2011/5/16 | 投稿者: なおき

日曜日の早朝。

お子さんのレクレーションが控えているグランツさんを拉致してショアジグに行ってきました。

グランツはレクレーションの役員をしているということでAM 8:00までに帰宅しなければならないとのことです。

最初に誘った時は渋っていたのですが、言葉責めをすると徐々に気持ちよくなってきたのか、同行してもらえることになりました。
筋金入りの“ドM”です。

釣り場は土曜日の強風の余波が残っていてうねりがありました。
うねりがあるということは必然的にサラシが発生するということです。

僕の中ではサラシ=磯マルの形式が成り立っているのでメタルフリッカーをキャストする前にフェイクベイツF130をキャストすることにしました。

このサラシなら出る!と、読んだからです。

実釣時間が短いのでササッとチェックし、本命の青物を狙わなくてはなりません。


さて、チェック、チェック。

第1ラウンド開始です。

クリックすると元のサイズで表示します
三擦り半すると出ちゃいました。

それもかなり…。

体高があったので、水面を割ったときに一瞬ヒラスズキかと思いました。
ほんとゴツイです。

クリックすると元のサイズで表示します
ロッドがSJ 96MHだったので、でかい引き波に揉まれても余裕で耐えられました。

このあと周囲をパパッとチェックしてショアジグに向かいました。

読みが当たり、速打ちマックで磯マルが出てくれて本命狙いに多少の時間を費やすことができます。

磯に着くシーバスはだいぶ回復しつつあるようです。

イワシが来たら爆るでしょうね。
今後に期待しましょう。
18




AutoPage最新お知らせ