2011/5/30 | 投稿者: なおき

台風2号が通過しました。
5月に台風なんて異例です。

北陸も雨風がひどかったですね。

クリックすると元のサイズで表示します
梯川は増水して茶色くなっています。
普段、釣りをしている足場は水没していました。

クリックすると元のサイズで表示します
手取川も同様に増水して濁りが入っています。

両河川とも、夏場なら爆釣間違いなしですね。

しかし、風で人が歩けなかったり、飛ばされる映像を見たのは初めてでした。
自然の猛威は驚異です。
3

2011/5/29 | 投稿者: なおき

今朝、ずぶ濡れになりながら青物を狙ってきました。

最初はメタルフリッカーをシャクっていたのですが、反応がなかったので、ローデッドで水面をスプラッシュしてみました。
これで1度だけ地味にバイト。

再びメタルフリッカーに戻しましたが、なーんにもアタらなかったので、せめてシーバスでも…。
と思ってNL-1をセットしました。


その数投目。


表層を泳いでいたNL-1に水しぶきを上げてアタックしてきた魚が現れました。

鈍い衝撃と共にロッドが絞り込まれます。
粘った末のようやくのヒットです。

僕の周りには餌師の方が4名いまして、みなさんこちらに注目し、『あんちゃん、ヒラマサや。』と、言ってきました。


その通り、NL-1にアタックしてきたのはヒラマサです。
僕とヒラマサは1本のロッド、PE1.5号のライン、そしてNL-1で繋がっているのです。


足元から数メートルにわたり、沈み根が広がっていて、モタモタしているとラインブレイクは免れません。

沖からヒラマサを寄せてランディングもいよいよというとき、『そっち行っちゃダメー!』と、いう方向にヒラマサが最後のダッシュをみせました。


その瞬間、プッ…。


餌師の方々からは『あー!』と、いう声があがります。
でも僕がいち番『あぁ‥。』です。


帰路につき、車を運転しながらラインをPE3.0号に巻き変えることを決心しました。
同時にNL-1はシーバスはもちろん、大型青物にも効果的なんだと改めて知ることができました。

キャッチできなかったものの、久々に感じたヒラマサの引きは痛快でした。

でも、めっちゃ悔しいぃぃぃ!!!

ブログを見て下さっている方々にヒラマサを披露したかったです。

クリックすると元のサイズで表示します
6

2011/5/27 | 投稿者: なおき

ジギングをしていて、反応があるのにジグを食わない青物ほど悔しいものはありません。

そんなときのお供がコレ。

クリックすると元のサイズで表示します
胴突き仕掛けのサビキにちょっとした改良を加えてあります。

サビキ+エビングのいいとこ取りをしたものです。

『これはどーだー!』と、書いてあるものは確かに参りました。
確実に使えそうです。

明日にでも早速使ってみたいのですが残念ながらお仕事が待っています。
日曜日はショアジグの予定ですから、まだしばらく出番はありません。

このリグの効果はまた日を改めてご紹介します。
6

2011/5/25 | 投稿者: なおき

僕が契約させて頂いているMaria では、社内の新しい試みとして企画・開発スタッフブログが始動しました。

日々のメーカー業務はもちろん、釣果情報やイベント情報、ニューアイテム情報などが盛り込まれる予定です。

ソルト界のアイドル、児島玲子さんも登場するかもしれません。

Maria 製品をご愛用下さっている方々には新商品の開発状況も知ることが出来ると思いますので意外と!?
楽しめるものと思います。

ご興味のある方は是非ご覧下さい。
よろしくお願い致します。


『Maria 企画・開発スタッフBLOG』
http://mariafishing.blog.fc2.com/
4

2011/5/22 | 投稿者: なおき

1日しかない貴重な休日。
仕事の疲れが残っていて、しかも天候不良の予報。

そんな中、S系の僕は体にムチ打って釣りに出掛けました。

自宅のある小松市は天候を維持していましたが、現地では滝のような雨と強風が吹き荒れていました。

本命ポイントは完全にNG。
仕方なく風裏へと回りました。

クリックすると元のサイズで表示します
林道を走り海を目指します。

クリックすると元のサイズで表示します
風裏は予想通り静かでした。

どしゃ降りでしたが、タックルを準備して磯歩き開始。
島に渡ります。

最初はメタルフリッカーをキャストしていましたが無反応。
次にローデッド140mmのシンキングで水面を叩き、アピールさせます。

5投くらいしたときです。
後ろから青物が追尾してきました。
しかしアタックはせず。

それが2投続きました。

それならばと、サイズを小さくしてブルチョップで誘います。
でもやはり追尾のみです。

その内、反応がなくなったので、フェイクベイツF130をセット。
2投目でようやくヒットしました。

いつものようにゴリゴリ巻いてきて、磯に抜き上げたとき、残念ながらポロリ。
青物の場合、ミノーでポロリは結構珍しいことです。
活性がそれほど高くはなく、ショートバイト気味だったのでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します
結局ヒットはこの1尾のみでした。

雨に打たれながら我慢して釣りをしたのに割りの合わない結果となった日曜日です。

ポロリしたフクラギ…。
せっかくヒットしたのにホント、もったいなー!
9




AutoPage最新お知らせ