2010/9/23 | 投稿者: なおき

素晴らしい秋晴れの下、ロッドを振るMariaガールです。

先日、初めてスズキをキャッチしてホクホクな彼女。
僕を軽く拉致り、脅しながら釣り場へと向かわされました。

そう、2尾目のドジョウを目指してフィールドへやってきたのです。

クリックすると元のサイズで表示します
目が利く時間帯ではキャストが決まります。

クリックすると元のサイズで表示します
遠くにも飛びます。

クリックすると元のサイズで表示します
それがどんな効果をもたらすのかと言うと、2尾目のドジョウが来ちゃうのです。

クリックすると元のサイズで表示します
どじょうが水面を割ります。

クリックすると元のサイズで表示します
撮影をする側にとっても明るい時間帯ではいい撮影ができます。

クリックすると元のサイズで表示します
引きもアップも自由自在。
クリックすると元のサイズで表示します
ブログを見て頂いている方々に楽しんで頂けたら・・・。と、思います。

クリックすると元のサイズで表示します
ヒットルアーはフェイクベイツF110。

クリックすると元のサイズで表示します
アユカラーです。

クリックすると元のサイズで表示します
どじょうが大人しくなりました。

さて、いよいよランディングです。

Mariaガールがロッドを立て、僕がアシスト。

よっしゃ、ランディング成功!



バキッ!



やった!
2尾目だ!2尾目!

およそ60cmのシーバスです。


あっーーーーー!!!

クリックすると元のサイズで表示します
Mariaガールのブツ持ちです。

シーバスを持つ顔が曇っています。

僕もカメラを持つ手がプルプルと震え、涙目となっています。















クリックすると元のサイズで表示します
・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
そうなんです。
やってしまったのです。

ランディングのとき、ロッドを立てすぎてロッドが破損。

僕が気付いてあげられればよかったのですが、Mariaガールのヒットの嬉しさと撮影に夢中となっていたのとで、ロッドが破損しそうな状況に気が付かなかったのです。

ランディングしたとき、リーダーを伝って折れた部分が落ちてきたときには青ざめました。

そして、ヒュ〜という、凍てついた冷たい風が吹いたのを今でも覚えています。

クリックすると元のサイズで表示します
ヘコむMariaガール。

クリックすると元のサイズで表示します
とりあえずシーバスをリリース。

クリックすると元のサイズで表示します
あぁ〜あ、やっちまったな・・・。

僕もこれまで自分の不注意で何本か折っています。

ルアーをなくしたり、ロッドを折ったりするのも経験です。

残念ですが、経験はいいことばかりではないのです。

でも、いい事も悪い事も次に繋がる経験だと思います。

釣りばかりではなく、いろいろな経験をすることで人間は成長するのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します
ロッドの破損は正直痛いのですが、これで同じミスはなくなることだと思います。

まぁ終わったことだし、元気を出してまた釣りを楽しみましょう。

未来へと続く階段はいま上り始めたばかりです。


追伸
ロッドが折れそうになっているにも係わらず、気が付いてあげられなかった僕は、Mariaガールにたっぷりとお仕置きされました。
13

2010/9/22 | 投稿者: なおき

Mariaガールがシーバスをキャッチして 『ホッ』 と、しています。

彼女にとうとう釣りの芽が生えたらしく、釣りに連れてけと蹴飛ばされています。
結構乱暴なせがまれ方です。

でも意外と快感だったりして…。

いかん、いかん!
またブログの方向が変わってしまう。

クリックすると元のサイズで表示します
朝、釣り場で見かけたカマキリです。

カモフラージュして、僕と同様、獲物を狙っているようです。

クリックすると元のサイズで表示します
まずはNL-1でファーストヒット。

クリックすると元のサイズで表示します
リアフック1本で掛かっています。

クリックすると元のサイズで表示します
僕はデイゲームの写真が大好きで、臨場感溢れる撮影をしたいがためにシーバスが暴れる姿をじっくりと撮影します。

クリックすると元のサイズで表示します
でもあんまり時間をかけ過ぎるとフックアウトしそうな今回のようなフッキングでは、やはりフックアウトしてしまいます。

このシーバスもそうなってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します
NL-1で反応がなくなったのでボトムを狙うことにしました。

と、言うことでいつものタイトスラロームにチェーンジ!

すると、まんまとヒット。

クリックすると元のサイズで表示します
ボトムノックでは、ボトムでヒラを打っている所にシーバスがアタックし、ちゃんとフッキングするせいかあまりバレません。

クリックすると元のサイズで表示します
このシーバスは無事にキャッチできました。

クリックすると元のサイズで表示します
3尾目です。

クリックすると元のサイズで表示します
これもボトムノックできました。

いい咥え方をしています。

クリックすると元のサイズで表示します
どど〜ん。

クリックすると元のサイズで表示します
フロントフックの針穴が広がっていますが、リアフックはガッチリとフッキングしています。

クリックすると元のサイズで表示します
またヒットしてきました。

クリックすると元のサイズで表示します
テイルウォーク。

クリックすると元のサイズで表示します
そして着水。

クリックすると元のサイズで表示します
再び、水中で暴れます。

こんな写真を撮りたいのです。

クリックすると元のサイズで表示します
70cmを少し超えるナイスサイズでした。

クリックすると元のサイズで表示します
なぜか頭にフッキング。

なんで?

クリックすると元のサイズで表示します
この日のヒットルアーです。

潜行レンジは全く異なりますが、カラーは少し似ています。

この日、撮影した枚数はかなりの数になりましたが、いい写真が撮れました。

シーバスの暴れる写真が大好きです。

いつかもっと迫力のある写真が撮影できればいいなと思います。
5

2010/9/21 | 投稿者: なおき

釣りが好きになりつつあるMariaガールです。

幾分か魚をキャッチしていますが、未だスズキと呼べるサイズは釣ったことがありません。

それどころかキャストミスが相次ぎ、ルアーをたくさんロストする始末。

覚悟は出来ていましたが、いざロストが続くと僕のスパルタ攻撃が始まります。
その度にMariaガールは悶え、変な声を発っするのです。

これ以上書いちゃうとブログの方向性が変わってしまうのでやめておきますが、僕はソッチ路線の方が得意です。

クリックすると元のサイズで表示します
今宵、Mariaガールはスズキを狙ってキャストを開始しました。

クリックすると元のサイズで表示します
まだまだ不慣れなキャストですが、それでも最初の頃よりもすごく上達しています。

ロッドを振るときは一応 『ビュッ!』 と、空気を斬る音が聞こえます。

クリックすると元のサイズで表示します
ただ、時折あちゃらの方向にルアーを飛ばしたり、根掛かりをしてしまうので、ハラハラするのは言うまでもありません。

根掛かりしても無理矢理リールを巻くもので、ドラグがジージーと鳴りますから、遠くに離れていても、『やったか・・・。』 と、すぐに分かるのです。

僕はその度にMariaガールのサポートをするため近くに歩み寄ります。

根掛かりは無理矢理巻くモンじゃないよ。ほら、ロッド貸し・・・。

なんか、ロッドおじぎしてね?



お〜い・・・。



そこには無言でリールを巻くMariaガールがいました。



クリックすると元のサイズで表示します
すると水面が炸裂!

デカイ水柱が立ったのです。


シーバスや!しかもデカイんじゃ!?


そこには無言でリールを巻き続けるMariaガールがいました。


シーバスが弱り、岸寄りに近づくとMariaガールはようやくクチを開きました。



『どうやって獲ればいい?』



僕がランディングをアシストし、キャッチ成功。

クリックすると元のサイズで表示します
キャッチしたシーバスは70cmを優に超える立派なスズキサイズでした。

クリックすると元のサイズで表示します
ヒットルアーはフックをワンサイズ大きくしたフェイクベイツF130。

今回もフックアウトはしませんでした。

スイミングアクションはタイトになりますが、フックを大きくして遊びを持たせるとフックアウトし難いのかも・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
ヤッタ、ヤッタ!
遂にやった!

クリックすると元のサイズで表示します
シーバスを持ち上げるMariaガールです。

シーバスが暴れる度にギャーギャーわめいてましたが、慣れてくると↓ご覧の通り。

クリックすると元のサイズで表示します
重い、重いだって。

クリックすると元のサイズで表示します
魚の持ち方は不器用ですが、満面の笑みを浮かべています。

僕の ドS 厳しいコーチングにも耐え、ようやく手にした嬉しい1尾。

この1尾と出会うために今まで釣れない ドM 練習を繰り返してきました。

だからきっと彼女の中でも ドM 快感だったに違いありません。


釣れてよかった!
本当によかった!

心をこめた祝福の言葉です。


おめでとう!
23

2010/9/18 | 投稿者: なおき

水深のある河川内です。

フェイクベイツNL-1ではシーバスの潜むレンジに届かないだろうと思って、潜行レンジが深めのフェイクベイツF130をセレクトしました。

クリックすると元のサイズで表示します
すると、まさかのマグレで予想が的中。

60cm後半のシーバスが出てくれました。

このシーバスは、とってもナイスな魚体をしております。

クリックすると元のサイズで表示します
フックはスタンダードよりもワンサイズ大きくしてあります。

理由は・・・。

何となく。
ただテキトーに。

なんて訳なく、暴れたときにフックの遊びが大きいとバレ難いのかな・・・と、いうことを試してみたかったのです。

でも太軸なので貫通力に欠けるかもしれません。
一応しばらく実験してみるつもりです。

クリックすると元のサイズで表示します
シーバスはこの目でベイトを追っています。
もちろん夜間にもです。
個人的には、どんな風に見えているのか知りたいです。

クリックすると元のサイズで表示します
西洋の騎士を思わせるかのような銀ピカボディー。

クリックすると元のサイズで表示します
優しくリリースすると悠々と消えていきました。

フェイクベイツシリーズに限らず、ルアーはフィールドの状況に応じて使い分けるのが適切です。
僕はルアーを使い分ける時に自分なりの理由を持つことにしています。

それで釣れても釣れなくてもいいのです。


それが結果なのですから。

その結果が積み重なり、経験となって後々活かされてくると思ってます。
13

2010/9/17 | 投稿者: なおき

最近、河川でのシーバスゲームにどっぷりと浸かっております。

クリックすると元のサイズで表示します
いつもの通り、フェイクベイツNL-1をセット。

クリックすると元のサイズで表示します
すると運よくヒットしました。

クリックすると元のサイズで表示します
これはベストショット!

エラ洗いの瞬間を捉えました。

構図もバッチリです。

クリックすると元のサイズで表示します
シーバスの激しい抵抗にほくそ笑む僕。

最高に楽しいです。

クリックすると元のサイズで表示します
NL-1をバックリと咥えています。

クリックすると元のサイズで表示します
クチ掴みは無理なので尾びれ掴みでランディング。

クリックすると元のサイズで表示します
70cmはあるだろうと思っていましたが、優に超えていました。

クリックすると元のサイズで表示します
数年ぶりのサイズです。
小物釣り師の僕には似合いません。

クリックすると元のサイズで表示します
とっても、とーっても嬉しい!

大きいシーバスをたくさん釣る方には、こんなサイズで嬉しいのか?だと、思いますが、僕はめちゃくちゃ嬉しいです。

釣りは楽しい、魚が釣れればもっと楽しい、更に大きい魚だともっともっと楽しい!

僕は釣りと出会え、僕にとっての大型サイズを手にすることができ、本当に幸せを感じました。


帰ってからのテンションの高いこと・・・。

興奮して、なかなか寝付けませんでした。
24




AutoPage最新お知らせ