入れて構築されている。完成した作品を観た山本周五郎をして「原作よりいい」と言わしめ、興行も大ヒットを収めたが、黒澤はこの作品の制作費の調達のために抵当に入れていた自宅を売却することになる。

 黒澤ヒューマニズム映画の頂点ともいえる名作とされ、国内のみならず、海外でもヴェネツィア国際映画祭サン・ジョルジュ賞などを受賞した。主演の三船敏郎もヴェネツィア国際映画祭最優秀男優賞を受賞したが、同時にこれが黒澤映画における最後の「白黒映画作品」「三船出演作品」「泥臭いヒューマニズム作品」となった。翌1966年(昭和41年)、黒澤は東宝との専属契約を解除し、海外の製作資本へと目を向けることになる。

  (ウィキペディアより抜粋)

出演: 三船敏郎, 加山雄三, 山崎 努, 二木てるみ
監督: 黒澤明

0

2011/10/9

平成23年10月8日  Just a Ronin ! 日記

午前11時過ぎ〜午後5時過ぎ

 文福で仕事。

 今日は三連休の初日。

 連休の初日は、いつも大したことはないのですが、今日はまずまずの忙しさでした。

 


 新聞のスクラップ、ブログ・facebook等の更新、読書etc。

 昨夜に引き続き、DVDで映画「赤ひげ」鑑賞。

 黒澤明監督の作品はほとんどの作品を何度も観てきましたが、この「赤ひげ」は好きな作品の一つです。

 

 
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ