2022/3/3

令和4年3月定例会一般質問  高橋宜宏の一般質問集

令和4年3月定例会一般質問 高橋宜宏



一、宇佐八幡駐車場問題について
(1)宇佐神宮呉橋駐車場を宇佐市観光協会が借りて営業していたが、令和3年4月に契約解除。その後宇佐神宮の要望により呉橋駐車場内にあったトイレを取り壊し、閉鎖状態だった。ところが最近、所有者である宇佐神宮がこの駐車場を平日は無料化していると聞く。今後この駐車場の無料化が一般に周知されると有料である宇佐八幡駐車場との整合性の問題が生じる可能性があるし、コロナ渦でただでさえ厳しい仲見世通りの衰退にもなりかねない。市として今後どう対応していくおつもりか。

二、公立学校の教員不足問題について
(1)昨年12月に文部科学省が公表した調査によると、学校の先生(教育職員)でうつ病などの精神疾患で休職した人は、昨年度5,180人で過去最多となった令和元年度の5,478人よりは少し減ったものの、依然として高止まりした状況が続いている。大分県教委並びに宇佐市教委管内での休職者は何人いたのか。過去5年ほど遡って数字を示して欲しい。

(2)全国の公立小中高校などで2021年度、欠員が生じる「教員不足」が2558人に上ったことが1月31日、文科省の初めての実態調査でわかった。1897校で欠員が生じ、一部の小学校では担任を置けず、中高では授業が行えないなどの影響が出ているという。一方、21年度採用の小学校教員試験の倍率は過去最低の2.6倍、中学校は4.4倍となり、なり手不足も深刻な状態となっているという。2021年度始業日の公立学校の教員不足数は大分県は小学校で11名、中学校で21人との発表があったが、宇佐市は問題なかったのか。また大分県の教員採用試験の倍率は小学校で1.6倍、中学校で4倍と全国平均を大きく下回っているが、その対策は(県教委の見解を)。

三、文化財の「登録」制度について
(1)地域の祭りや食文化、初動など、日本の文化を幅広く捉え、保護強化を目指す改正文化財保護法が昨年4月16日に成立した。これらを無形の文化財として「登録」する制度の新設が主な柱だ。宇佐市のホームページに掲載されている「指定等文化財一覧」によると国の登録有形文化財は院内町の石橋他23件が登録されている。せっかく国の登録無形文化財制度が導入されたが宇佐市で申請するような登録無形文化財はないのか。

(2)私は2005年9月定例会の一般質問等で宇佐市の登録文化財制度の導入を提言してきたが、2006年6月定例会で宇佐市文化財保護条例の一部改正を行い従来の指定制度を保管し、保護措置を講じるために市の登録文化財制度が導入された。その後どういった文化財が市の登録文化財となったのか。
0
タグ: 宇佐 市議 高橋

2020/2/28

宇佐市のバリアフリーは万全か!?  高橋宜宏の一般質問集

令和2年2月28日

令和2年3月定例会の私の一般質問。
三項目5点にわたって市政一般にわたって質問いたしました。

質問日は令和2年2月27日でした。
尚、インターネット議会中継(ユーチューブ)でもご覧いただけます。

一、院内町養豚場問題について
(1)平成30年9月定例会の一般質問で、養豚場が汚水の放流許可を取得しないまま用水 路に垂れ流している問題を指摘して以来、当初の施設の排水計画、放流経路、現在の状況について現地確認を行い、しかるべき対応をしてほしい旨を議会の場や県・市・守る会の合同会議でも再々にわたってお願いしてきた。昨年の12月議会の一般質問では「現在、各要望事項とあわせまして方向性を取りまとめておりますので、守る会との協議の場の設定、それから現地確認につきましても、地元の関係者、県の関連機関と日程調整を行っているところであります」との答弁があった。その後どうなったのか。

(2)宇佐市が一部豚舎とブロックの擁壁3基の建築確認申請が提出されておらず、違法性を認識して早一年になろうとしています。昨年9月定例会の一般質問で、報告書の期限についてお尋ねしたところ、建築住宅課長は「工程表が提出され、10月30日までに構造物実 測図作成とあるので、10月末日を報告書の期限と考えている」との答弁だった。しかしながら12月議会の質問にも報告書は提出されていないとの回答だった。その後新たな工程表、報告書は提出されたのか。また提出されていなければ提出できない理由書は提出されたのか。

二、障害者にやさしいまちづくりについて
(1)病院やデパートなど不特定かつ多数の人が利用する建物を対象とする「ハートビル 法」と鉄道やバスなどの公共交通機関を対象とする「交通バリアフリー法」を統合する形で「高齢者、障害者等の円滑化の促進に関する法律(バリアフリー新法)」が施行されたのが2006年12月。同法の主な特徴の一つは、市町村による重点整備地区の設定だ。ところが施行後12年が経ち、さまざまな課題も顕在化してきた。そこで2018年11月、政府はバリアフリー新法の一部を改正した。全国の自治体はバリアフリー基本構想を策定するなどバリアフリー化に対しさまざまな取り組みを行っている。宇佐市のバリアフリー化問題は万全か。

三、修学旅行について
(1)昨年12月定例会の一般質問で、市内中学校(7校)の修学旅行に関し、二年契約で 旅行会社二社と契約し、しかも保護者に知らせず価格の二重基準が存在することを指摘した。学校教育課長は、二社にしている理由として「一社だと不測の事態が生じる恐れがあることと各学校が修学旅行へ行く日にちが違うが重なる日もある。対応していただきやすくするため」との2点を挙げた。また価格の差については、「その後学校でコースも変わってくるし、金額として一概に比べられない」とのその場しのぎの適当な答弁だった。当局は今でもその答弁に誤りがないと思っているのか。

(2)十数年前に是正された小学校の修学旅行の入札制度が、年度により入札を行っていない学校が数社ある実態や中学校の修学旅行では価格の二重基準があり、保護者に知らせていなかった問題をその後市教委で話し合ったのか。話し合ったのならその内容は。


0

2016/1/29

『わたり』問題の説明と謝罪を!  高橋宜宏の一般質問集

うさ議会だより 第44号

平成26年12月定例会 一般質問

「わたり」問題の説明と謝罪を!

インターネット議会中継はこちらから
https://www.youtube.com/watch?v=1LkL7k4GepY

クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/5/19

最後の一般質問  高橋宜宏の一般質問集

平成23年3月8日、私の最後の一般質問

とりあえず写真を掲載します。一般質問の内容は後日アップロードします。 ^v ゜

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 宇佐 市議 高橋

2010/9/21

平成22年9月定例会一般質問  高橋宜宏の一般質問集

宇佐海軍航空隊の遺構 夜間用誘導灯の保存を!

問@七月に宇佐空跡整備検討委を設置した。今後、「平和ミュージアム」建設に向け、今後のスケジュールを。

  検討委において、(国所有の)エンジン調整室・排水場・レンガ建物の購入、この三施設の耐震強度調査や補強工事の実施、戦跡遺跡の案内板の設置、資料収集や平和ミュージアム建設等について検討を進めている。


問A大刀洗平和記念館に展示されているゼロ戦は、もとも名古屋空港に展示されていたが手狭になり、受け入れ先に宇佐を考えていたが、地元に展示施設がないため好機を逃したというのは本当か。

  事実だと認識している。

問Bその意味でも是非「平和ミュージアム」建設を早く進めてもらいたい。ところで閤地区にある火の見櫓は、もともとは宇佐空開隊時に建てられた夜間飛行の誘導灯。終戦直後、消防団が中心になり、西木にあったものを分解し、馬車数台に乗せて運び、高さ約二三bの火の見やぐらにしたという。が、付近の市道拡幅工事が決まったため、地区の方が二年前、この火の見やぐらを戦争遺跡として市教育委員会に保存をするよう陳情した。市教委からは「予算もないし、保管する場所もない」と断られたとのことだが、間違いないか。

  認識していない。

問C(土木課長へ)今回問題になっている道路の拡幅工事の日程と過去、このやぐらのことで教育委員会と話し合いを行ったと聞いているが、その内容は。

 平成二三年から着手予定。昨年十月、誘導灯であることが判明し、文化財係に移転保存か撤去かの検討を依頼。今年六月に「移転保存の必要なし」との回答をもらい地元自治委員に報告した。

問Dこのことは(社会教育課長として)当然知っていなければならないことでは。

社会教育課としては土木課を含めた関係各課と保存を前提にして協議していきたい。また宇佐空跡検討委に利用方法等についても計っていきたい。

問Eこうした戦争遺跡は一旦壊されてしまうと取り返しがつかない。「平和ミュージアム」を建てる構想もあるなら、なおさら一つ一つ大切に保存しなければならないと思う。

クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 宇佐 市議 高橋



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ