2010/9/23 | 投稿者: なおき

素晴らしい秋晴れの下、ロッドを振るMariaガールです。

先日、初めてスズキをキャッチしてホクホクな彼女。
僕を軽く拉致り、脅しながら釣り場へと向かわされました。

そう、2尾目のドジョウを目指してフィールドへやってきたのです。

クリックすると元のサイズで表示します
目が利く時間帯ではキャストが決まります。

クリックすると元のサイズで表示します
遠くにも飛びます。

クリックすると元のサイズで表示します
それがどんな効果をもたらすのかと言うと、2尾目のドジョウが来ちゃうのです。

クリックすると元のサイズで表示します
どじょうが水面を割ります。

クリックすると元のサイズで表示します
撮影をする側にとっても明るい時間帯ではいい撮影ができます。

クリックすると元のサイズで表示します
引きもアップも自由自在。
クリックすると元のサイズで表示します
ブログを見て頂いている方々に楽しんで頂けたら・・・。と、思います。

クリックすると元のサイズで表示します
ヒットルアーはフェイクベイツF110。

クリックすると元のサイズで表示します
アユカラーです。

クリックすると元のサイズで表示します
どじょうが大人しくなりました。

さて、いよいよランディングです。

Mariaガールがロッドを立て、僕がアシスト。

よっしゃ、ランディング成功!



バキッ!



やった!
2尾目だ!2尾目!

およそ60cmのシーバスです。


あっーーーーー!!!

クリックすると元のサイズで表示します
Mariaガールのブツ持ちです。

シーバスを持つ顔が曇っています。

僕もカメラを持つ手がプルプルと震え、涙目となっています。















クリックすると元のサイズで表示します
・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
そうなんです。
やってしまったのです。

ランディングのとき、ロッドを立てすぎてロッドが破損。

僕が気付いてあげられればよかったのですが、Mariaガールのヒットの嬉しさと撮影に夢中となっていたのとで、ロッドが破損しそうな状況に気が付かなかったのです。

ランディングしたとき、リーダーを伝って折れた部分が落ちてきたときには青ざめました。

そして、ヒュ〜という、凍てついた冷たい風が吹いたのを今でも覚えています。

クリックすると元のサイズで表示します
ヘコむMariaガール。

クリックすると元のサイズで表示します
とりあえずシーバスをリリース。

クリックすると元のサイズで表示します
あぁ〜あ、やっちまったな・・・。

僕もこれまで自分の不注意で何本か折っています。

ルアーをなくしたり、ロッドを折ったりするのも経験です。

残念ですが、経験はいいことばかりではないのです。

でも、いい事も悪い事も次に繋がる経験だと思います。

釣りばかりではなく、いろいろな経験をすることで人間は成長するのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します
ロッドの破損は正直痛いのですが、これで同じミスはなくなることだと思います。

まぁ終わったことだし、元気を出してまた釣りを楽しみましょう。

未来へと続く階段はいま上り始めたばかりです。


追伸
ロッドが折れそうになっているにも係わらず、気が付いてあげられなかった僕は、Mariaガールにたっぷりとお仕置きされました。
13




AutoPage最新お知らせ