2010/8/17 | 投稿者: なおき

ライトショアジギングの帰り道。

風表に出ると海はいい感じに荒れていました。

クリックすると元のサイズで表示します
ドド〜ン!

クリックすると元のサイズで表示します
実はこういう場面を想定していたので磯マル用のロッドも持参していました。

夏はなるべく外洋の磯がいいのですが、荒れているので外洋まで出ることができません。

ですから秋〜冬の磯マルポイントに入りました。

クリックすると元のサイズで表示します
とりあえずベイトが流されているのを目視で確認できましたので、多少の期待は持てます。

クリックすると元のサイズで表示します
磯マルのアタリは小さく 『コッ!』 と、いうのが多いため、気を抜かずに集中します。

クリックすると元のサイズで表示します
磯渡りが可能なところではなるべく沖を目指します。

でも基本的にはウェットスーツじゃなければ本当の外洋向きには行けません。
ウェーダーで渡ったとしても所詮は冬の磯マルポイントです。

クリックすると元のサイズで表示します
冬なら釣れるんだろうけど・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
心が折れるまで諦めません!

クリックすると元のサイズで表示します
延々と磯を歩き・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
安全を確保したうえで出来るだけ沖に面した立ち位置を選びます。

クリックすると元のサイズで表示します
やっぱり釣れないので苦笑い。

そして諦めました。

クリックすると元のサイズで表示します
今回使用したルアーです。

Mariaのフェイクベイツが基本です。


フェイクベイツは基本となるルアーバランスをトータル的に持ち合わせていますので、キャスタビリティーやスイミングアクションに優れています。

釣れていないので釣果的な説得力に欠けますが、荒天には非常に使いやすいルアーだと感じています。
14




AutoPage最新お知らせ