2015/2/2

高橋よしひろが提言し、実現できた政策(その12)  高橋よしひろが提言し、実現できた政策

高橋よしひろが提言し、実現できた政策(その12)


○老朽化した市営住宅の民間払い下げを。

 (H16年6月議会の一般質問で提言)

⇒平成17年度より一戸建ての市営住宅に限り、希望者に払い下げを実施。


○民事調停の「即決和解制度」は市営住宅の家賃滞納などには特に有効な制度だが、活用する計画は。

(H16年12月議会の一般質問で提言)

⇒平成16年6月に策定した市営住宅家賃滞納整理事務処理要項により、3ヶ月以上の滞納者へ催告書、連帯保証人へは市営住宅家賃滞納通知の発送を行い、納付誓約書の提出を指導している。その際、悪質滞納者に対し、即決和解制度の説明を始めた。今後は納付制約履行状況を見ながら、即決和解の申し立てを行っていく。



○熊本市等で臨時職員の使用をめぐる口利きが問題となっている。臨時・非常勤職員の試験制度を。

(H15年9月議会の一般質問で提言)

⇒臨時職員は以前から試験制度があったが、新たに面接制度も導入。また非常勤職員は試験を行っていなかったが、試験制度を導入した。


○広報うさで職員の人件費の内容を詳しく公表すべき。

(H10年3月議会の一般質問で提言)

⇒広報うさで、年一回10月号で公表することになった。
0
タグ: 市会議員 政策 宇佐

2015/1/31

高橋よしひろが提言し、実現できた政策(その11)  高橋よしひろが提言し、実現できた政策

高橋よしひろが提言し、実現できた政策(その11)


○介護放棄や虐待など高齢者の駆け込み寺的な緊急対応型ショートステイ事業を

 
(H15年9月議会の一般質問で提言)

⇒現在、介護認定を受け、毎月の利用限度額に余裕のある方は、ショートステイを活用して一時避難をしている。認定を受けてない方や限度額に余裕のない方は、施設の協力を得て、一時避難していただき、後で予算措置をしている。


○ブルーツーリズム(漁泊)で、雇用促進と収入アップを。また長洲漁港・魚市場を中心に「宇佐市版フィッシャーマンズワーフ構想」を。

(H14年12月議会など数回の一般質問で提言)

平成17年6月11日に宇佐市豊の海観光協議会を設立し、ブルーツーリズムの推進に乗り出した。協議会では長洲で、昭和20年代ごろまで行われていた潮の干満を利用する伝統漁法「石干見(いしひみ)」の石堤を9月に長洲漁港に復元した。またのちの「浜の市」開催もこの延長線上にあると見ている。


○収納率アップの諸提言(税・使用料の悪質滞納者に強制執行を含む法的手段を)

(H8年6月・H12年6月・H16年12月議会の一般質問で提言)

現在、悪質滞納者は差し押さえを実施。収納率アップに貢献している。


○電磁情報の開示と公開請求が誰でもできるように情報公開条例の改正を

(H12年6月議会の一般質問で提言)

平成16年12月議会で条例の改正案を可決


○透明性・公正性・競争性を高めるため、電子入札制度の導入を。

(H13年9月・H18年6月議会の一般質問で提言)

平成19年度より導入
0
タグ: 市会議員 政策 宇佐

2015/1/27

高橋よしひろが提言し、実現できた政策(その10)  高橋よしひろが提言し、実現できた政策

高橋よしひろが提言し、実現できた政策(その10)


○福岡県のように、一部事務組合の清掃事業組合も情報公開条例を制定すべきだ

 
(H15年3月議会の一般質問で提言)

⇒平成16年度制定に向けて、現在準備中。一部事務組合としては県内初の制度になる予定。


○公文書などは、カタカナ語が多用されて分かりにくい。言い換えや注釈をつけるなど、市民にも分かりやすくすべきだ。

(H9年3月・H15年3月・H15年12月の一般質問で提言)

⇒毎年、職員に対し文書事務の指導研修会を実施する。



○四日市商店街の活性化(中心市街地活性化事業と空き店舗対策を)。

(H9年3月・H10年3月・H11年3月・H12年3月・H13年3月・H16年9月・H17年6月の一般質問で提言)

⇒東西両別院の門前町である四日市商店街は、平成13年度にようやく中心市街地活性化基本計画を策定し、平成14年度以降「四日市・九州御坊門前町づくり」としてコンセンサス形成事業を実施。そして平成16年度には空き店舗施設活用事業に取り組んできた。


○介護予防・健康増進に力を入れ、寝たきり老人を減らす宇佐市版「ヘルシーピープル計画」を。

(H11年9月・H12年9月・H16年3月・H16年6月の一般質問で提言)

⇒総合運動場の武道場で毎月2回、介護予防教室を市内52カ所設置した。

0
タグ: 市会議員 政策 宇佐

2015/1/25

高橋よしひろが提言し、実現できた政策(その9)  高橋よしひろが提言し、実現できた政策

高橋よしひろが提言し、実現できた政策(その9)


○大雨ごとに洪水の恐れが発生する、南宇佐大善寺住宅付近の寄藻川護岸の嵩(かさ)上げ工事を早期にやって欲しい。

 
(地元区長と陳情)

 ⇒平成15年に工事着工。



○大善寺橋の立て替えを。

(地元区長と陳情。請願の紹介議員に)

⇒請願の一部採択。平成18年12月から3月まで左岸側取り付け道路改良工事、平成19年8月に右岸側仮設道路工事、9月から3月に橋梁工事。その後完成。


○ボランティアバンクを設置して、潜在的ボランティアの掘り起こしと登録を。また、ボランティアコーディネーターの養成を。

(H12年3月・H13年9月・H16年3月・H16年6月の一般質問で提言)

⇒平成15年11月より、社会福祉協議会でボランティアセンターが設置され、そこに登録されたボランティアは「ボランティア連絡協議会」に加盟。50団体、2204名、個人ボランティア22名が登録。またボランティアコーディネーターも専任常勤1名、臨時2名で対応。


○宇佐神宮を世界遺産にする運動に宇佐市も支援を。

(H9年9月の一般質問)

⇒民間団体の「宇佐神宮・国東半島を世界遺産にする会」を発足。初代会長に工藤弘太郎氏、時枝市長を顧問に、私は副会長に。シンポジュームを開いたり、現在官民一体となって運動を展開中。


○世界遺産にする会の永岡恵一会長と共に広瀬県知事へ協力要請。

(H18年7月5日 県知事へ陳情)

⇒平成18年11月28日、県は「宇佐・国東八幡文化」を文化庁に世界文化遺産候補リスト入りに向けた提案書を提出した。


○「『宇佐神宮・国東半島を世界遺産にする会』の趣旨に賛同し、ともに世界遺産を目指す決議(案)」を宇佐市議会へ提出。

(H15年12月議会に決議案提出)

⇒平成15年12月議会で可決
0
タグ: 市会議員 政策 宇佐

2010/5/2

高橋よしひろが提言し、実現できた政策(その8)  高橋よしひろが提言し、実現できた政策

高橋よしひろが提言し、実現できた政策(その8)

鳥取県のように、条例の改正案から難解な「改(かい)め文」を追
 放し、従来議員向けに添付していた新旧対照表そのものを議案
 に。また埼玉県春日部市のように、修正、追加部分を太字にし、
 削除した条文は「空白」で表すなどして、一目で変更点が分かるよ
 うにしては


 (H15年3月の一般質問で提言)

 ⇒平成15年6月議会より実施。

日出町は土地開発公社を廃止。別府市は専属職員はわずか1
 名。宇佐市も廃止か大幅縮小の改革を


 (H14年3月の一般質問で提言)

 ⇒平成13年度まで公社職員7名体制だったが、平成14年度に6
  名、平成15年度から局長と係長を市の兼職とし、専属職員を2
  名体制に



企業誘致を促すため、製造業を対象に「企業立地促進奨励金制
 度」を


 (H109月定例会の一般質問で提言)

 ⇒


宇佐市が50%以上出資している「宇佐八幡駐車場」と「さんさん
 館」が毎事業年度、経営状況を説明する書類を宇佐市議会へ報
 告していないのは地方自治法(243条の3)違反。早急に報告を

 
 (H13年9月定例会で議案質疑、H15年6月定例会の一般質問で提
  言)

 ⇒八幡駐車場は平成14年9月議会から、さんさん館は平成15年
  9月議会から経営状況を議会に報告するようになった



婚姻、養子縁組など戸籍偽造事件多発している。届け出に身分
 証提示を


 ⇒平成15年10月1日までに全市町村で義務づけになった


一般質問で「検討します」「調査研究します」と答弁したら、検討及
 び調査研究結果を、質問した議員にその後の結果を通知すべき


 (H15年12月の一般質問で提言)

 ⇒平成15年12月議会で年1回議会へ報告することを決定


非常勤職員の任用規定は原則1年、更新する場合は3年を超え  
 ない範囲となっている。が、宇佐市の任用実態は最長で27年の
 職員もいる。改善を


 (平成15年9月、H17年12月定例会の一般質問で提言)

 ⇒3年以内の雇用を厳格にし、整理を行った。ただし資格に必要
  な職場や特殊な職場では、応募者がいない場合等は翌年度も
  採用する場合がある。



子育て支援センターの設置を

 (H13年6月の一般質問で提言)

 ⇒駅館・長洲・柳ヶ浦に設置


廃校となった麻生小学校を青少年の研修センターとして甦らせな
 いか


 (H13年6月の一般質問で提言)

 ⇒旧麻生小校舎を活用し、主に小中学校の不登校の子どもたち
  を受け入れるフリースクール麻生学園「ラムのすみか」が平成
  18年6月29日開園



放課後児童クラブの開設を

 (関係団体・市へ陳情、議会へ請願)

 ⇒平成18年4月豊川児童クラブ設置
2
タグ: 市会議員 政策 宇佐



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ