2010/11/5 | 投稿者: なおき

毎日が富山通いで釣りに行けない日々が続いています。

いい加減、ストレスが溜まってきました。
でもお仕事は大切なので、体を休めるために釣りを控えています。

日曜日はとりあえず休みにしてもらえるようなので、どれだけ天気が悪くても絶対に釣りへ行こうと思っています。

海が荒れれば磯へ、海が静かならサーフか河川に行くつもりです。

そこで使うルアーを紹介しようと思います。

僕にとって釣果を得るために絶対欠かせないルアー達です。

クリックすると元のサイズで表示します
まずは定番のフェイクベイツF130。

これはスタンダードタイプですのでパイロットルアーとして使います。

飛距離を稼ぐことが出来るミノーですから重宝しています。

クリックすると元のサイズで表示します
次にエンゼルキッス140九州リミテッドです。

タングステンウェイトの搭載、フックの変更と、従来のエンゼルキッスが進化したタイプです。

今の時期からは、どこの釣り場でもこのサイズが標準となるでしょう。

17cmミノーでも全然大きくはありませんからね。

クリックすると元のサイズで表示します
そしてフェイクベイツNL-1。
シャローエリアはこのルアーで決まり。
磯や河川、遠浅のサーフなど、ほとんどのエリアで使えます。

リップがないので、磯でありがちなリップの破損が気になりません。

3連装フックはバラしの軽減に繋がりますので、これまた嬉しい仕様です。

クリックすると元のサイズで表示します
最後はブルース・コードC115です。

ぶっ飛び性能と潮乗り性能、イナズマフォールをフルに活用し、遠くのポイントをダイレクトに狙い撃ち、流れに乗せながらナチュラルにシーバスを誘います。
これはブルース・コードならではの芸当です。

クリックすると元のサイズで表示します
日曜日は、これらのルアーを使って釣りを楽しもうと考えています。

願わくば、磯での釣りが最適な海況であって欲しい。そんな風に思います。

とにかく早く釣りに行きたいです!
14




AutoPage最新お知らせ