2010/9/2 | 投稿者: なおき

久しぶりにシーバスを狙いに行きました。

最近ハマっているのが、Mariaのタイトスラロームを使ったボトムノックのメソッドです。

タイトスラロームはブリブリ系のアクションでリップが強くボトムノックに最適なルアーです。

僕はブリブリ系アクションのルアーが好きなのでMariaならフェイクベイツかタイトスラロームを多用します。
フェイクベイツは潜行深度がそれほどではないためにタイトスラロームを使っている訳なのです。

クリックすると元のサイズで表示します
そんなこんなで雨不足でぬるま湯となっている減水した河川に行きました。

河川では流れのある瀬がよさげです。

これは70cmオーバーがヒットしたときの水柱です。

でもいつもの通りフックアウトしました。

めっちゃ悔しい!

クリックすると元のサイズで表示します
水面を滑走する変な魚がいたのですが、ルアーをキャストし着水した瞬間にひかかってきたのがこのサヨリです。

渇水で川の塩分濃度が上昇している証拠ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
続けてシーバスがヒットしました。

クリックすると元のサイズで表示します
浅瀬で逃げ惑います。

クリックすると元のサイズで表示します
バラしてたまるかと奮闘する僕。

クリックすると元のサイズで表示します
獲られてたまるか!と、抵抗を続けるシーバス。

クリックすると元のサイズで表示します
この人は諦めずに最後まで抵抗を続けてくれたので、やりとりが大変楽しめました。

クリックすると元のサイズで表示します
さて、ランディングです。

クリックすると元のサイズで表示します
タイトスラロームをバックリと咥えています。

クリックすると元のサイズで表示します
1尾目よりも小さいですが、ナイスサイズです。

クリックすると元のサイズで表示します
くどいようですが、タイトスラロームのボトムノックで釣れました。

クリックすると元のサイズで表示します
割と早めのスピードでゴリゴリと巻いてくるとオートマティックにヒラをうって強くアピールします。

クリックすると元のサイズで表示します
根掛かりしそうな感触が伝わったときにはリーリングを止めて下さい。

そして瀬の流れにルアーをうたせてみて下さい。

リップが石に噛んでいるだけだとルアーが外れますから。

クリックすると元のサイズで表示します
タイトスラロームのボトムノックは今のところ有効なメソッドだと思っています。

さすがに根掛かりの多いエリアでは怖くて使えませんが・・・。

デイゲームでは、しばらくこのメソッドに頼るつもりです。
16




AutoPage最新お知らせ