2011/5/8 | 投稿者: なおき

今日はジギングに来ています。

早朝はどしゃ降りの雨に打たれ、晴れてきたと思えば強風が吹き付け…。
はぁ〜、何て運が悪いのでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します
それでもメタルフリッカーとエビングでポツポツと釣れています。

クリックすると元のサイズで表示します
今はこんな感じの釣果です。


この風ではさすがに釣りは無理ですので、一旦港に戻って待機しています。

風がおさまれば再度アタックしてみます。
風よ、静まれ!
15

2011/5/5 | 投稿者: なおき

先輩のえ〜じさんが教える鯵の捌き方です。

クリックすると元のサイズで表示します
最初に3枚おろしとし、首根っこの部分の皮を指で少し剥きます。

クリックすると元のサイズで表示します
そして、包丁の背で身を皮から剥がすようにスライドさせていきます。
ここで注意してほしいのは、絶対に包丁の刃を使わないことです。

クリックすると元のサイズで表示します
包丁で身を剥がした後は、裏返しにして皮を剥がした身の部分をキッチンペーパーで押さえながら手で皮を『ビヤッ!』と、剥がします。

クリックすると元のサイズで表示します
そうすると尾びれのつけ根まできれいに皮が剥けます。
硬いゼイゴも気にすることはありません。

クリックすると元のサイズで表示します
こんなにきれいな刺身用のサクが出来上がります。

僕は今まで包丁を引いて皮を剥がしていましたが、こんなにきれいなサクにはなりませんでした。

まさかこんな簡単に処理が出来るとは…。
目からウロコです。

クリックすると元のサイズで表示します
アジングでお刺身サイズが釣れたときは是非お試し下さい。

きれいに皮が剥けますので快感ですよ。
18

2011/5/4 | 投稿者: なおき

僕のゴールデンウィークは5月3日で終わりでした。

ゴールデンウィーク初日はいいスタートを切ることが出来ましたが、爆釣に期待していた2日のジギングではボウズを体験し、かなり萎えてしまいました。

ゴールデンウィークの予定では2日で釣りは終わりだったのですが、最終日の3日は時間の空いた夕方前に釣りに行きました。

そのため、釣りが可能な時間は日没前の30分のみ。
この僅かな時間に勝負を挑みます。

勝敗を賭けたルアーはメタルフリッカーの80gです。


果たして僕の連休最終日は、運良く有終の美を飾ることが出来ました。

クリックすると元のサイズで表示します
かなり痩せてますが釣れた喜びは隠せません。
大満足です!

クリックすると元のサイズで表示します
せっかくランディングしたフクラギを磯からポロリと落として落胆もしましたが、その後もキャッチ出来ました。

クリックすると元のサイズで表示します
30分とかなりタイトな時間の釣りでしたが、何とか3尾釣れました。

無理やり釣りに来て良かったです。
自分でもバカげた行動だと思いますが、釣りに来たからこそ出会えた魚だと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
磯あがりすると、磯師の方に声をかけられたので釣果を訪ねてみると、35〜50cmのクロダイを何と11枚もキャッチしていました。

ありがたいことに食べ頃サイズのクロダイをお裾分け頂きました。
凄く、凄く嬉しかったです。
磯師のお二人様、感謝しています。
ありがとうございました!


フクラギの調子が上向いているところで残念なことに仕事が始まってしまいましたが、連休最終日に魚の顔を見てゴールデンウィークを締めくくることになりました。

5月2日のジギングでは青ざめましたが、その分を最終日に取り戻したと発想を転換すれば慰めになります。

終わりよければ全て良し。
今年はそんなゴールデンウィークなのでした。

ゴールデンウィークが残っているアングラーの皆様。
良いゴールデンウィークとなることを願っています。
18

2011/5/3 | 投稿者: なおき

昨日はジギングでフクラギ&ガンドを狙ってきました。
僕にとっては久しぶりのジギングです。

フクラギ牧場で日頃の釣れないストレスを思いきり発散させるつもりで意気揚々と出港しました。

が…。
朝イチから昼過ぎまでは、魚を探して右往左往する始末。
時間とガソリンと体力とを無駄に使ってしまいました。

このままでは終われません。

諦めの悪さをフルに駆使して魚を追い求めたのです。

クリックすると元のサイズで表示します
夕方のラストチャンス。
移動距離にして400km。

やっとやっと群れを見付けました。
しかもかなり巨大です。

今まで溜まったウップンと本日のストレスとを大放出する最初で最後の絶好のチャンス!
と、テンションがあがりました。


でも、上がりまくったテンションと期待を見事に裏切る、低活性でメタルジグを追わないフクラギの群れだったのです。


最後はムーチョ・ルチアの35gを投入しましたが、ホント、何をやっても全く反応してくれませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します
そんな中でこの方だけは、釣り上げたフクラギをせっせ、せっせと処理していました。

クリックすると元のサイズで表示します
この方は、ドM のグランツさんです。
グランツさんは、ジグに反応がないと判断したやいなや、和製ルアーで名高いアイテムを投入し、すぐさまヒットパターンを見つけ出しました。

その間、僅か1投。

僕は諦めずに食わないメタルジグをシャクり続けていましたが、グランツさんは横で食ったバレたを繰り返しています。

日没は刻々と迫り、僕の焦りは積もる一方です。

見かねたグランツさんがポツリひとこと。

『もう1個ありますよ。』

僕はすかさずバイトしました。

クリックすると元のサイズで表示します
結果、僕はフックアウトとショートバイトのみに終わりましたが、グランツさんはこの通りです。

今回のジギングは最後に諦めの悪さが項をそうしましたが、最終的にはジグでの食わせに拘った意地と根性がボウズに繋がったように思います。

グランツさんからは状況を読み、すぐさま適材を投入する判断の早さとフレキシブルさを学び、そして何より、魚のいる適所を事前に把握しておくという基本の大切さをたっぷりと思い知らされました。


ジギングだから爆釣!
なんて、なめてかかったことに反省です。
15

2011/5/1 | 投稿者: なおき

先輩のえ〜じさんが市場で仕入れた魚です。

定置網情報は陸っぱりからの釣りにおいて、とても参考となる情報のひとつとなり、オフショアでの釣りでは、そのまんま釣果に結び付くことが多いものとなっております。

ですから、え〜じさんからの市場情報は僕にとって非常にありがたい情報なのです。

クリックすると元のサイズで表示します
これは新堀から出る漁船の水揚げの一部です。
伊切沖や塩浜沖の定置網には、35〜40cmのセイゴがたくさん入っているとのこと。

つまり伊切や浜佐美のサーフでも釣れる可能性が高いことが考えられます。

クリックすると元のサイズで表示します
これは美川沖の定置網に入った尺オーバーの鯵です。

クリックすると元のサイズで表示します
お腹の中から必ずコウナゴが出てきます。

コウナゴの回遊状況や鯵の回遊状況次第では陸っぱりからも尺オーバーの鯵が釣れる可能性があります。

コウナゴは砂地に生息する魚ですから、釣り場はサーフを選び、遠投性を重視して小型のメタルジグを使いつつ、朝夕のマヅメや夜間が狙いときとなるでしょう。


ご参考までに。
18




AutoPage最新お知らせ